2019年8月16日 更新

オフサイドルールを徹底解析!これだけ見れば理解できる【サッカールール】

サッカーにはオフサイドと言われるルールがあります。簡単に言うと相手のゴール前でボールが来るのを待ち伏せすることができないようにしたルールですが、このルールがサッカーの中で難しいものと考えられていますので、このオフサイドを考えていきます。

4,926 view お気に入り 0

オフサイドとは?

世界一わかりやすいオフサイドの説明動画 #jリーグ #wc2018 #ACL2017 #daihyo #オフサイド

サッカーとは、それほど多くのルールがあるスポーツではありません。基本的なルールとしては、多くの人が知っているように、手を使ってはいけないということになります。

そして、1番わかりにくいルールとはオフサイドとなります。

オフサイドルールの意味とは、簡単に言うとゴール前での待ち伏せを禁止するものです。一人だけ、相手ゴールの前にポジションをとって残っていれば、簡単に点を取れる可能性が広がってきますが、それでは面白味がないので、オフサイドというルールでそれを禁止しています。

オフサイドのルール意味とは?

今さら聞けない!サッカーのルール【オフサイド編】

オフサイドルールとはなぜあるのか、どういった意味合いがあるのか紐解きます。オフサイドルールとは、待ち伏せができないようになっているのです。

サッカー素人の人たちが遊んでいるのを見るとゴールを取りたい人や、走るのが苦手な人がゴール前でゴールキーパーと同じ位置でボールを待っていることがありますが、それを禁止させるためにあるルールがオフサイドというもので、ファールとなってしまい、相手のフリーキックになってしまいます。

待ち伏せができない

Instagram (11757)

サッカーでは相手ゴール前で一人が待っていれば、その選手にボールを蹴ってゴールを狙えそうですが、それができないのがオフサイドというルールとなります。

オフサイドルールの意味とは、ゴールキーパーを除いた最後尾のディフェンスの選手よりも相手のゴール寄りでポジションをとってボールを受けてはいけないというルールになってきます。

ゴールキーパーがいない時には、最後尾の選手とその前のオフサイドラインの選手との間のスペースで受けることがオフサイドルールとなります。

最終ラインを知る

Instagram (11823)

オフサイドルールを理解するとは、デフェンスの最終ラインを知らなければいけません。最終ラインとは、ディフェンスラインともオフサイドラインとも言われているものでもありますが、3人や4人のディフェンスが作る一直線に並んだラインのことです。

ディフェンスとは、このオフサイドラインを揃えることによって、相手に裏を突かれにくくなりますし、オフサイドトラップをかけやすくなってくるのです。

オフサイドルールの意味とは、ディフェンスが積極的にボールを奪いに行くことのできるルールでもあるのです。

オフサイドが取られるのは

Instagram (11824)

オフサイドルールの意味とは、最後尾の選手(通常はゴールキーパー)を除いた状態で一番後ろにいるディフェンスよりも相手ゴール側でボールを受けることで反則となります。

オフサイドの意味とは、待ち伏せができないようになっていますので、そのポジションで待っていることはファールになってきます。

しかし、ボールが蹴られた瞬間に、ラインの裏へ飛び出すことは問題ありませんので、それがギリギリの駆け引きとなってくるのです。

あくまでもオフサイドが取られることは、ボールが蹴られた時にオフサイドポジションにいることになってきます。オフサイドラインを揃えておくことで、オフサイドを取りやすくなるのです。

オフサイドもファールの一つ

Instagram (11825)

サッカーのルールでは、オフサイドもファールの一つとなります。
ファールとは、反則のことであるりますから、ファールである以上、相手ボールのフリーキックで始まることになってきます。
しかし、オフサイドを何回行っても、警告や退場になることはありませんし、何回しかファールができないということが決まっているわけでもないので、積極的に仕掛けることができるものであると言えます。
オフサイドの意味とは、沢山あるファールの中でも、サッカーの試合の中で一番取られるものかもしれませんが、積極的なチームほど取られる傾向もありますので、ギリギリの駆け引きを上手に行っていくことが大切です。

オフサイドのためにはラインが大事

Instagram (11970)

オフサイドラインがどれだけ揃っているのかがオフサイドを取りにいきやすくなってきます。
ディフェンスとしては、ラインを綺麗にそろえることが出来れば、相手との駆け引きがやり易くなってきます。
オフサイドトラップとは、オフサイドラインが揃っていないと難しいので、そこがディフェンスのうまさに繋がってきます。
ラインが揃っていれば、相手をトラップにかけることもできますが、それぞれの選手の動きがバラバラであれば、オフサイドを取りにくくなり、ギャップを突かれやすくなってしまいます。

オフサイドトラップとは

世界一わかりやすいオフサイドトラップの説明動画

サッカーの試合で良く聞かれるオフサイドトラップとは、ディフェンスチームが自らオフサイドを取るように働きかける動きのことです。

オフサイドはとってもらうことで助かったというものでもありますが、ディフェンスチームがオフサイドラインを整えて、相手フォワードと同じラインから一気にオフサイドラインを押し上げることで、フォワードを置き去りにして、パスが出されるとオフサイドになるようにするのがオフサイドトラップと言われるものです。

初心者でも理解しやすくなるオフサイドの見方

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

野球のタッチアップ(タッグアップ)とは?ルールと意味をわかりやすく解説!

野球のタッチアップ(タッグアップ)とは?ルールと意味をわかりやすく解説!

タッチアップとは野球の進塁方法のひとつで、バッターがフライでアウトになった場合でも既存のランナーがフライの捕球後に一度塁へ戻ればそのあとは次の塁に進むことができるという戦術です。ここでは野球の面白い戦術の一つ「タッチアップ」について細かく解説していきます。
yumi88 | 33,255 view
サッカーのオフサイドとは何か?【サッカールール解説】

サッカーのオフサイドとは何か?【サッカールール解説】

サッカーの試合を見ていると「オフサイド」という言葉をよく見かけますね。しかし、サッカーに深く関わっていない人には、オフサイドのルールが詳しくわからないという人が多いと思いますので、今回は理解できると一段とサッカーが面白くなるオフサイドのルールについて解説します。
たっか | 1,951 view
ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは、バスケットのドリブル時のヴァイオレーションの1つです。ダブルドリブルは、オフェンス側の反則で、安易なミスではなく、絶対してはいけないミスです。連続的なドリブルをするなかで、ドリブル終了後に再度ドリブルをする反則のダブルドリブルのルールの基準を理解しましょう。
MARUO KAZUHIRO | 18 view
PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKはボールの置く位置やボールから離れる選手の距離、ゴールキーパーが動くタイミング、キックフェイントの禁止など細かいルールがあります。また、PKにはゴールキーパーにもキッカーにもコツやセオリーがあり、技術的、論理的に成功確率を高めることができます。
hoedama1 | 84 view
バレーボールって足を使っていいの?気になるルールを解説します

バレーボールって足を使っていいの?気になるルールを解説します

バレーボールの現在のルールでは、足を使ってレシーブをすることが認められています。意図的に足を使うことも、思いがけずボールが足に当たって上に上がった場合も反則にはなりません。以前は認められていなかった、足を使ってのレシーブについて説明していきます。
まる蔵 | 39 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000