2018年5月21日 更新

水泳の飛び込みのコツ!基本レベルをUPする練習方法5選

水泳の大会では飛び込みが必要となりますが、その練習方法やコツにはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では、初心者から上級者まで様々な方が基本レベルをアップできるよう、水泳の飛び込みにおける基本フォームやルール、練習方法、コツなどを詳しく紹介しています。

28,734 view お気に入り 0

水泳における「飛び込み」

Club Deportivo VelodromoさんはInstagramを利用しています:「Angulo Perfecto en la salida con @eliezer_contreras199  #swimming #natacion #somosnadadores #swimmingstart #swimmingpool…」 (35772)

水泳競技(競泳)では、スタート時に飛び込み台から水中に飛び込む動作が必要です。 また水泳において、この飛び込みの上手下手によって、タイムにも差が出てきます。 しかし、水泳の飛び込みは、その練習方法があまり知られていません。
そこで、水泳(競泳)における「飛び込み」に着目し、その練習方法やコツ、注意点を紹介しています。

水泳の飛び込み台

Sport RaitさんはInstagramを利用しています:「●ATHLETES’ COREhttp://sportrait-web.com/player.php?cid=73#SPORTRAIT#アスリート#パラスポーツ#スポーツ#水泳#スタート台」 (35778)

水泳の飛び込みは、プールの端に設置された飛び込み台(スタート台)を使用して行われます。 水泳の飛び込み台には、簡素なものから本格的なものまで様々な種類があります。 公式の水泳大会では本格的なものが使われますが、市民プール等では簡素なものしかない、または飛び込み台を設置していないプールも多くあります。

水泳の飛び込み台は、足をかけやすいように四角いものが一般的で、背泳ぎのスタート用に低い位置に掴める凹みやパイプ・棒がついています。2010年からの国際大会では、水泳の飛び込み台にも陸上のクラウチングスタートのように足をかけられるバックプレートというものがつくようになりました。日本の主要な水泳大会でもすぐに導入され、各地の大会・プールでもバックプレート付きの飛び込み台が使用されるようになってきています。

水泳における飛び込みの種類と基本フォーム・ルール

水泳の飛び込みにはいくつか種類があります。 台を使って飛び込むというのは同じですが、泳ぎ方(泳法)によって飛び込みの種類も変わります。 ここでは水泳の主要な4種目における泳ぎ方別の飛び込みの種類と、水泳の飛び込みにおける基本のフォーム、そして飛び込みに関するルールを紹介します。

泳ぎ方別といっても、バタフライ・平泳ぎ・クロールの飛び込み方法は基本的に同じです。 両足を揃えるフォームと片足を後ろに引くフォームがありますが、水泳初心者の場合は両足の方が綺麗に飛び込みやすいためおすすめです。
背泳ぎ(メドレーリレー含む)のみ、他の種目と違い1度水中に入ってから飛び込みます。

いずれの飛び込み方でも、「用意(Take your marks.)」の合図で構えてからスタートの合図が鳴るまでは静止していなければなりません。 また、飛び込み後の潜水は15mまでと定められています。

両足を揃える飛び込み方法

スタート(両足とび)

水泳の飛び込みでは、笛が短く4回、長く1回鳴ったら飛び込み台に上がり、スタートの準備をします。
台に上がったら、両足フォームの場合、両足の指を飛び込み台の前にかけます。
「用意」の合図で台を掴み、少し肘を曲げて前のめりになった状態で静止します。
そして、スタートの合図が鳴ったら手を抵抗の少ないけのびに近い形にして、足を揃えて飛び込みます。

片足を引く飛び込み方法

SwimWaveさんはInstagramを利用しています:「😎💪🏊 ---------- #SwimWave #Swim #Swimming #Sport #Start #SwimmingStart #SwimmingPool #Swimmers #Swimmer #Beautiful #Girl #Girls #Boy #Boys…」 (35770)

飛び込み台の規格が変わってからは、以前に増して片足を引くフォームが主流であるということができます。

後ろの足でプレートを蹴ることができるうえ、反動をつかって飛び込むことができるため、水泳上級者であればこちらのフォームをおすすめします。

片足フォームの場合、笛が鳴って台に上がったら前足の指を台にかけ、後ろの足はブロックに軽くおいて準備します。
「用意」の合図で台を掴んで少し身体を後ろに引き、スタートの合図で反動を利用して飛び込みます。
その際空中で手と足を大まかに揃えます。

