2019年9月24日 更新

バレーボールのサーブの打ち方のコツ!種類と合わせて徹底解説

バレーボールはサーブに始まり、サーブに終わると言っても過言ではありません。相手コートに確実に入れるのは基本。いかにしてレシーブからスパイクまでの流れを崩せるサーブを打てるかが、上級バレーボーラーとなる境目となります。ここではとにかく確実に「入れる」ための基本的なサーブの種類、そして相手の攻撃を崩す上級向けサーブの種類と打ち方を解説します。

  
424 view お気に入り 0

ジャンプフローターサーブの初心者の注意点

ジャンプフローターサーブを打つ際の初心者が陥りやすいミスは、トスをあげる位置による助走の付け方です。助走は一歩でも二歩でも自分に合った助走を身につければ良いのですが、ポイントは通常のフローターサーブよりも高い打点で強く鋭いサーブが打てるようになることですので、トスの位置は重要です。

ここにおいても、繰り返し繰り返し練習する以外に身につける方法はありません。自分に合った助走距離と、それに応じたトスの上げ方を、練習から見つけていきましょう。

ジャンプフローターサーブの打ち方と練習のコツ(打点)

先に述べたように、ジャンプフローターサーブは高い打点からの力強いサーブが特徴です。トスは自分の身につけた距離分だけ前に上げ、それに応じた助走でジャンプして打点を身につけます。

この助走・トス・打点の3つが揃わなければ、威力のあるサーブにはなりませんので、はじめのうちは壁に向かって、もしくは鏡に向かって自分の姿を見ながら、上の3つを意識してフォームを身につけましょう。

ジャンプフローターサーブの打ち方と練習のコツ(スナップ)

ジャンプフローターサーブのフォームを身につけたら、最後に意識するのはスナップです。手首を号変化させると、ボールにどのような変化が起こるのかを知りましょう。プロがよく使うのは、やはり無回転サーブかもしれません。

レシーバーを惑わすには、変化に予測がつかない無回転サーブは効果的です。また、エンドラインを狙うことで、インなのかアウトなのかを迷わせるサーブを打つことも、敵陣を崩す最初の攻撃として有効です。

バレーボール ジャンプフローターサーブの助走と打ち方

ランニングジャンプフローターサーブの打ち方

ランニングジャンプフローターサーブの初心者の注意点

斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブよりも助走距離を長くとり、片足で踏み切って打つのがランニングジャンプフローターサーブです。長い場合はエンドラインの端から端まで助走して打つこともあります。

十分に体重の乗ったスイングで、ボールにスピードをつけないとジャンプしてサーブを打つ意味がありません。そのためにはトスの役割が重要になります。ジャンプ中はバランス調整ができないので、ジャンプフローターサーブの精度を高めるには、最も体重を乗せたスイングができるよう、初心者はまず自分にあったジャンプトスのタイミングを見つけることが不可欠です。

ランニングジャンプフローターサーブの打ち方と練習のコツ(打点)

サーブは、自分のタイミングで敵陣と「かけひき」ができる最初の攻撃です。いいサーブを打つために、打つ前にしっかり相手コートを観察してみましょう。

ランニングジャンプフローターサーブの打ち方の流れをまとめてみます。
1)相手コートをよく見て構える。
2)ジャンプとのタイミングを測ってスタートを切る。
3)徐々にスピードを上げていく。
4)左足の踏み込みに合わせて、ボールを持った腕を上げ始める。
5)左足で踏み切りながら、ボールを低めに上げる。
6)体幹を傾けずに上体をひねっていく。
7)最も体重が乗る、右肩の斜め前方でボールをミートする。

ランニングする理由も、ジャンプする理由も、全ては体重の乗った力強いサーブを打つためです。そのためにはしっかりとまず打点を身につけなければなりません。ブレがなく、軸にしっかりと乗った助走とジャンプで、しっかりとボールをミートさせましょう。
ランニングジャンプフローターサーブの助走

ランニングジャンプフローターサーブの助走

ランニングジャンプフローターサーブの打ち方と練習のコツ(スナップ)

ここでも、最後のポイントとなるのは手首のスナップの使い方です。ことランニングジャンプフローターサーブにおいては、右利きの場合、外側から内側に巻き込むようにして打ち込みますので、手首もその流れで巻き込むようにしてスナップをかけると、勢いのある鋭いサーブが打てます。無回転サーブはこれまでも有効的と言ってきましたが、ランニングジャンプフローターサーブにおいては、むしろスナップを効かせた鋭いサーブの方が効果的かもしれません。

ジャンプサーブの打ち方

柳田将洋のジャンプサーブ!

