2019年9月24日 更新

バレーボールのサーブの打ち方のコツ!種類と合わせて徹底解説

バレーボールはサーブに始まり、サーブに終わると言っても過言ではありません。相手コートに確実に入れるのは基本。いかにしてレシーブからスパイクまでの流れを崩せるサーブを打てるかが、上級バレーボーラーとなる境目となります。ここではとにかく確実に「入れる」ための基本的なサーブの種類、そして相手の攻撃を崩す上級向けサーブの種類と打ち方を解説します。

  
424 view お気に入り 0

バレーボールのサーブの種類

サーブの種類①アンダーハンドサーブ

体育の授業などでまず習うサーブといえば、アンダーハンドサーブになるでしょう。部活などで上級を目指している選手などが使うことは、ほとんどないと言えます。そのくらい、初歩の初歩。ただ確実に相手コートに入れることだけを目的としたサーブになります。

サーブの種類②オーバーハンドサーブ

アンダーハンドサーブと立ち位置は同じですが、トスをあげて頭上で打つ、という点でサーブに威力が生まれ、一時期はよく使われたサーブになります。注意点などは下記に詳しく述べますが、サーブに変化をつけたりすることができるので、難易度も高くなりますが、戦力も高くなります。

サーブの種類③フローターサーブ

エンドラインに対して正面に立ち、手のひらでインパクトするサーブになります。練習を積めば、手のひらの打点などを自分なりの打ち方にして、思い通りの変化をつけたり、威力を調整したり、コントロールを高めたりと、自在に打つことができるようになります。現在もっとも一般的に使われているサーブと言えるかもしれません。

サーブの種類④ジャンプサーブ

プロのゲームなどの観戦が好きな方にとっては、もっとも馴染みの深いサーブになるかもしれません。スパイクを打つようにトスを前面にあげて、エンドラインぎりぎりでジャンプを踏み切り、高い位置で打ち込みます。サーブの中で、もっとも威力のあると同時に、もっとも難易度の高いサーブと言えるでしょう。

アンダーハンドサーブの打ち方

アンダーハンドサーブのメリットとデメリット

アンダーハンドサーブのメリットといえるのは、とにかく確実に入れられることでしょう。どうしても失点が許されない場合など、サーブで得点することよりも、失点しないことを優先する場合に用いられるべきサーブです。デメリットは、とにかく威力がないこと。このサーブで得点できることはまずないでしょう。

アンダーハンドサーブの初心者の注意点

ところが、体育の授業などでまずこのサーブを習うと、意外と入れることができない人が多いことに気づきます。

手のひらを握った状態で打つため、打点を誤って思いがけぬ方向に飛んで行ってしまったり、打点が高すぎて前に飛ばず、相手コートまで届かなかったりすることがあるようです。このサーブを習ったら、まず打点をしっかり抑えて、確実に入れられるようになることだけを考えましょう。

アンダーハンドサーブの打ち方と練習方法

下の動画で説明しているように、アンダーハンドサーブは正しいフォームで膝を使って、体の力をうまくボールに伝えて打つことが大切です。上で触れたように、ボールは握った手で打つので、打点が重要になります。

しっかりと正確に、相手コートに入れるためだけに打ちましょう。練習方法としては、とにかくフォームを覚えて、数を打つことです。慣れてくると、自分の意図通りの位置にボールを落とすこともできるようになります。

初心者のためのバレーボール上達講座![アンダーハンドサーブ編]

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの初心者の注意点

サイドハンドサーブを初めて習った際に間違えやすい打ち方は、肩と腕の力だけで力一杯打とうとしてしまうことです。これでは安定したサーブにはなりません。全身を使って、特に腰をうまく使って、正しいフォームで、正確に打つことを心がけましょう。

サイドハンドサーブの打ち方と練習方法

どんなサーブにも言えることかもしれませんが、サイドハンドサーブにおいても、最初のトスが重要になります。高すぎず、低すぎず、打ちやすいトスを上げられることを、まず練習しましょう。

その上で、正しいフォームとして膝、腰をうまく使った打ち方を覚えましょう。最初は壁に向かって、常に狙った位置にボールが当たるように練習するのもいいかもしれません。全身を使わないと威力の乗ったサーブになりませんので、慣れてきたらコートで練習してみましょう。

バレーボール サイドハンドサーブの打ち方とコツ

オーバーハンドサーブの打ち方

80 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブの違いとは?特徴をしっかり理解しよう!

ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブの違いとは?特徴をしっかり理解しよう!

ツイスト、キック、スピンサーブは、硬式テニスのセカンドサーブとしてよく用いられます。それぞれのサーブで打ち方や回転、弾み方などが違うため、シーンに応じた使い分けが重要です。ツイスト、キック、スピンサーブの違いと特徴を解説していきます。
Act | 5,896 view
フローターサーブの打ち方とコツとは?【バレーボール初心者ガイド】

フローターサーブの打ち方とコツとは?【バレーボール初心者ガイド】

チームプレーであるバレーボールの中で、唯一の個人技がサーブです。ここではフローターサーブ徹底解説と、上手く打てるようになるコツや練習法をご紹介します。サーブは得点に関わる重要なプレーですのでしっかりとフローターサーブを習得しましょう。
まる蔵 | 15,645 view
テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブで悩む方は意外にも多いです。サーブを得意にしたいという方のために、テニスのサーブで悩みが多いポイントを5つに分けて、それぞれのコツと練習方法をお伝えしていきます。テニスのサーブのコツを知って練習し、脱初心者を目指しましょう。
SKコーチ | 6,337 view
フラットサーブの打ち方!キレのある速いサーブを打つコツとは?

フラットサーブの打ち方!キレのある速いサーブを打つコツとは?

テニスの試合でサーブは重要な役割となります。数あるサーブの中でも攻撃力に長けた速いフラットサーブは、テニスをプレーする方の憧れのサーブです。今回は、テニスの試合を優位にする速いフラットサーブの打ち方のコツを解説していきます。
SKコーチ | 6,572 view
ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブはテニスのサーブの中でも、ネットミスが少なく相手がリターンしにくい特徴を持つ、とても優れたサーブです。打ち方が特殊なサーブですが、コツを押さえて練習すれば誰でも習得できます。基本を学んでテニスにおけるツイストサーブの打ち方をマスターしましょう。
木人 | 22,223 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01