慣れるまでは足を揃える段階で体勢が崩れて身体が斜めに傾いたままの飛び込みになってしまうこともありますが、練習を重ねれば両足を揃えるフォームよりも速く勢いのある飛び込みが可能になります。

背泳ぎの飛び込み方法

Karen YeomansさんはInstagramを利用しています:「Some Bermuda Sharks action ⭐️ backstroke starts ⭐️ #swimming #action #watersports #bermuda #sharks #backstroke #swimmingstart #swimclub」 (35777)

背泳ぎの飛び込みの場合、飛び込み台の上からではなく、1度プールに入ってからスタートします。 背泳ぎの場合は笛が短く4回、長く1回鳴ったらプールの中に入ります。 もう1度長い笛が鳴ったら、飛び込み台の所定の位置を掴み、壁に足をつけます。

「用意」の合図で肘を曲げて身体を壁に寄せるように引き上げ、スタートの合図で手を万歳するような形で挙げて、壁を蹴ります。 身体を反らせるようにして飛び込むため、背泳ぎの飛び込みには少しコツがいります。

水泳の飛び込み練習方法①練習場所の確保

eSWIM.CZさんはInstagramを利用しています:「#swim #swimwear #swimmingpool #swimmer #swimmingstart #swimmingstar #letswim  #swimming #eswim #beforestart #letsgo #iloveswim…」 (35776)

ここからは、水泳の飛び込みを練習する方法を紹介していきます。水泳の飛び込み練習は、当然ながら飛び込み台が設置されている(台がなくとも飛び込みを行う)場所の近くに人がいる状態で行ってはいけません。 また、市民プール等では飛び込みが禁止されていることも多いため、飛び込み練習を行う際は必ず飛び込みが可能なプールで、壁から10m以内に人のいないレーンで行う必要があります。

更に、水泳・飛び込み初心者の場合、入水時下を向きすぎて深く潜ってしまうことがあるため、初めのうちは深いプールで練習を行うようにしましょう。 水泳大会などの場合、一定時間飛び込み練習を行えることが多いため、大会前に練習ができなくても最悪当日に行うことができますので、安心してください。(全ての水泳大会で行われる訳ではありません。)

水泳の飛び込み練習方法②イルカ跳び(初心者向け練習)

水泳の練習方法_イルカ飛び

水泳初心者の場合は、いきなり飛び込み台からの飛び込み練習を行うのは危険なので、まずは水中でイルカ跳び(イルカ飛び、ドルフィンジャンプ)という練習を行うと、水泳の飛び込みの感覚を掴むことができます。 イルカ跳びのやり方は、まず浅め(水深1m程度)のプールの底、または水中にある台の上に立ちます。 膝を軽く曲げて、手を上に挙げながら斜め上に向かって、アーチを描くようにして跳びます。

イルカ跳びはバタフライや平泳ぎの練習として行われることが多い水泳の練習方法ですが、飛び込みの練習としても有効で、水面に向かって飛ぶことに慣れ、恐怖心や不安をある程度取り除くことができます。 また、入水する時の感覚やコツ、どのような角度で飛び込めば抵抗が少ないのかといったことを、安全に学ぶことができます。

水泳の飛び込み練習方法③形を作ってから飛び込み

MiDoNeGmさんはInstagramを利用しています:「Swimming in April #pool #jumping #swimmingpool #swimmingstart」 (35775)

61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T | 772 view
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
hoedama1 | 1,555 view
バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習は、自宅でボールを使ってのパス練習や、基礎体力作りのための体幹トレーニングがおすすめです。バレーボール初心者は、ボールに慣れるために、家で1人でボールを使った練習をすることで、上達が早くなります。さらに家や自宅では、バレーボールで必要な筋力トレーニングを行いましょう。
まる蔵 | 5,362 view
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
KAERUNABE | 1,418 view
卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する練習方法は、左右のフットワーク(1本1本)、切り替えし(2本2本)、ファルケンベリフットワーク、ミドルとフォア・バックの切り替えし、前後のフットワークの5つになります。卓球のフットワーク練習で意識する7つのコツを紹介します。
KAERUNABE | 545 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Spicatz Spicatz
amazon