2019年4月29日 更新

テニスの打ち方とは?ストロークの球種による打ち方の違いを学ぼう【テニスコーチ監修】

テニスで最も使われるショットはストロークです。握り方や回転のかけ方によってストロークの打ち方にはコツがあり、正しいフォームを身につけることで安定したショットを打てます。様々なショットの打ち方の違いについて、詳しく解説していきます。

7,388 view お気に入り 0

テニスのストロークの打ち方の基本知識

 (40850)

硬式テニスのストロークでは、少し回転のかかったストローク「フラット」、相手方向に順回転する「スピン」、相手方向に逆回転する「スライス」の大きく3つの打ち分け方があります。
3種類のボールを打ち分けることによって、コントロール性やショットの質はもちろん、戦術面の幅を大きく広げてくれます。

また、テニスのストロークは握り方によって、順回転がかけやすい握り方、逆回転がかけやすい握り方があります。

硬式テニスの入門として、ストロークの握り方に応じた打ち方や握り方ごとの3種類のボールの打ち方について解説していきます。

テニスのグリップによる打ち方の基礎知識

 (40851)

硬式テニスの入門として、グリップごとに打ち方が変わることを知る必要があります。グリップの種類は3つあります。
・コンチネンタルグリップ
・イースタングリップ
・(セミ)ウエスタングリップ


テニスラケットの握り方によって、打ち方のコツが変わります。握り方に適したテニスの基本の打ち方をマスターすることが、3種類のボールを打ち分けるコツです。

3種類のボールの球種をお伝えする前に、まずは握り方の種類別の打ち方をお伝えしていきます。
テニスのストロークで、握りに応じたポイントとなる項目は4つです。
①インパクトの位置関係
②スタンス(足の置き方)
③テニスラケットのスイングの軌道
④体の使い方

テニスのグリップによる打ち方の基礎知識①インパクトの位置

 (40852)

硬式テニスでストロークの打点のコツは2つです。
・ボールの勢いに負けない位置
・ラケット面が打球方向に向く位置

上記2つを満たした握り方によってのコツは以下の通りです。

「コンチネンタルグリップ」
体の向き…横向き
打点の位置…後方
打点の高さ…膝の高さ

「イースタングリップ」
体の向き…半身横向き
打点の位置…やや前方(前足の位置)
打点の高さ…膝から腰の間

「セミウエスタングリップ」
体の向き…やや正面向き横向き
打点の位置…前方
打点の高さ…腰から上の高さ

薄い握りから厚い握りにいくに従い、打点は後ろ→前、体の向きは横向き→正面向き、打点の高さは下→上へと位置を変えていきます。

テニスのグリップによる打ち方の基礎知識②スタンスの取り方

 (40853)

硬式テニスでは、スタンスを変えることで、握りに応じた打ち方をスムーズに動作することができます。テニスのスタンスのコツは、テニスラケットの面が垂直にしやすい足の置き方をすることです。

テニス用語でスタンスのことをそれぞれ、打球方向に対して横向きを「クローズドスタンス」、やや開き気味を「スクエアスタンス」、開いた状態を「オープンスタンス」と言います。握り方に適したスタンスは以下の通りとなります。

「コンチネンタルグリップ」…クローズドスタンス
「イースタングリップ」…クローズドスタンスもしくはスクエアスタンス
「セミウエスタングリップ」…スクエアスタンスもしくはオープンスタンス

テニスのグリップによる打ち方の基礎知識③スイング軌道

 (40854)

硬式テニスでは、握り方によってスイングの軌道が大きく変わります。スイング軌道が変わることによって、打ちやすい球種が分かれてきますので、しっかり確認していきましょう。握りに応じたスイング軌道のコツは、テニスラケットの面が打ちたい方向に対して垂直になるところまで振り上げる角度です。

「コンチネンタルグリップ」…打点が低いため、振り上げの角度は小さく、後ろから前方向
「イースタングリップ」…打点の高さは標準のため、振り上げの角度は斜め上方向
「セミウエスタングリップ」…打点が高いため、振り上げの角度は大きく、上方向

テニスのグリップによる打ち方の基礎知識④体の使い方

 (40855)

