2019年12月27日 更新

クロダイ(チヌ)をルアーで釣る方法【ゼロからはじめる初心者ガイド】

近場の河口や防波堤などで、大型のクロダイ(チヌ)をルアーで釣る方法を詳しく紹介します。ルアー釣りの経験ない初心者の方が釣り場・釣り方を知って、必要なタックルなど大事なことを理解すれば、クロダイを簡単に釣ることができます。クロダイの強い引きを楽しみましょう。

3,381 view お気に入り 0

ジグでボトムをズル引き

クロダイ(チヌ)はボトムをズル引きする釣り方が最適です。使用するルアーはジグで、根掛かりしにくいラバージグがおすすめです。ルアーをキャストして底まで落とし、リールをゆっくり巻きズル引きします。クロダイ(チヌ)がルアーにアタックしやすいように巻いて止めるを繰り返します。簡単なアクションでチニングの基本になります。

バイブレーションで広範囲を探る

づまお on Instagram: “冬に向けてのルアー釣れないけどももちろんジョイクロも持ってくけどもw#バイブレーション#バス釣り#ジョイクロ#なんとか1匹釣りたい” (98224)

バイブレーションは飛距離があり、広範囲を探る釣り方に適しています。ラインを巻くとブルブルと震えるアクションでクロダイ(チヌ)を誘います。キャストして着底後、ズル引きや持ち上げてゆっくり落とすリフト&フォール効果があります。クロダイ用のバイブレーションは根掛しにくい形状やフォールスピードが遅いなどの特徴があります。

ワームで落とし込み

ワームを使用する落とし込みは、簡単にクロダイ(チヌ)をルアーで釣ることができます。ワームはカニやイガイの形状など、いろいろな種類が豊富にあります。岸壁に沿ってワームをゆっくり落とすだけですので、初心者の方も簡単にできる釣り方です。満潮前後が釣果がよく、短時間でクロダイ釣りを楽しむことができます。

ホッパーで浅瀬を攻める

@hss.fishing on Instagram: “HAMANA SECRET#チニング#チヌトップ#トップチヌ#トップウォーター#megabass#水泡” (98221)

ホッパーは水面でクロダイ(チヌ)を誘う釣り方に適したルアーです。ラインを巻くと音や水しぶきが発生します。夏が釣りやすい時期で、水温が高い6~10月に河川や河口などの水深が2mぐらいまでの浅瀬を攻めます。水面のルアーにアタックするクロダイを見ることができますので、ゲーム性の高い釣り方です。

夜釣りで大型を狙う

警戒心が薄れる夜は、大型のクロダイ(チヌ)をルアーで狙うことができます。夜行性のカニやエビなどが生息する浅場にエサを求めて近づく個体は、活性が高いためルアーによく反応します。遠投する必要がなく、ルアーアクションが簡単ですので、大型を狙うなら夜釣りがおすすめです。ルアーアクションは昼に比べてスピードを落とし、ゆっくりで自然な動きでクロダイを誘います。

クロダイ(チヌ)をルアーで釣るためのタックル

@taccha_koma on Instagram: “今週はこれで納竿です;^_^A#ルアーロッド#Graphiteleader” (98231)

クロダイ(チヌ)をルアーで釣るために必要なタックルを紹介します。ルアー釣りの経験があり、ロッドやリールなどを所有している方は、メバリング、シーバスロッドなどが流用できますので、チニング用ルアーを準備してチャレンジしましょう。

ルアー釣りのタックルをこれから用意する方は、必要なものをチェックして予算を決めると選びやすくなります。

ルアーロッドとリール

クロダイを釣るルアーロッドに必要な性能は、アタリがわかりやすい高感度の穂先と強い引きに耐えることができるバットパワーです。長さは7~9ftぐらい、3~10gのルアーが遠投できるロッドが適しています。

リールは使いやすいスピニングリールで高い性能は必要なく、メーカー品の2000~3000番の大きさであれば大丈夫です。

クロダイを釣るためのルアー

たちばな on Instagram: “粘りに粘った一枚小さくてもいいのだ♪(笑)#和歌山 #チニング #シルベラード742ml #ストラディック19 #クレイジーフラッパー” (98237)

クロダイを釣るためのルアーは、種類やカラーが豊富にあります。

チニングを始める初心者の方は、ジグとワームを重量や大きさが異なるサイズを3つ用意するといろいろな釣り場や状況に対応できます。ジグとワームは実績が高く、アクションが簡単なルアーですので、定番のルアーになります。

ランディングネット(タモ・玉網)

クロダイ(チヌ)は、近場の釣り場から40cm以上の大型を釣ることができます。確実に取り込むために、ランディングネットやタモ・玉網を使用します。足場の高い釣り場では必須です。ランガンに対応できるように、コンパクトな小継で3~5mぐらいの長さのランディングネットを準備しましょう。

クロダイ(チヌ)をルアーで釣るためのタックル

ルアーロッド 長さ:7~9ft、硬さ:L,ML,M
リール スピニングリールの2000~3000番
ルアー ジグ、ワーム
ランディングネット 3~5mのコンパクトな小継

初心者におすすめなチニングのロッド

120 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブラックバスをエサ釣りで攻略しよう!おすすめのエサと釣り方とは?

ブラックバスをエサ釣りで攻略しよう!おすすめのエサと釣り方とは?

ルアー釣りの印象が強いブラックバスですが、ミミズやザリガニなどの生きエサを用いての釣り方も人気があります。ルアー釣りよりも比較的簡単に釣ることができるのでバス釣り初心者にもおすすめです。ここではエサ釣りでブラックバスを釣りたいと言う方におすすめの釣り方や仕掛けなどの攻略法を徹底解説していきます。
ベイトフィネスとは?フィネスの意味と釣り方をわかりやすく解説

ベイトフィネスとは?フィネスの意味と釣り方をわかりやすく解説

ベイトフィネスとは、ライトリグを使ったフィネスな釣りをベイトタックルで行う釣り方です。ベイトタックルのパワーや手返しの良さをライトリグでも活かせるためスピニングタックルとは違ったフィネスな釣りを楽しめます。ここではそんなベイトフィネスの意味や釣り方を現役の釣りライターが解説します。
ロックフィッシュの釣り方とは?仕掛けと釣れる魚などを解説

ロックフィッシュの釣り方とは?仕掛けと釣れる魚などを解説

ロックフィッシュは昆布や海藻など、海底の根やテトラポットなどの障害物に潜む魚のことを指し、主に海底や障害物を目掛けて主にワームなどのルアーを投げ込み魚を引きずり出す釣り方です。ロックフィッシュの釣り方とはどういったものなのか解説します。
takagi |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

浦林 義徳 浦林 義徳