2018年8月13日 更新

ダーツのルール!基本的なゲームルールとマナーまとめ【初心者ガイド】

ソフトダーツのルールとマナーについて、初心者の方が絶対に知っておかないとならない基本的なことをまとめて解説します。とても基礎的なことですが、ダーツを仲間と楽しむためにはルールとマナーが必須となりますのでしっかりと覚えておきましょう。

  
3,481 view お気に入り 0

初心者が知っておくべきダーツの基本的なルールとマナー

ダーツの基本的なルールとは?

谷口 雄太さんはInstagramを利用しています:「昨日もありがとうございました(^^) ・ 今日から連休の人も多いですね! テイクオーバーは絶賛営業中ですので、是非遊びにきてください(^^) ・ Bar TAKEOVER 〒5420083 大阪市中央区東心斎橋2-4-6 日宝ブルースカイビル 3階 【BarTAKEOVER…」 (33676)

ダーツには様々なゲームやルールが存在します。初心者が知っておくべきダーツの基本的なルールは5つあります。それは、「投げる回数」「投げ方」「距離」「得点」「コーク」などがルールとして挙げられます。これらのルールはダーツの基本的なルールになるため、抑えておくことでダーツをより楽しむことが出来ます。初心者でも知っているルールも多いかもしれませんが、ダーツの基本的なルールとして記載しますので、参考までに見て実践いただければ幸いです。

ダーツの基本的なマナーとは?

ダーツは紳士のスポーツであることから、マナーを守ることがスマートなプレーヤーになるための秘訣です。このマナーは、ダーツ協会で詳しく述べられています。漫画喫茶やゲームセンターでのダーツではあまりマナーについて問われることはありませんが、ダーツバーやダーツ場といった場所ではこうしたマナーを守ることでスマートなプレーが出来ます。
マナーはダーツプレイヤーがお互いに気持ち良くするプレーをする上で欠かせないものであるため、初心者の人はよく覚えておく必要があります。

初心者が知っておくべきルールとマナー①

ダーツの投げる回数

Satoru Egawa:)さんはInstagramを利用しています:「趣味の時間〜#ダーツ#Darts」 (33677)

ダーツの投げる回数は、3回を1ラウンドとして行うルールです。これは、ゼロワンやクリケットといったゲームだけではなく、どのゲームにおいても共通しています。後ほど詳しく説明しますが、ゼロワンやクリケットには上限のラウンド数がルール上決まっています。例えばクリケットであれば、20ラウンドであるため、最大で60投でゲームの勝敗が決まります。

また、カウントアップならば、8ラウンド、ゼロワンは種類によりますが、ゼロワンの701という基本的な試合で用いられるゲームであれば15ラウンドまでがルールとしてあります。

このようにダーツの投げる回数は、3投で1ラウンドというルールです。

初心者が知っておくべきルールとマナー②

ダーツの矢の投げ方

HALLLさんはInstagramを利用しています:「知野真澄プロのユニフォームを着てDMC セイバー アキュート投げたらコークが神がかった笑#知野真澄 #プロ #ダーツ #darts #DMC #Sabre #ダーツ友達募集  #ダーツ初心者」 (33679)

ダーツの投げ方は、基本的な要素の一つで、ルールやマナーの一つでもあります。はじめに野球投げといわれる大きく振りかぶって球を投げるような矢の投げ方はルール違反です。

ダーツ協会のルールに則れば、「ダーツの矢は手で投げる事」とあります。つまり、腕を振って投げることはマナー違反になるだけではなく明らかなルール違反として認められてしまいます。

ダーツはスタンスを前後にとり、手を使って投げることが、ルール上でも定められていることから、これを守ってダーツを投げましょう。

初心者が知っておくべきルールとマナー③

ダーツボードまでの距離

yutakoさんはInstagramを利用しています:「今日は会社の人達とダーツ! バイト君とも初遊び! 楽しかった! でも私は下手くそダーツ(・・;) 練習が必要。  うーん。投げ込みたい。。 強かったのは昔の話(笑) 今は初心者(笑)  カウントアップのハイスコア1123点とか過去の栄光(笑)  #ダーツ#DARTS#ダーツ女子…」 (33683)

ダーツの基本的なルールの一つとして、距離があります。距離は正確にはダーツボードから244cmと定められています。しかしながら、多くの場合では距離を分かりやすくするために投げる場所にスローラインという線が引いてあります。

