2018年4月18日 更新

アンダースローの投げ方!最速で投げるためのフォームとコツ!

野球においてピッチャーの投球フォームのひとつであるアンダースローとは、どのような投げ方なのでしょうか。アンダースローの正しい投げ方からストレートを最速で投げるコツ、そしてアンダースローの投球フォームを安定させるためのトレーニングや練習方法を解説します。

  
14,131 view お気に入り 0

アンダースローとは?

ほしいー さん on Instagram: “神宮のバックネット裏マウンド真正面からピッチングを観れるとか。゚(゚´ω`゚)゚。幸せすぎました…2018.3.18 神宮球場#山中浩史 #東京ヤクルトスワローズ #swallows #underhandthrow#アンダースロー” (31357)

野球の投げ方で使用されるアンダースローとは、腕が水平よりも下にある状態でボールをリリースする、ピッチャーの投球フォームのことを言います。 身体を深く沈ませて、身体全体を使ってグラウンドの地面に近い位置からボールをリリースするのが、アンダースローの特徴です。

日本語では下手投げ、英語ではサブマリンと呼ばれ、アンダースローという表現は和製英語です。 プロ野球ではヤクルトの山中投手、メジャーリーグでは牧田投手がアンダースローの投げ方で有名です。

アンダースローの投げ方のメリット

フサイっち on Instagram: “足の間から投げるボールが見えるくらいのアンダースローの投手は好きなのです#swallows #ヤクルトスワローズ #東京ヤクルトスワローズ #山中浩史 #アンダースロー” (31360)

オーバースローやスリークォーターの投げ方と比較すると、野球でアンダースローの投げ方にしているピッチャーは、非常に少ないのが現状です。全身を使って腕を下から出すアンダースローの投げ方は、オーバースローやスリークォターの投げ方と異なり、独特の投球フォームでコツをつかむのが難しい、というのも理由のひとつです。

しかし、その独特の投げ方であるがゆえに、アンダースローならではのメリットを得ることができます。では、野球でピッチャーがアンダースローの投球フォームにした際のメリットを見ていくことにしましょう。

アンダースローのメリット①肩と肘の負担が少ない

ほしいー さん on Instagram: “今季公式戦初登板😌 2回無失点とか… 特に初回は上位打線を三者凡退とか、青木さんの好守もいただき、今期のいい滑り出しになるといいなぁと思いました😌 (外野からだから荒いけどオリンパスのズームの能力をまざまざと見せつけられました)(回し者)  2018.4.1 横浜スタジアム…” (31363)

腕を下から出すアンダースローの投球フォームは、リリース時に腕を肩よりも上げないため、オーバースローやスリークォーターの投げ方の投手よりも肩への負担が軽減されるメリットがあります。また、アンダースローの投げ方は、特に下半身を中心に全身を使って投げるフォームのため、肩や肘に負担が集中せず疲労が少なく、肩や肘が故障しにくいというメリットもあります。

このため、野球で肩や肘を故障した投手が、肩や肘に負担の少ないアンダースローに転向する、というケースもあります。

アンダースローのメリット②浮き上がるような軌道のボールを投げることができる

@ke_0416 on Instagram: “大谷以上に活躍する気がします。#野球#パドレス#牧田和久#投手#MLB#メジャーデビュー#53#アンダースロー#サブマリン#絶滅危惧種#起用#中継ぎ ?#セットアッパー?” (31366)

アンダースローの投球フォームのピッチャーは、地面に近い位置からボールをリリースする投げ方のため、バッターから見るとボールが浮き上がってくるような軌道になり、打ちにくいというメリットがあります。浮き上がってくるような軌道のため、バッターが打ちにいくとバットがボールの下側に当たりやすくポップフライになる確率が高くなり、ストレートを最速で投げることができれば、空振りさせることも可能です。

また、実際に野球で右ピッチャーが右バッターと対戦した際、インコースに投げると自分に向かってくるような感覚になるため、バッターが手を出しにくくなるもの特徴のひとつです。

アンダースローのメリット③ボールの出所がわかりにくい

mika on Instagram: “. . . Twitterにも載せましたが、かっこいいのでここにも。 . #福岡ソフトバンクホークス #sbhawks #生目の杜運動公園 #宮崎キャンプ #高橋礼 #28 #サブマリン #アンダースロー #一眼レフ #canoneoskissx8i #sigma400mm…” (31369)

足を上げた後、身体を前へ倒しながらテイクバックして、身体を沈めて地面に近い位置からボールをリリースするのが、アンダースローの投げ方のピッチャーの特徴です。 このため、リリースする直前まで身体でボールを隠すことが可能になり、バッターにボールの出所をわかりにくくさせることができるのも、アンダースローの投球フォームのメリットです。

野球をした際に、バッターはボールの出所がわかりにくいと、ボールをリリースするタイミングがつかみにくくなり、ボールを見る時間が短くなるため、ストレートを最速で投げることができれば、より打ちにくくなります。

