2018年6月18日 更新

コーナーキックの蹴り方とは?得点を導くための戦術を考えよう

コーナーキックはセットプレーと言われるボールをフリーで蹴ることのできるサッカーのチャンスの1つであります。コーナーキックからは得点を取りやすいと言われているのは、キックの精度でゴールを生むチャンスを作ることもできるし、戦術を沢山考えることができるからです。

  
7,528 view お気に入り 0

コーナーキックの蹴り方

サッカーにおけるコーナーキックは得点を奪うためにとても重要な戦術になってきます。
そのコーナーキックの蹴り方は色々なやり方があります。
高いボール、低いボール、早いボールや滞空時間の長いボールなどキックの質を変えていくことで中で合わせる選手の合わせ方も変わってきますし、様々なサインプレーを使うこともできますから、キッカーの蹴り方というのは得点を取るためにとても重要なものになります。
ですから、練習によって戦術に合わせた使い分けができるようにすることが大切です。

ゴールへ向かうボール

Instagram (23924)

サッカーのコーナーキックの蹴り方は色々な方法があります。
まずはゴールに向かっていくボールです。
攻撃しているチームの左からのコーナーキックであれば、右足のインサイドを使ってカーブをかけることでゴールを向かっていくボールを蹴ることができます。
ゴールに向かうボールというのは、キーパーにとられる可能性も高くなりますが、ゴールに向かうボールになりますから、そのまま得点になったり、誰かが反らすだけでもゴールになる可能性のある蹴り方と言えます。

味方に合わせるボール

Instagram (23927)

サッカーでコーナーキックを味方にピンポイントで合わせることのできる蹴り方ができれば非常に大きな得点チャンスとすることができます。
コーナーキックを味方に合わせるには、キックの練習を何回も繰り返すことが大事になります。
キックを狙い通りに蹴るには、練習することが1番ですが、コーナーキックはライン沿いにボールを蹴る必要がありますから、自由にボールを蹴るよりもコントロールを磨く必要があるので、難しくなるのです。
コーナーキックの蹴り方の1つとして、特定の個人を狙うやり方があります。
チーム内でヘディングの強い選手をゴール前に配置させ、その選手を狙ってキックをするやり方です。
ボールの質が良く、コントロールがあれば、ピンポイントでその選手に合わせることができますし、中で競り合う選手が勝てば、得点チャンスは一気に広がるのです。
しかし、相手チームにも誰を狙っているのかが簡単に分かってしまいます。
その時でも、勝てるかどうかがポイントとなるやり方です。

高い軌道のボール

Instagram (23928)

コーナーキックの蹴り方の1つとして、高い軌道のボールを蹴る方法があります。
高い軌道のボールの蹴り方は、ボールの下をすくうように蹴ることです。
サッカーは一つのボールを様々な蹴り方で蹴ることで、質の違ったキックを駆使してゴールを狙うからです。
コーナーキックにおける高い軌道のボールは対空時間が長くなるので、落下地点を予測しやすく、ヘディングの強い選手がいる時には有効なボールとなってきます。
しかし、相手キーパーにとられやすくなるので、ファーに大きく蹴ることが多くなるキックと言えます。

低い軌道のボール

Instagram (23930)

サッカーのコーナーキックの蹴り方として、軌道の低いボールを蹴ることも戦術の上で重要になってきます。軌道の低いボールを使った戦術と言えば、ニアでボールを刷らす形が一般的です。
低いボールを蹴るときには、どうしてもスピードがでるものですから、ニアに早いボールを入れて、軌道を変えて狙うか、軌道を変えることで、相手の目線をずらしてファーにいる選手にゴールを取らせる方法が考えられます。
低い軌道のボールを蹴るには、シュートの要領で蹴ることができれば、しっかりとしたボールを蹴ることができます。

速いボール

コーナーキックの戦術の1つとして早い軌道のボールを蹴れることは大切ですが、ライン際でキックをするコーナーキックでは技術を必要とします。
早いボールを蹴るには、シュートのような蹴り方が重要です。
インステップキックで、味方の頭を直接狙うようなボールを蹴れば、早いボールを蹴ることができます。
このような早いボールであれば、一瞬の駆け引きで勝つことができれば、見方が相手ディフェンスに競り勝ってゴールを奪うチャンスも出てくるのです。