硬式テニスでは、握り方によって体の使い方がは大きく分けて2種類あります。
・後ろから前への重心移動
・横向きから前向きの体の回転

握り方に応じて意識したい体の使い方は異なります。
「コンチネンタルグリップ」…後ろから前の重心移動
「イースタングリップ」…後ろから前の重心移動→体の回転
「セミウエスタングリップ」…体の回転

テニスの打ち方は握り方よって打ち方は大きく変わります。打ち方の基礎となるのは打点が垂直になる位置となります。その結果、体の使い方やスタンスの取り方が変わっていくことを理解していきましょう。

テニスの打ち方の回転に必要な3つの基礎知識

 (40856)

硬式テニスでは、回転をかけるため知っておきたいコツが3つあります。
①テニスラケットとボールの接触時間
②回転をかけるためのボールの当て方
③回転量を調整するための3つの要素

ボールに回転をかけようとしてテニスラケットをこねくり回したり、ボールが当たった後にテニスラケットを巻き込んでも残念ながら回転はかかりません。ボールに回転をかける基本的な考え方は、ボールに当たる前の動作で決まるからです。

それぞれ、回転の基礎となる考え方や科学的根拠を詳しく解説していきます。

①ラケットとボールの接触時間は0.005秒

テニスラケットとボールの接触時間は、実は私たち人間が反応できない程短い時間なのです。脳から動作に移るまで早くて0.2秒と言われていますが、テニスラケットとボールの接触時間は0.005秒です。そのため、テニスボールに回転をかけようとボールの当たる瞬間に色々ラケットを動かしてみても、ボールはすでにテニスラケットから離れているため、ボールに変化は起きません。

硬式テニスのストロークで3種類の球種を打ち分ける振り方のコツは、テニスボールに当たる前の動作ということを知っておくと良いでしょう。

②回転はラケットがボールに当たる前に決まる

テニスラケットとボールの接触時間の関係から、ボールに当たる前の動作が大事なのは、お伝えしましたが、ボールに回転をかける条件が2つあります。
・テニスラケットの面が打ちたい方向に対して垂直
・テニスラケットのボールの触り方

ボールに対して、テニスラケットが下から上に移動するとスピン、上から下へ移動するとスライスになります。また、ボールの真後ろを捉える形になると回転はかかりにくく、フラットになるわけです。

テニスラケットの面の中でボールを転がすイメージを持つことで、ボールが当たる前のテニスラケットの動きが、回転をかける基本的な振り方となります。ぜひ練習してみてください。
75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球のバックドライブの打ち方とコツとは?基本をしっかり練習しよう

卓球のバックドライブの打ち方とコツとは?基本をしっかり練習しよう

卓球のバックドライブの打ち方は、ヒジを支点にスイングして、ボールの正面の斜め上側を捉えるようにします。下回転に対してバックドライブを打つ場合は、足を曲げて低い姿勢になり、下半身の力を使ってボールを持ち上げるように打球することが重要です。卓球のバックドライブのコツは、ヒジを体より前に突き出し、力みなくスイングすることです。
Anonymous | 386 view
卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球のフォアハンドの打ち方は、肩幅以上にスタンスを広げ、コンパクトなスイングで打球します。卓球のフォアハンドを打つときのコツは、細かく足を動かす・体重移動を意識する・ボールと相手を見ながら打つことにです。卓球初心者の方は、まずフォアハンドの打ち方から覚えていきましょう。
Anonymous | 982 view
卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方は、体より前で打つようにして、ボールの回転量によってラケット角度を調整することが重要になります。卓球のツッツキのコツは、打球点が頂点より早くなるように足を動かし、薄くボールを捉える感覚で下回転を加えることです。また、ツッツキの質を高める練習方法は、ツッツキ対ツッツキ、上回転をツッツキする練習になります。
Anonymous | 868 view
卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちは、打球点を落とし過ぎず、ネットを越えることを意識して打球します。卓球のカット打ちのコツは、カットの回転量を正確に判断して、ストップやツッツキを織り交ぜながら攻めることです。さらに、カット打ちが上達するおすすめの練習方法は、カットマンと基本練習やゲーム練習をすることになります。
Anonymous | 1,486 view
YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
Anonymous | 1,567 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