2018年8月26日 更新

イングランド代表のフォーメーションを徹底解析!

ワールドカップロシア大会で1990年以来のベスト4入りを果たしたイングランド代表ですが、そこには大方の予測を覆すイングランド代表のフォーメーションが関係していました。ここではイングランド代表のフォーメーションを徹底解析し、その攻略手段を紹介していきます。

  
291 view お気に入り 0

イングランド代表の伝統的フォーメーション

hana_chan on Instagram: “✔️ the BEST 🦁🦁🦁 一番好きだった頃、いつ見ても泣ける〜。 たぶん死ぬまで一番好きな選手👉#stevengerrard  #england #football #イングランド代表#スリーライオンズ #threelions  #gerrard #beckham…” (51746)

サッカーイングランド代表は歴史的にフィジカルの強い選手を活かした4バックの4-4-2のフォーメーションを得意とし、もはや伝統的なフォーメーションとして定着してきました。
4バックの4-4-2というバランスのよいフォーメーションを採用し、サイド攻撃を軸に逆サイドへの展開や、サイドアタックを仕掛けてペナルティエリアへクロスボールを展開するキックアンドラッシュがイングランド代表の伝統的な戦術です。しかし伝統にとらわれすぎているとの批判を受けています。

イングランド代表最強の布陣

ひろっち🎧 on Instagram: “おいおい!ベッカムカッコよすぎねぇか?やばいな #サッカー#ベッカム” (51745)

4-4-2のフォーメーションを採用してきたサッカーイングランド代表において、もっとも最強とされてきたメンバーがワールドカップ日韓大会が開催された2002年のメンバーです。
GKはシーマン、CBにはイングランドの壁、キャンベルとファーディナンド、世界最高の左SBと言われたアシュリーコール、右SBのミルズ、ボランチには世界最高のパサーといわれるスコールズ、バット、右サイドにはフリーキッカーのベッカム、左サイドにはシンクレア、2トップにはヘスキーとワンダーボーイのオーウェンというメンバーを要し、4-4-2システムでサッカーワールドカップ日韓大会では優勝候補とされました。

W杯ロシア大会欧州予選でのイングランド代表のフォーメーション

@kenthecasual on Instagram: “今日の深夜キックオフ💥 負ける理由がない‥ イングランドの勇士達 クロアチアのゴールネットを 撃ち抜け!!🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 #england  #englandnationalteam…” (51738)

ワールドカップロシア大会欧州予選におけるイングランド代表のフォーメーションは、伝統の4-4-2または4-5-1で挑みました。
4-5-1のフォーメーションは、ワントップの選手にセンターフォワードとしての資質十分なケインを残し、トップ下の選手に若いアリを起用して中盤を厚くする布陣を敷くことで、基本的に4-4-2のフォーメーションと同様にサイドアタックを中心に攻撃を仕掛け、2トップの1枚の選手を中盤に下げることで中盤でのプレッシングを強化し、ショートカウンターにつなげることに成功しました。ケインの成長とアリをトップ下で起用することでより安全にゲームをすすめることが可能になったわけです。

ワールドカップロシア大会におけるイングランド代表の奇策

tomomi saito on Instagram: “ロシアW杯⚽  イングランドは、新たな武器で堅守スウェーデンを打ち破った❗ 前半30分のCKで密集地からほぼフリーとなったDFマグワイアが頭で先制弾👍CKからの得点は、今大会4点目で、チーム11点のうち8点がセットプレー(CK4、PK3、FK1)⚽…” (51739)

4-4-2、4-5-1というフォーメーションで厳しい欧州予選を勝ち抜いたイングランドでしたが、本戦で採用したフォーメーションは全く別のフォーメーションでした。
他のチームからしてみればまさにイングランドの奇策ともいうべく、基本的には3-5-2のフォーメーションですが、厳密には3-3-2-2というシステムを採用し、若手メンバーを中心に、出場国内ではベルギーしか採用していない3バックを思い切って採用してきました。

イングランドの採用したフォーメーション3-3-2-2とは

3-3-2-2システムは、3バックのシステムの中でもフィールド全体に均等に選手を配置したフォーメーションで、3バックの前列に3枚のMFが並び、両サイドのMFがWBの役目を担い、前線の2列の4人が中心となって攻撃を組み立てるシステムです。
オフェンスでは2列目オフェンシブハーフ2人のセンターアタックとWBの2人によるサイドアタックが有効に機能し、オフェンシブハーフがFWを追い越す動きを見せたり、ミドルシュートを狙う多彩な攻撃ができます。
ディフェンスではWBとディフェンシブハーフによるプレス、オフェンシブハーフのプレスが有効に機能します。

イングランド代表が3-3-2-2を採用するメリット

イングランド代表が毎年問われるのが、伝統を守るのか、最先端のサッカーを目指すのか、という点です。
どうしても最終的には伝統を守る形で4-4-2のフォーメーションを採用し、堅守からサイドアタックを仕掛けるシステムを採用し続けてきましたが、イングランド代表としてなかなか結果に結びつかない日々が続きました。
そこでワールドカップロシア大会では大方の4-4-2という予想を覆し、3-3-2-2という変則的システムを採用し、対戦国を完全にかく乱することに成功したわけです。特に一発勝負の舞台では慣れない相手にとっては有効な戦術で、この奇策がメリットとなり、イングランド代表はベスト4という好成績を収めることに成功しました。

3-3-2-2システムの崩し方

3-3-2-2システムのポイントはWBの選手に求められる豊富な運動量です。WBの選手にはオフェンス時にはサイドを突破して攻撃の起点となることが求められ、ディフェンス時にはサイドのスペースを突かれることを防ぐ重要な役割を担います。
そのため90分を通してアップダウンを繰り返す運動量が求められます。そこで、イングランド代表の3-3-2-2システムを崩すにはイングランド代表のWBの選手を走らせ、攻め上がった状態でボールを奪い、空いたサイドを突くカウンターを仕掛けるのが有効です。後ろの3バックがサイドをカバーしたらバイタルエリア中央にスペースが生まれるのでサイドと中央をうまく突くことで崩すことができます。

イングランド代表のフォーメーション①

グループG:イングランド代表VSチュニジア代表

 (51734)

サッカーワールドカップロシア大会グループGでチュニジア代表と対戦したイングランド代表は、3-3-2-2のフォーメーションで挑みました。
メンバーは、GKにピックフォード、DFが右からウォーカー、ストーンズ、マグァイア、右WBにトリッピアー、中央にヘンダーソン、左WBにヤング、オフェンシブハーフが右からリンガード、左にアリ、FWが左にスターリング、右にケインという布陣です。
この試合、イングランドの思惑通りに60%という高いボール支配率で試合を支配し、さらにチュニジアのパス成功数352に対し531と圧倒的なパス数で中盤を厚くした効果が表れています。

イングランド代表のフォーメーション②

グループG:イングランド代表VSパナマ代表

 (51735)

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9