2018年2月22日 更新

サッカーの蹴り方特集!シュートなどのボールのキック【上達ガイド】

サッカーの試合を見ていてサイドチェンジする時の蹴り方や、クロスボールにカーブがかる蹴り方、シュートの際の強い打ち方などを見たことがあると思いますが、それぞれ蹴り方があります。今回はサッカーの蹴り方特集!と題して初心者でもわかるようにご紹介していきたいと思います。

  
3,425 view お気に入り 0

インサイドキックの練習方法

インサイドキック編【なぜ?がわかればサッカーが上手くなる!】  出来ないが出来るに変わる魔法のトレーニング soccer football traning

サッカーにおけるインサイドキックの練習は、コツである正確性・強いパスを意識して練習しましょう。
練習方法ですが、2人いる場合はインサイドキックでパス交換します。お互いの足元を狙って左右にぶれることなく正確にパス交換してみましょう。
また、コーンがある場合は2本並べ、コーンを狙ってインサイドキックで倒す練習をします。数人いる場合は誰がどれだけ倒せたかを競う練習方法も初心者には有効です。
サッカーの試合で正確なパスが出せるようにこのような練習が必要です。

サッカーの蹴り方特集! アウトサイドキックとは?

Yumiko Ito on Instagram: “#次男#小6男子 #サッカー少年団 #練習試合#アウトサイドキック#スポーツ写真難しい #写真好きな人と繋がりたい” (24935)

サッカーにおけるアウトサイドキックは足の内側を使うインサイドキックの逆で、基本は足の外側を使う蹴り方です。主にサッカーの試合でドリブルしながらアウトサイドでパスをする場面で使われ、インサイドキックのように止まっている状態よりも、相手とコンタクトしながら流れの中で相手の意表をつく時に使われるパスと言えます。もちろん状況によってはシュートとしても使えるキックですが、サイドチェンジなどのロングキックには向かないキックです。
ドリブルしながら、流れの中で使われることから相手からも読まれづらい有効なパスですが、サッカー初心者には少し難しい蹴り方です。

アウトサイドキックの特徴

① 相手とコンタクトしている状況で多用されるキック
② 相手の意表をつくキック
③ 長いアウトサイド、短いアウトサイドもある

アウトサイドキックの蹴り方

アウトサイドキックは軸足を強く踏み込み、蹴り足の足首をしっかり固定し、足の薬指・小指付け根付近からくるぶしあたりをサッカーボールにインパクトします。
アウトサイドキックで長いパスを出す場合は、外側へサッカーボールを押し出すような感覚で振り抜きます。アウドサイドキックで短いパスを出す場合は足首で外側へスナップするような感覚で弾きます。

アウトサイドキックのコツ

①素早く
②モーションは小さく
③足首を固定する

アウトサイドキックの蹴り方のコツは、ドリブルで相手をかわす際に使用するアウトサイドの延長のようなものなので、基本的にその素早さがポイントになります。素早さを出すためにはモーションは必然的に小さくします。素早さが出ることで相手を騙すことができ、決定的な局面を生む最高のパスとなることもあります。

アウトサイドキックの練習方法

【サッカー基礎】21 けりかた アウトサイドキック 解説あり

アウトサイドキックはサッカーの試合中、相手とコンタクトしている状態又は、ドリブル中に繰り出されるパスなので、練習では常にサッカーの試合中を意識して取り組むことが重要です。
マーカーを置いてドリブルでかわした後にアウトサイドキックでパスを出したり、1対1のボールキープを10秒行った後にアウトサイドキックでパスをする練習などは有効的な練習といえます。サッカー初心者の場合はまずアウトサイドでサッカーボールを外に弾く練習から行うことをおすすめします。

サッカーの蹴り方特集! インフロントキックとは?

