2018年4月21日 更新

ゴールキーパーの練習メニュー9選とコツ【サッカー上達ガイド】

サッカーのゴールを守るゴールキーパーというポジションの練習メニューを厳選して紹介していきます。サッカーのポジションの中でも特異なゴールキーパーを上達するためには特別なメニューをこなしていく必要があるので、そのコツや心構えなどを交えて説明していきたいと思います。

48,709 view お気に入り 0

サッカーのゴールキーパーとは?

 (32449)

サッカーのポジションの中でただ一人手を使うことが許されたポジションであるゴールキーパーは、味方のゴールを守る最後の砦として守備の要となるポジションです。しかしディフェンスラインの組織に加わるわけではなく、あくまで外にいながら一人で守らなくてはならず、よく言われるように「孤高のポジション」でもあります。

しかもチームの失点数に直接関わるポジションなので責任の大きさは他のポジションの比ではありません。
それだけに練習メニューも特別なものが必要になり、そのコツもフィールドプレイヤーとは違う方法論で成り立っています。後述していていく練習メニューを反復して行っていくことで、ゴールキーパーというポジションを上達していきましょう。

ゴールキーパーの基本動作

ゴールキーパーの基本動作のコツに関して説明します。これらは後述する練習メニューを的確にこなして、より上手くなるための基礎技術と考え方となります。一人でも確認できるものとなっていますから、練習前に確認を行いより濃密な練習を行えるように早期に身体に染み込ませておきましょう。
サッカーのゴールキーパー上手くなるためには反復した基本トレーニングが欠かせません。

キーパーのキャッチングのコツ

 (32439)

サッカー初心者やジュニア年代だと顕著ですが、ボールをキャッチする方法が間違っていることが多いです。サッカーのゴールキーパーはボールを後ろに逸らしてしまうことは厳禁で、もっとも注意しなければならない心得となっているので、キャッチングの際もこのリスクを最小限にする方法で行わなければなりません。
具体的な方法は、両手で挟むようにボールを掴むのではなく身体の前で掴むというもので、手のひらはボールを取り損ねることを防ぐために両手で三角形を描くようにします。この三角形を意識するだけでキャッチングはかなり上手くなるでしょう。

キーパーのセービングのコツ

サッカーのゴールキーパーはゴールを守るポジションですからゴールの横幅一杯を守れなければいけません。しかし相手もそれをわかっていますからゴールキーパーから離れたコースを狙ったシュートを撃ってきます。

このときに守備する方法としてセービング技術があります。分かりやすい表現をすると横っ飛びでのキャッチ、あるいはパンチングのことです。セービングのコツは手を伸ばすイメージではなく肩をボール方向へ伸ばすイメージが大切となっています。
手を伸ばそうとすると身体が遅れすぎてしまい逆にセービングの距離が短くなってしまいますが、肩から飛ぶイメージだと身体と腕がしっかりと連動でき、最大限のセービング距離を出すことができます。

キーパーの常に爪先で立ち重心を偏らせない

 (32442)

サッカーでのゴールキーパーのプレイのほぼすべてはリアクションとなっています。飛んでくるボールに対して反応して守るということです。
何故ならゴールキーパーが先に動いてしまうと相手はその逆を狙えばやすやすと点数を奪うことができるからです。よって、ゴールキーパーは常に爪先立ちをして素早い反応ができるように備えていなければなりません。
では、体の重心はどこに置いておくのがベストでしょうか?キーパーの重心は必ず中心に置き、左右どちらにも迅速に動き出せるようにしておかないとなりません。
またバランス感覚も重要なコツとなり、若干前に重心をおくのも良いです。サッカーでは他のポジションでも同じように重要なコツとなりますが、素早い動きは重心が後ろにかかった状態ではできませんのでしっかりと覚えておきましょう。

キーパーはボールを怖がらない

Getty Images (32450)

サッカーのゴールキーパーを行う上で一番難しいのがボールを怖がらないということだと思います。実際にゴールキーパーをやってみるとよくわかりますが、ゴールキーパーというポジションは必ず受け身なので非常に怖いポジションなのです。

しかしサッカーの試合中、手を使えるただ一人の選手としてゴールキーパーは逃げることができません。この恐怖感をどこまで克服できるかで上手くなることができるかどうかが決まってくるでしょう。

実際の恐怖心を克服する方法としてはやはり慣れることしかありません。繰り返して慣れていく過程でボールをキャッチしたりセービングしたりする技術をしっかりと上達していけば、ゴールキーパーとしての自信を得ることができるでしょう。
この自信と反復練習による慣れが合わさることで、ボールを怖がらずにプレイすることが可能にななります。
また、チーム失点数を低くするためにその責任を一人で負っているという自負も恐怖を克服するために大事なメンタリティではないかと思います。

ゴールキーパーの練習メニュー①キャッチングトレーニング

基礎的なゴールキーパーの練習メニューです。
サッカーのゴールキーパーはキャッチング技術が命で、ボールを確実に止めて懐に収めることで安定感が生まれ、チームメイトからの信頼を得ることができます。
反復して動作に慣れてきたとしても、本格的な練習に入る前の準備運動としてこのトレーニングを続けていき、キャッチングの感覚を研ぎ澄ましていきましょう。

膝立ちキャッチング

膝を立てて行うことでキャッチングそのものに集中できる練習方法です。
手のひらの三角形や挟まずに掴み身体の中心でボールを収める感覚を養います。
足を使って動けないことで身体で止めることを意識できる基礎メニューとなっています。
またサッカーではよく見られますがこぼれ球を続けてシュートされる場合など、足を使わずにキャッチしなければいけないときが多々あり、それを想定したトレーニングでもあります。

グラウンダーキャッチング

サッカーではグラウンダーのボールの扱いは曲者で、プロの一流GKでもしばしば後逸してしまうことがあるほどです。このようなミスを防ぎ確実なキャッチングを身につけて上達するためにこのメニューを反復していきましょう。
しゃがんだ後ろ足でボールが抜けるコースを埋めるようにするのがコツです。

ゴールキーパーの練習メニュー②ポジショニングトレーニング

77 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
hoedama1 | 1,574 view
バレーボールのスパイクをミートさせる3つのコツと練習方法とは?

バレーボールのスパイクをミートさせる3つのコツと練習方法とは?

バレーボールのスパイクに必要なことの一つは、手にボールをミートさせることです。でも「ミートをしっかり!」といわれるだけでは漠然としています。今回はバレーボールのスパイクに必要な「ミート」ということについて、基礎から詳しく説明していきます。初心者の方も経験者の方も、スパイク力向上のためにぜひ参考にしてください。
まる蔵 | 1,082 view
ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 9,659 view
バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
onomine777 | 6,778 view
ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

サッカーのゴールキーパーになるために必要な、ゴールキーパーの基本的なルールや役割、基本的な動き等を解説しています。また、サッカーのゴールキーパーを務めるにあたって、その基本的な練習方法と実際にゴールキーパーでプレーする際のコツも一緒に紹介しています。
onomine777 | 15,985 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS
amazon