2019年4月29日 更新

テニスの打ち方とは?ストロークの球種による打ち方の違いを学ぼう【テニスコーチ監修】

テニスで最も使われるショットはストロークです。握り方や回転のかけ方によってストロークの打ち方にはコツがあり、正しいフォームを身につけることで安定したショットを打てます。様々なショットの打ち方の違いについて、詳しく解説していきます。

  
5,053 view お気に入り 0

テニスのイースタングリップによる3球種の打ち方のコツ 

イースタングリップでのフォアストロークは、テニス初心者におすすめしたい握り方となります。3種類のショットすべてを打つことができる万能的なグリップだからです。

特質すべきショットは打てませんが、オールマイティーにこなせる打ち方のため、テニス初心者がスピンやスライスを打つための導入としてトライすることができ、3種類のショットを打ち分けるための基礎となる打ち方となります。

「フラット」
手のひら感覚で打てるため、感覚をつかみやすい

「スピン」
スタンスやスイング軌道を変えることで回転量を増やすことが可能

「スライス」
回転量はコンチネンタルに比べ劣るが、実践で十分通用するスライスが可能

フラットショットの打ち方のコツ

 (41203)

フォアのイースタングリップでフラットの打ち方のコツは3つです。
・重心移動+体の回転
・構え→半身横向きの状態でインパクト
・てのひらで打球方向を追いかけることでコントロールアップ

テニス初心者にイースタングリップのフォアの打ち方をすすめる理由は2つです。
・ボールを飛ばすための体の使い方が理解しやすい
・ボールをまっすぐ飛ばすための面の向きがもっとも体感しやすい

フラットの打ち方ができればスライスやスピンといった種類のボールもコツを掴みやすくなります。テニス初心者はぜひ、イースタングリップでのフラットの打ち方の基本を練習しましょう。

スピンショットの打ち方のコツ

 (41204)

フォアのイースタングリップで、スピンの打ち方のコツは3つです。
・インサイドアウト
・打点はフラットよりも体から遠く、やや前方
・下から上への腕の操作

イースタングリップでスピンをかけるための打ち方は、下から上への振り上げの空間を作るために打点を遠くに設定することです。打点を遠くにすることで、テニスラケットの面が上向きになりにくく、スイングスピードもあげられるため、ボールに順回転をかけることが可能になります。

セミオープンスタンスの打ち方にすることで、ラケットの振り上げる空間を作ることができるため、よりスピンがかけやすい振り方になります。

スライスショットの打ち方のコツ

 (41205)

フォアのイースタングリップで、スライスの打ち方のコツはコンチネンタルグリップと同じです。
・インパクトの位置はボレーの位置
・テニスラケットのフレームの傾斜に沿って肩を支点にテークバック
・フォロースルーは取らず、テークバック~インパクトまで

注意点として、テニスラケットの面がやや上向き状態のため、コンチネンタルほど逆回転をかけることができません。回転を変えようとして、フォローするを取ってしまうと、ボールの下にテニスラケットが進みかえってボールが飛ばなくなってしまいます。

イースタングリップでは、無理に回転をかけようとせず自然と逆回転がかかるイメージが、スライスの打ち方のコツとなります。

テニスのセミウエスタングリップによる3球種の打ち方のコツ 

フォアハンドストロークでのセミウエスタングリップの球種ごとの特徴は以下の通りです。

「フラット」
打点を高くし、ボールの後ろ側を捉える

「スピン」
セミウエスタンの通常の打ち方が、そのままスピンになるため、握りに応じた打ち方の基礎を知ることが重要

「スライス」
厚いグリップでは逆回転をかけることが困難。そのため、テニスラケットを横に移動させ、横回転のスライスとなる

テニス初心者からテニス中級者へのステップアップ時にセミウエスタンに変えることが多いです。しっかり振ってもボールに回転がかかるため、ボールをテニスコートに収めやすくなります。

フラットショットの打ち方のコツ

 (41206)

フォアのセミウエスタングリップで、フラットの打ち方のコツは2つです。
・高い打点
・厚い当たりをする

セミウエスタングリップの打ち方はフラットを打つための握りではないため、意識的にボールを真後ろを捉える必要があります。もともとフラットの当たりだとボールがアウトするからグリップを厚くするという流れがあるため、わざわざフラットを打つメリットはありません。