Takahiro  Miyamoto on Instagram: “#カメラマン #フォトグラファー #photographer #東京カメラ部 #5dmark4 #ポートフォリオ #portfolio #子供 #サッカー #soccer #少年サッカー #インフロントキック #フリーキック #football” (24946)

サッカーにおけるインフロントキックとは、浮き球で遠くへ飛ばす蹴り方、ロングキックで、サッカーの試合では大きくサイドチェンジする場面で使われたり、ディフェンスラインから前線へ大きくロングフィードする場合のロングキックとして使われますが、もちろんシュートの打ち方としてインフロントキックもあります。
サッカーにおける数あるキックの種類の中で最もロングキックに適したキックです。

インフロントキックの特徴

① バックスピン・カーブという変化球
② 浮き球でロングキック
③ サイドチェンジのロングキック、ディフェンスからのロングフィードで多用される

インフロントキックの蹴り方

インフロントキックは基本的にインステップキックのフォームに似ていますが、バックスピンがかかった浮き球を蹴る事が目的なので、特にパワーは必要ありません。蹴り方によってはカーブをかけることもできます。イメージとしては足の親指付け根付近をボールの下へ差し込んで、なでるように蹴るイメージでロングキックになります。
軸足はインステップキックと同じようにボールの横もしくは少し手前に置き、インパクト時には足首を固定し、しっかり足のフォロースルーをし、上体は少し後ろに反る感じです。

インフロントキックのコツ

①力まない
②サッカーボールの軌道をイメージする
③足首を固定する
インフロントキックの蹴り方のコツは、力まずに、蹴るボールの軌道をイメージしながらトライすることです。インステップキックのようなパワーは必要ではなく、サッカー初心者でも蹴るボールの軌道をイメージし、コツさえ掴めばすぐに浮き球が蹴れるようになります。

インフロントキックの練習方法

106 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

クイックシュートのポイントを簡単に解説!ポイントは3のコツ?

クイックシュートのポイントを簡単に解説!ポイントは3のコツ?

バスケットボールはコート上のあちこちで1対1が繰り広げられるスポーツで、ディフェンスを振り切ってシュートを放つ点が魅力の一つとされています。そしてディフェンスのプレッシャーを受ける前にシュートを放つクイックシュートが効果的です。クイックシュートのポイントを解説します。
masamiohdaira9 | 2 view
フリーキックで速くて曲がるカーブの蹴る方法とは?

フリーキックで速くて曲がるカーブの蹴る方法とは?

サッカーのフリーキックで速くてなおかつ曲がるカーブの蹴り方には、足の振り方、ミートポイント、軸足、体軸&目線の4つのポイントがあります。フリーキックの蹴り方の4つの各ポイントの根拠と具体的な方法論を解説しています。
nosedori | 176 view
3ポイントシュートのコツとは?距離を届かせる方法と狙うポイント

3ポイントシュートのコツとは?距離を届かせる方法と狙うポイント

決まると一気に3点がプラスされ、ダンクシュートに匹敵するほど盛り上がりを見せる3ポイントシュートは、距離が離れているため、リングに届かないなど、難しいシュートとされています。そこで今回は、3ポイントシュートのコツや、距離を届かせる方法を徹底解説していきます。
masamiohdaira9 | 322 view
サッカーのシュート練習のメニュー9選!決定力をアップしよう

サッカーのシュート練習のメニュー9選!決定力をアップしよう

サッカーのシュート練習をする際には、ボールの置きどころや狙う場所、状況に合わせてシュートを変えるという原則を理解した上で取り組む必要があります。またシュート練習にはチームや小グループ、自主トレで出来るものと様々な種類があり、その中から9つの練習メニューを紹介します。
nosedori | 780 view
シュートの回転してしまうボールの原因と対策とは?【野球上達ガイド】

シュートの回転してしまうボールの原因と対策とは?【野球上達ガイド】

野球のシュートは、ピッチャーの利き腕(投げる腕)側に曲がる変化球ですが、野球用語でピッチャーの悪い点を表現する言葉の1つにシュート回転があります。ここではこのシュート回転について説明し、改善方法や再発しないためのポイントを紹介していきます。
MARUO KAZUHIRO | 4,520 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9