この線は、壁から248cmの距離にひかれており、この線を目安に投げることで正確な距離で投げることが出来ます。

また、この線を越えた距離から投げる場合はルール違反とみなされてしまいますので、距離には注意して投げましょう。

初心者が知っておくべきルールとマナー④

ダーツの得点と計算方法

Hiroki NakamaさんはInstagramを利用しています:「#ダーツ #ダーツライブ #ダーツライブ200s #darts #dartslive #dartslive200s #スパイダーマン #spiderman #マーベル #marvel #フィルテイラー #フィルテイラーモデル #philtaylor」 (33684)

ダーツの得点の計算方法は、基本的なルールとして位置付けられます。これは少し複雑であるため、ゲーム毎の中でも説明します。
基本的な得点の計算方法としては、真ん中の丸(ブル)とシングルボード、トリプルボード、ダブルボードにルール上分けられます。真ん中のブルは50点、シングルボードは書いてある数字の点数がそのまま得点として入ります。ダブルボードの場合は、書いてある得点の2倍の点数が入り、トリプルボードであれば、3倍の得点を得ることが出来るルールです。

このように、ダーツのルールとして得点は、ブル、シングル、ダブル、トリプルによって異なります。

初心者が知っておくべきルールとマナー⑤

先攻後攻を決めるコーク

初心者が知っておくべき基本的なルールとして、コークが挙げられます。コークとは、先攻後攻を決定する際に用いられるやり方です。このコークでは、1本ずつ順番に投げて、真ん中に近い方が先攻でゲームを始めるといったルールで行われます。

ダーツの試合などでは、メドレー形式で行われる場合が多いため、このコークがよく用いられます。コークの順番は、じゃんけんやコイントスなどで決めますが、ダーツマシンであれば自動的に決めてくれるマシンもあります。このようにコークは先攻と後攻を決めるためのルールで、初心者で分からない人も多いことが言えるため、必ず覚えましょう。
81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バックコートバイオレーションとは?【バスケルール辞典】

バックコートバイオレーションとは?【バスケルール辞典】

バスケットボールにはバックコートバイオレーションというルールがあります。バックコートバイオレーションというルールは少し変わったもので、一度ボールを攻める側のコートに運んだ後に、再度守る側のコートへボールを戻す事を禁止しています。そのようなバックコートバイオレーションについて解説します。
masamiohdaira9 | 11 view
バスケの5秒ルールを理解しよう!5秒バイオレーションとは?

バスケの5秒ルールを理解しよう!5秒バイオレーションとは?

バスケの5秒ルールとは?バスケットボールのルールには、24秒、8秒、5秒、3秒といった様々な制限時間によるルールがあります。5秒ルールの意味や必要性、適用される場面などを詳しく解説していきます。5秒ルールを覚えることで、さらにバスケットボールに詳しくなります。
masamiohdaira9 | 61 view
8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

バスケの8秒ルールとはどのようなものでしょうか?バスケットボールのルールには24秒、8秒、5秒、3秒という様々な制限時間におけるルールが定められています。そんな数ある制限時間のルールの中から今回は8秒ルールにスポットを当てて、誰にでも簡単にわかりやすく理解できるように解説していきます。
masamiohdaira9 | 65 view
フットサルのバックパスのルールを覚えよう!有効なバックパスとは?

フットサルのバックパスのルールを覚えよう!有効なバックパスとは?

フットサルのバックパスに関するルールは複雑で、試合中でもルールを理解しておらずよく反則が起きる部分です。バックパスの規定は、パスの起点が誰か、また相手がボールに触れたかどうかがポイントです。ルールを理解した上で有効にバックパスを試合で使うための方策を紹介しています。
nosedori | 2,216 view
硬式テニスのルールを簡単解説!これだけは絶対知っておきたい【テニスコーチ監修】

硬式テニスのルールを簡単解説!これだけは絶対知っておきたい【テニスコーチ監修】

硬式テニスのルールは他スポーツと違って試合の進め方が複雑なため、覚えるのに一苦労してしまいます。実際にプレーする際も試合を観戦する際もルールを知っていることでよりテニスが楽しくなりますので、硬式テニスのルールをわかりやすく簡単に解説をしていきます。
SKコーチ | 7,833 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

後藤晃一 後藤晃一