2019年12月27日 更新

クロダイ(チヌ)をルアーで釣る方法【ゼロからはじめる初心者ガイド】

近場の河口や防波堤などで、大型のクロダイ(チヌ)をルアーで釣る方法を詳しく紹介します。ルアー釣りの経験ない初心者の方が釣り場・釣り方を知って、必要なタックルなど大事なことを理解すれば、クロダイを簡単に釣ることができます。クロダイの強い引きを楽しみましょう。

3,380 view お気に入り 0
チニング専用のロッドは使用するルアーや釣り方に合わせた性能が搭載され、使いやすいメリットがあります。これからチニングを始める方は、いろいろなルアーや釣り方に対応できる性能に幅がある初心者向けのロッドがおすすめです。好みのルアーや釣り方が決まると、専用ロッドを選びやすくなります。

シマノ:ルアーマチック S86ML(入門用としておすすめ)

チニングのおすすめロッド (98635)

ルアーマチックS86ML
全長 2.59m
自重 145g
ルアー 6~28g
釣り具の総合メーカー、シマノの入門用ルアーロッドのルアーマチックは基本的な性能や耐久性があり、価格が安くコストパフォーマンスが高いロッドです。

ルアーマチックS86MLは、チニングだけでなくシーバス、エギング、タチウオ、トラウトなど幅広いルアーゲームに対応するオールラウンダーのロッドで、これからルアー釣りを始める方におすすめです。

①ダイワ:チニング X 76ML

チニングのおすすめロッド (98634)

チニングX76ML
全長 2.29m
自重 122g
ルアー 4~18g
ダイワのクロダイ専用調子のロッドで、高い操作性とクロダイの引きを楽しむ最適なしなやかさを持ちます。チニングX76MLは、ボトムのズル引きを中心に、あらゆるシチュエーションに対応するオールラウンドロッド。

取り込みにおいて重要なバット部分に、ネジレ防止構造のブレーディングXを搭載してバットパワーが強い特徴があります。

76MLの他に、穂先がやわらかく食いの渋いときに有効な76L、遠投性が高く広いエリアを狙える710MLと3種類のモデルをラインアップ。

メジャークラフト:3代目クロステージ 黒鯛 CRX-S782ML

チニングのおすすめロッド (98636)

クロステージ 黒鯛 CRX-S782ML
全長 2.38m
自重 記載なし
ルアー 2~15g
メジャークラフトの3代目クロステージ黒鯛CRX-S782MLは、ボトムのズル引きに特化したソリッド穂先のモデルです。食い渋るときのついばむようなアタリに、食い込み抜群のソリッド穂先が威力を発揮します。ルアー重量が2~15gに対応、ねじれに強い新製法のマイクロピッチクロスフォースを採用しています。
チューブラーとソリッド
チューブラー穂先はパイプ状の中空構造で、反発力が高く魚のアタリが手元までダイレクトに伝わる特徴があります。食い渋りの小さなアタリでフッキングが難しいことがデメリットです。

ソリッド穂先は中身が詰まった中実構造で、柔軟性と粘りがあり、よく曲がるしなやかさが特徴で、食い渋るときに食い込ませることができます。遠投性が弱く、重いルアーに対応できません。

初心者におすすめなチニングのリール

チニングのリールは基本性能がしっかりしたメーカー品であれば問題なく、高級品である必要はありません。他の釣りにも対応できるスピニングリールにすると、いろいろな釣りを楽しむことができます。ルアー釣りでよく使用する2500番の大きさは、最初のリールに最適です。

シマノ:19 シエナ2500(入門リールにおすすめ)

チニングのおすすめリール (98637)

19 シエナ2500
自重 250g
最大ドラグ力 4.0kg
ギア比 5.0
シマノの19シエナ2500は、キャスト時のライントラブルを防止するAR-Cスプールを搭載してるため、初心者の方もトラブルなく安心して釣りを楽しむことができます。2.5号のナイロンラインが150m付属してあるので、ラインを購入する必要がありません。クロダイのルアー釣りに慣れたら、PEラインに巻き替えるとよいです。

ダイワ:15 レブロス 2506

120 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブラックバスをエサ釣りで攻略しよう!おすすめのエサと釣り方とは?

ブラックバスをエサ釣りで攻略しよう!おすすめのエサと釣り方とは?

ルアー釣りの印象が強いブラックバスですが、ミミズやザリガニなどの生きエサを用いての釣り方も人気があります。ルアー釣りよりも比較的簡単に釣ることができるのでバス釣り初心者にもおすすめです。ここではエサ釣りでブラックバスを釣りたいと言う方におすすめの釣り方や仕掛けなどの攻略法を徹底解説していきます。
ベイトフィネスとは?フィネスの意味と釣り方をわかりやすく解説

ベイトフィネスとは?フィネスの意味と釣り方をわかりやすく解説

ベイトフィネスとは、ライトリグを使ったフィネスな釣りをベイトタックルで行う釣り方です。ベイトタックルのパワーや手返しの良さをライトリグでも活かせるためスピニングタックルとは違ったフィネスな釣りを楽しめます。ここではそんなベイトフィネスの意味や釣り方を現役の釣りライターが解説します。
ロックフィッシュの釣り方とは?仕掛けと釣れる魚などを解説

ロックフィッシュの釣り方とは?仕掛けと釣れる魚などを解説

ロックフィッシュは昆布や海藻など、海底の根やテトラポットなどの障害物に潜む魚のことを指し、主に海底や障害物を目掛けて主にワームなどのルアーを投げ込み魚を引きずり出す釣り方です。ロックフィッシュの釣り方とはどういったものなのか解説します。
takagi |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

浦林 義徳 浦林 義徳