アンダースローのメリット④ホームとマウンドの距離を短く使える

福田太郎 TaroFukuda⚾️北海道テレビアナウンサー on Instagram: “baseball made me happy. 15年前の今日、野球と出会いました。 野球を本格的に始めた個人的にとっても大切な日です。 ※2枚目は当時の写真。 高校の先輩、カープの緒方孝市監督と。 _ 幼い頃、父とキャッチボールをしていて、 顔面にボールが当たった太郎少年。…” (31380)

アンダースローの投球フォームの投手は、身体を沈めて腕を下から出す投げ方のため、オーバースローやスリークォーターの投げ方とは異なり、ステップした足は大きく踏み出すことになります。 ステップした足を大きく踏み出すことにより、ホームベースとマウンドまでの距離を、オーバースローやスリークォターの投げ方よりも短くすることができるのも、アンダースローの投げ方にした際のメリットです。

ステップした足を大きく踏み出し、ボールのリリースをギリギリまで我慢することができれば、ホームベースとマウンドまでの距離がさらに短くなるため、アンダースローの投げ方でストレートを最速で投げるための近道になります。

アンダースローの投げ方の練習方法

実際に野球をした際に、オーバースローやスリークォーターの投げ方の投手が、アンダースローの投げ方にしようと腕だけを無理やり下から出そうとすると、肩や肘を故障してしまう原因にもなりかねません。アンダースローの投球フォームで投げるには、身体を深く沈め上半身を傾けた状態で、腕を下から出してボールをリリースする必要があります。

このため、まずはアンダースローの基本となる投げ方のベースを身体に覚えさせ、投げ方のコツをつかむための練習方法を解説します。

サイドスローの投げ方から少しずつ身体を傾けていく

@awapho on Instagram: “16.11.12 秋季キャンプキャッチボールみっつ#中日ドラゴンズ#三ツ俣大樹#キャッチボール#サイドスロー#秋季キャンプ#ナゴ球” (31853)

野球の練習でキャッチボールや投球練習を行う際に、まずはサイドスローの投げ方からスタートするのがコツになります。サイドスローの投げ方で腕を横から出す動作を覚えた後に身体を横に傾け、腕を下げてボールをリリースすることに慣れていきましょう。

練習を行う際は、少しずつ身体を横に傾けていくのがコツで、少しずつ身体を横に傾けていくことで、無理な負担をかけずに下から腕を出すことができるようになり、自然とアンダースローの投げ方のベースになる動作が身に付くようになります。

ストレートを最速にするアンダースローの正しい投げ方

オーバースローやスリークォーターの投げ方とは異なり、アンダースローの投球フォームは独特なため、野球をした際にオーバースローやスリークォーターの投げ方のピッチャーが、アンダースローの投げ方に変えようと思っても簡単に変えることはできません。

前述したアンダースローの基本動作を覚える練習方法を繰り返し行い、しっかりと身体に身に付けたうえで、後述するアンダースローの投球フォームで投げる際の正しい投げ方を実践してコツをつかみ、ストレートを最速で投げることができるようになりましょう。
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ドッジボールの速い球!投げ方のコツとは?【初心者ガイド】

ドッジボールの速い球!投げ方のコツとは?【初心者ガイド】

ドッジボールで速い球を投げるにはそのための投げ方を覚える必要があります。その投げ方をコツや注意点と一緒に紹介していきます。がむしゃらにボールを投げ込めばよいというわけではありません。しっかり投げ方を覚えて、ドッジボールで速い球を投げられるようになりましょう。
MOSK | 19,119 view
フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

テニスで最も使われる打ち方がフォアハンドです。テニスの試合でフォアハンドを武器にしたいが、実は苦手という方が多く、その理由はフォアハンド時の手首の使用とフォームにあります。3つのポイントに絞ってテニスのフォアハンドを上手に打つためのコツを解説します。
SKコーチ | 1,163 view
蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

水泳において基本となる動作である蹴伸びには、どのような練習方法があるのでしょうか。本記事では、蹴伸びの練習方法について、陸上トレーニング・水中トレーニングに分けて詳しく紹介します。また、応用編として実践的な練習も紹介しています。
Spicatz | 6,335 view
平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎは水泳の種目の中でも泳ぎ方が独特な種目です。そこで本記事では、水泳の平泳ぎの泳ぎ方を徹底解説しています。平泳ぎの基本的なフォーム、正しい泳ぎ方とそのコツ、そして水泳初心者から上級者まで行える練習方法を詳しく解説します。
Spicatz | 31,222 view
ダーツの投げ方のコツ!うまく投げるために5つの必要なこととは?

ダーツの投げ方のコツ!うまく投げるために5つの必要なこととは?

ダーツの投げ方のおすすめのコツとして、5つのポイントが挙げられます。そのダーツの投げ方の5つのコツである腕の使い方やスタンスなどについて詳しく解説します。しっかりと投げ方のコツを理解して、上手に投げる方法を習得しましょう。
後藤晃一 | 2,289 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8