遅いボール

Instagram (23976)

滞空時間が長めのゆっくりとしたボールを入れるのもコーナーキックでは1つの戦術的な蹴り方となります。
サッカーでは、いつも決まった事ばかりしていては、相手選手も対応が簡単になってきます。
そこで、コーナーキックでは、色々な蹴り方をすることで変化を持たすことが大事になるのです。
その一つとして、遅いボールを蹴ることもポイントの一つになります。
遅いボールは、相手もリズムを取りやすいものですが、上手く織り交ぜることで、次の早いボールが活きてきたりもするのです。

サインプレー

【公式】Pick upプレー動画:CKのサインプレーから井上 裕大(町田)がボレーシュートを放つもポストに直撃!

コーナーキックの蹴り方には、キッカーの技術もありますが、サインプレーとして、チームメイトとやり方を決める方法もあります。
サッカーには、オフサイドというルールがあって待ち伏せをすることは禁止となります。
しかし、コーナーキックは、ゴールライン上からボールを蹴りますから、後ろに戻すことになります。
マイナスに出るボールに対してはオフサイドは採用されませんから、それをうまく利用して色々なサインプレーを考えることもチーム戦術の一つになるのです。

得点をとるための戦術的コーナーキック

サッカーにおけるコーナーキックは、様々な戦術を使うことができます。
戦術を考えるときのコツは、相手の考えもつかないことをすること。
また、相手が読むことができない戦術を考えることです。
そういったコーナーキックを考えるコツは、他のスポーツを見たり、行ったり、また違う分野の話を聞いたりすることで、新しい発想を持つことができるようになります。
他のチームや見たことのある戦術を真似ることも大事ですが、だれも見たことのないような戦術を考えることができれば、よりゴールの確立は上がってきます。
59 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

UCLAカットとは?バスケの戦術についてわかりやすく解説!

UCLAカットとは?バスケの戦術についてわかりやすく解説!

バスケットボールにはいくつかのオフェンスフォーメーションがあり、その中でも最もポピュラーで、様々な戦術の基礎となりえるフォーメーションがUCLAカットと言われています。今回はそんなNBAでも使われているUCLAカットについてわかりやすく解説していきます。
masamiohdaira9 | 18 view
ファーストディフェンダーとは?サッカーで意味する守備の重要性

ファーストディフェンダーとは?サッカーで意味する守備の重要性

サッカーにおけるファーストディフェンダーとは、ボールに対して最初にアプローチに行く守備の選手のことを意味します。そのファーストディフェンダーには基本原則やチームの守備戦術によって役割が変わり、その知識を持った上プレーすることが求められます。
nosedori | 49 view
オーバーラップの意味と動き方とは?【サッカー戦術ガイド】

オーバーラップの意味と動き方とは?【サッカー戦術ガイド】

サッカーのオーバーラップとは、ボールを保持しているプレイヤーを後ろの選手が追い越して行く動きを意味し、サイドバックの選手が主に行います。オーバーラップには動くタイミング、場所や味方選手のポジショニングなど様々な戦術的要素が影響し、試合で使うにはチーム戦術としての練習が必要です。
nosedori | 466 view
ダイナモサッカーの意味とは?チームを支える重要な役割

ダイナモサッカーの意味とは?チームを支える重要な役割

サッカー選手を「ファンタジスタ」や「司令塔」、という言葉で称する中で、「ダイナモ」と称される選手がいます。いったいこの「ダイナモ」とはどのような意味なのでしょうか?ここでは「ダイナモ」について、その意味やチームを支える重要な役割について徹底解説します。
masamiohdaira9 | 2,817 view
サッカーのビルドアップとは?意味や戦術的な考え方を詳しく解説!

サッカーのビルドアップとは?意味や戦術的な考え方を詳しく解説!

現代サッカーにおいて非常に重要視されているビルドアップですが、サッカー用語として定着しています。ここではサッカーでのビルドアップとはどのようなもので、どんな意味があり、どうして重要視されるプレーなのかを解説していきたいと思います。
CAS | 3,894 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000