柳田将洋のジャンプサーブ!

ジャンプサーブの初心者の注意点

強いスパイクを打てる人は、ジャンプサーブにチャレンジしてみましょう。ジャンプサーブは、スパイクと同じフォームから打ち込むサーブです。高い打点から強いボールを打つことができるため、サーブポイントを奪いやすくなります。

一方で、ポイントを狙いにいくほど、フローターやジャンプフローターに比べてミスをする可能性も高くなりますので、初心者は奢ることなく、基本フォームの練習から始めましょう。

ジャンプサーブの打ち方と練習のコツ(打点)

ジャンプサーブはまず、自分の打ち方やトスの高さ助走、ジャンプのタイミングを見つけ、しっかりとした打点を得るためにも、安定したトスを上げられうようになることが先決です。トスの上げ方にもいろいろな形があり、高いトスを上げるか、低いトスを上げるかの2パターンと、助走をする前にトスを上げるか、助走しながらトスを上げるか2パターンがあります。最初は、低いトスが安定してトスを上げることができるので、低いトスを上げ、トスを上げてから助走に入り打つパターンのやりかたの方がジャンプサーブが打ちやすいと思います。

ジャンプサーブの持ち味は、スピードとパワーにあります、相手に反応の余裕を与えず、一瞬のうちにコートにボールが突き刺さる事が理想です。そのためには高い打点から、ネットすれすれに全力で打ち込むことが大切です。ボール自体にあまり変化がおきないので、中途半端な打ち方で緩く弱いジャンプサーブになると簡単にレシーブされる確率が高くなります。

失敗を恐れずに、フルパワーで腕を振り抜けるように、繰り返しジャンプサーブを練習しましょう。

ジャンプサーブの打ち方と練習のコツ(スナップ)

ジャンプサープではエンドライン手前で踏み切り、前へ流れるように跳ぶことが大切です。これでボールを打つ力が強くなりますが、力まかせに打つとボールが飛びすぎてアウトになってしまうので、スナップでボールにしっかりドライブ回転をかける必要があります。

強いスナップでドライブ回転がかかったボールはネットを越えてから早く落下し、コート内へコントロールできます。ドライブ回転をつけるコツは、手首から上を巻きつけるように使ってボールの上半分を打つことです。

【番外編】UFOサーブの打ち方

UFOサーブの初心者の注意点

80 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブの違いとは?特徴をしっかり理解しよう!

ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブの違いとは?特徴をしっかり理解しよう!

ツイスト、キック、スピンサーブは、硬式テニスのセカンドサーブとしてよく用いられます。それぞれのサーブで打ち方や回転、弾み方などが違うため、シーンに応じた使い分けが重要です。ツイスト、キック、スピンサーブの違いと特徴を解説していきます。
Act | 5,897 view
フローターサーブの打ち方とコツとは?【バレーボール初心者ガイド】

フローターサーブの打ち方とコツとは?【バレーボール初心者ガイド】

チームプレーであるバレーボールの中で、唯一の個人技がサーブです。ここではフローターサーブ徹底解説と、上手く打てるようになるコツや練習法をご紹介します。サーブは得点に関わる重要なプレーですのでしっかりとフローターサーブを習得しましょう。
まる蔵 | 15,645 view
テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブで悩む方は意外にも多いです。サーブを得意にしたいという方のために、テニスのサーブで悩みが多いポイントを5つに分けて、それぞれのコツと練習方法をお伝えしていきます。テニスのサーブのコツを知って練習し、脱初心者を目指しましょう。
SKコーチ | 6,342 view
フラットサーブの打ち方!キレのある速いサーブを打つコツとは?

フラットサーブの打ち方!キレのある速いサーブを打つコツとは?

テニスの試合でサーブは重要な役割となります。数あるサーブの中でも攻撃力に長けた速いフラットサーブは、テニスをプレーする方の憧れのサーブです。今回は、テニスの試合を優位にする速いフラットサーブの打ち方のコツを解説していきます。
SKコーチ | 6,572 view
ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブはテニスのサーブの中でも、ネットミスが少なく相手がリターンしにくい特徴を持つ、とても優れたサーブです。打ち方が特殊なサーブですが、コツを押さえて練習すれば誰でも習得できます。基本を学んでテニスにおけるツイストサーブの打ち方をマスターしましょう。
木人 | 22,223 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01