2019年9月24日 更新

バレーボールのサーブの打ち方のコツ!種類と合わせて徹底解説

バレーボールはサーブに始まり、サーブに終わると言っても過言ではありません。相手コートに確実に入れるのは基本。いかにしてレシーブからスパイクまでの流れを崩せるサーブを打てるかが、上級バレーボーラーとなる境目となります。ここではとにかく確実に「入れる」ための基本的なサーブの種類、そして相手の攻撃を崩す上級向けサーブの種類と打ち方を解説します。

  
459 view お気に入り 0
UFOサーブと呼ばれるサーブは、フローターサーブを打つ際に横回転のスナップをかけて打つサーブです。横に流れるように相手コートに入り、普通にレシーブしてもボールがそのまま横に流れてしまうことで、相手の布陣を崩せるのがポイントです。

初心者においては、まずフローターサーブを身につけてからのことであるのはもちろんですが、鋭いスナップをかけられるように、手首の力もしっかりと鍛えましょう。力が乗らないと、ただのフローターサーブになってしまうので意味がないどころか、ネットに引っかかってしまう可能性が高まります。しっかりとしたトレーニングがまず必要になるサーブと言えるでしょう。

UFOサーブの打ち方と練習のコツ(スナップ)

UFOサーブにおいては、何よりも正しいフォームからの鋭いスナップが必要と述べましたとおり、それがすべてと言っても過言ではないでしょう。

目的はレシーブしにくいサーブにすることですから、スナップの力が強ければ強いほど効果は上がります。このサーブにおいても、まずは確実に入れて失点しないように、繰り返しの練習が重要になってきます。この亜流と言えるサーブを隠し球に持っておけば、サービス王の座に一歩近づくとも言えるでしょう。

バレーボールのサーブの遍歴と今後

かつて、サーブは決められた「サービスゾーン」からしか打たせてもらえませんでした。それがいまではエンドライン手前ならどこからでも打つことができるようになりました。相手にどこを狙っているかわからなくさせるために、コート中央から打つのが一般的ですが、ランニングジャンプフローターサーブなどが可能になったのも、サービスエリア制の撤廃が要因といえるでしょう。

今後、ますますサーブの重要性は増していき、その種類も開発され、増えていくでしょう。基礎をしっかり抑えたら、自分独自のサーブを開発してみるのも面白いかもしれません。自由度が増した分、重要性も上がってきていますが、それだけやり甲斐のある攻撃の一つとなっていくでしょう。皆さんの、一層の努力と成果を祈念しております。
80 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブの違いとは?特徴をしっかり理解しよう!

ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブの違いとは?特徴をしっかり理解しよう!

ツイスト、キック、スピンサーブは、硬式テニスのセカンドサーブとしてよく用いられます。それぞれのサーブで打ち方や回転、弾み方などが違うため、シーンに応じた使い分けが重要です。ツイスト、キック、スピンサーブの違いと特徴を解説していきます。
Act | 6,067 view
フローターサーブの打ち方とコツとは?【バレーボール初心者ガイド】

フローターサーブの打ち方とコツとは?【バレーボール初心者ガイド】

チームプレーであるバレーボールの中で、唯一の個人技がサーブです。ここではフローターサーブ徹底解説と、上手く打てるようになるコツや練習法をご紹介します。サーブは得点に関わる重要なプレーですのでしっかりとフローターサーブを習得しましょう。
まる蔵 | 15,879 view
テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブで悩む方は意外にも多いです。サーブを得意にしたいという方のために、テニスのサーブで悩みが多いポイントを5つに分けて、それぞれのコツと練習方法をお伝えしていきます。テニスのサーブのコツを知って練習し、脱初心者を目指しましょう。
SKコーチ | 6,462 view
フラットサーブの打ち方!キレのある速いサーブを打つコツとは?

フラットサーブの打ち方!キレのある速いサーブを打つコツとは?

テニスの試合でサーブは重要な役割となります。数あるサーブの中でも攻撃力に長けた速いフラットサーブは、テニスをプレーする方の憧れのサーブです。今回は、テニスの試合を優位にする速いフラットサーブの打ち方のコツを解説していきます。
SKコーチ | 6,638 view
ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブはテニスのサーブの中でも、ネットミスが少なく相手がリターンしにくい特徴を持つ、とても優れたサーブです。打ち方が特殊なサーブですが、コツを押さえて練習すれば誰でも習得できます。基本を学んでテニスにおけるツイストサーブの打ち方をマスターしましょう。
木人 | 22,396 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01