フラットを打ちたい場合は、高い打点になりやすいネットの近い位置で打球することをおすすめします。

スピンショットの打ち方のコツ

 (41207)

フォアのセミウエスタングリップで、スピンの打ち方のコツは3つです。
・オープンスタンス
・回転をかけようと意識しない
・体の回転

セミウエスタングリップの打ち方自体がスピンをかけるための振り方となるため、体の回転を使って基本となる打ち方をすることで自然と回転がかかります。

回転量の調節など回転の応用に移る際は、体の回転速度=スイングスピードを上げることを意識しましょう。

より回転をかけたいという方は、セミウエスタンより厚いグリップのウエスタングリップにすることで容易に回転量を上げられる打ち方ができます。

スライスショットの打ち方のコツ

 (41208)

フォアのセミウエスタングリップでスライスの打ち方のコツは3つです。
・ボールの回転は横回転
・ラケットは横移動
・体は正面向き

セミウエスタングリップのスライスの打ち方は、薄い握りの打ち方とは異なり、ボレーのインパクトの形からラケットを横移動させます。テニスラケットの面が常に打球方向を向いていることがコツです。

スライス=逆回転ではありません。横回転もスライスの種類になります。無理に逆回転をかけようとすると、手首を使う打ち方になり安定したショットが打てませんのでご注意ください。

テニスでのストロークの3球種による打ち方の違いまとめ

 (41211)

握り方に応じて3種類のボールを打つための基礎となるコツをお伝えしてきました。テニス初心者は、それぞれの握りに応じた打ち方を理解し、ゆくゆくは3種類のボールを打ち分けるために握りを変えていくことを目標としましょう。

もちろん、グリップチェンジをしなくても3種類のボールは打てますが、握りに応じて打てる回転の量は決まっていますので、理解したうえで3種類のボールを打ち分けましょう。

テニスはレベルが上がってくるほど相手のボールに負けないように、またボールをコートに収めるために回転が必要になってきます。それぞれの特徴をしっかり理解して3種類のボールを打ち分けられるように練習していきましょう。
75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホームランの打ち方を徹底解説!大事な6つのコツをおさえよう

ホームランの打ち方を徹底解説!大事な6つのコツをおさえよう

ホームランを打ちたいと考えている人へ伝えたいことは・・・ホームランを打つためにはコツがあるということです。 構えからスイングに続けバットの力の抜き方など6つのコツを解説します。1つ1つ確認して、ホームランを打てるようになりましょう。
Act | 234 view
トップスピンがかからない理由とは?フォームと打ち方を改善しよう【テニスコーチ監修】

トップスピンがかからない理由とは?フォームと打ち方を改善しよう【テニスコーチ監修】

現代テニスでは必須ともいえるトップスピンですが、なかなか回転がかからなくて悩んでいる方は多いです。トップスピンがかからない理由を4つパターンに分け、理由と改善方法をお伝えします。テニスで自信をもってトップスピンが打てるように、ご参考ください。
SKコーチ | 1,069 view
フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

世界最高のフォアハンドを持つフェデラーのフォアハンドストロークの秘密を徹底的に解説していきます。高等技術が盛りだくさんである一方で、基本に忠実なフェデラーのフォアハンドは、一般プレーヤーでも参考にできる部分が多くありますので、ぜひご参考ください。
SKコーチ | 2,448 view
背泳ぎの3つのポイントとは?ストローク・フォームやキックなど

背泳ぎの3つのポイントとは?ストローク・フォームやキックなど

背泳ぎで大事なポイントやコツって何?どんな練習をしたらいいの?というような疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。何も知らないまま練習していても正しい泳ぎ方を練習しなくては効果は出にくいです。今回は背泳ぎを泳ぐためのコツや練習方法を解説していきます。
moririn726 | 1,002 view
フォアハンドストロークが安定する6つのコツとは?【テニスの上達ガイド】

フォアハンドストロークが安定する6つのコツとは?【テニスの上達ガイド】

硬式テニスのフォアハンドストロークが安定せず悩んでいる方に、安定するためのコツを6あげて紹介します。安定させるためには、握り方や手首の使い方、打ち方や振り方などのコツを知ると見違えるように安定します。ぜひコツを参考に安定したフォアハンドを身に付けましょう。
園城寺 希 | 3,772 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