2020年5月3日 更新

スワットの卓球ラケットの特徴とは?初心者におすすめの選び方を解説

卓球のスワットシリーズは、さまざまな選手に対応できるラケットシリーズになります。スワットシリーズの特徴は、木材特有の打球感を感じられる完成度の高いラケットながら、比較的リーズナブルな価格で購入できる点です。スワットシリーズから購入するラケットを選ぶときは、板の厚さやグリップの形状に注目しながら、自分の戦型に合ったラケットを選択しましょう。

3,933 view お気に入り 0

卓球ラケットのスワットとは?

竹之内祐樹’s Instagram photo: “以前手に入れてたスワットパワーにようやくラバー貼った!初めて自分で貼ったー!そして今日使ってみて…まずフォルティウスFTと比べてとにかく軽いwラクザXの影響か弧線が低い!表ソフトの打ち方がイマイチわからないwww  #卓球 #tabletennis #スワットパワー #tsp…” (122404)

卓球ラケットのスワット(SWAT)は、日本の卓球メーカーであるTSP(ティーエスピー)が販売するラケットです。

SWATと名付けられたモデルは複数リリースされており、木のみでつくられたもの特有のボールをつかむ感触が特徴になっています。卓球のトップ選手から愛好家まで、あらゆるレベルの選手が愛用している商品です。

スワットシリーズの誕生

りょう on Instagram: “もっと上を目指すためにラケット新調しました(((o(*゚▽゚*)o)))    求めたのはスピードと扱いやすさ     昨日の練習で初めて打ちましたがいい感じです   スワットカーボン  これのコストパフォーマンスの高さには驚きます…” (122405)

SWATシリーズの誕生は、2010年の12月に7枚合板のSWATがTSP(ティーエスピー)からリリースされたのがはじまりです。2010年の頃にTSPでは7枚合板のラケットが展開されてなかったので、SWATは大きな注目を浴びました。同じく2010年の12月に、メーカー初の中ペンの7枚合板であるSWATCHNも発売されます。

2013年には、5枚合板でつくられたSWAT5PWや、ジュニア用のSWATkidsがリリースされ、より多くの層が注目する商品になりました。

スワットシリーズの特徴

スワットの特徴は、木材の心地よい打球感を感じられることと、比較的リーズナブルな価格で販売されている​ことです。木材の打球感を生かしていることで、どのようなラバーとも合わせやすいのが魅力になっています。

また、品質の高い商品ながら比較的安い価格で購入が可能で、トップ層から愛好家まで幅広く愛用されているのも魅力です。

スワットのラケットの選び方

自分にとって最適なラケットを選ぶには、自分の戦型や好みによって選択していきましょう。人それぞれで好みが違うもので、握りやすいと感じるグリップの形も異なります。

戦型

VICTAS on Instagram: “【VICTAS バックハンド】表ソフトから繰り出される、鋭いバックハンドが持ち味前田美優Miyu Maeda#VICTAS #卓球 #卓球女子 #前田美優 #表ソフト #サウスポー #japaneseplayer #일본인선수” (122407)

スワットを選ぶときは、自分の戦型に合う1本を探していきましょう。まずは攻撃型と守備型のどちらか、シェークとペンのどちらなのかによって、選択するべきモデルは絞られてきます。

攻撃力を重視する戦型ならSWATpowerやSWATspeed、安定感のある戦い方を目指す人にはSWATやSWAT5PWが適しています。また、中ペンでプレーする選手用に、SWATの中ペンタイプとなるSWATCHNがリリースされています。

板の厚さと種類

スワットを選ぶときは、板の厚さや種類に注目してみましょう。SWAT5PWは5枚合板、SWAT・SWATpower・SWATspeedは7枚合板になっています。またSWATcarbonは、木材5枚とフリースカーボン2枚を組み合わせたSWATです。

弾みのよさを重視するなら7枚合板やカーボン入りのモデル、操作性を重視するなら5枚合板が適しています。

グリップ形状

 (122409)

スワットを選ぶときは、自分に合ったグリップ形状を選ぶようにしましょう。SWATのグリップはフレア(FL)とストレート(ST)があり、手の大きさや好みによって適した形状は異なります。

フレア(FL)はグリップの先端にかけて広がっていく形状で、手にフィットしやすいのが特徴です。ストレート(ST)は名前の通り根本から先端までまっすぐな形状で、グリップを自在に動かしやすいのが特徴になります。

フレアとストレート

フレア(FL)とストレート(ST)はフィット感で選択しても良いですが、戦い方で選ぶことも考える必要があります。

前陣で両ハンドの切り替えしを重視する場合は、グリップがブレづらいフレア(FL)が適しています。ストレート(ST)はグリップが細くて微調節がきくので、台上処理のやりやすさやラケット角度の細かい調節が可能です。

打球感で選ぶ

スワットを選ぶときは、打球感の好みで選ぶのもひとつの方法です。打球感というのは用具選びにおいて重要なポイントになり、人それぞれで好みが分かれます。ソフトな打球感ならSWAT、ハードを求めるならSWATpowerをおすすめします。

スワットシリーズの種類

SWATシリーズの種類は、以下の6種類です。(シェークのみ)

・SWAT
・SWATcarbon
・SWATpower
・SWATspeed
・SWAT5PW
・SWATkids

特徴がそれぞれ違うので、自分の戦い方や好みに合うものを選択していきましょう。

スワット

95 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キョウヒョウプロ3のターボブルーを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3のターボブルーを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3 ターボブルーは、待望のブルースポンジを搭載したキョウヒョウプロ3の粘着性裏ソフトラバーです。キョウヒョウプロシリーズは、キョウヒョウシリーズのなかでも上級者向けに作られたシリーズで、最大の特徴は硬さと重さです。プレーヤーたちは、キョウヒョウプロ3 ターボブルーに対して、スピードや回転量を実現できると高く評価しています。
Anonymous | 1,746 view
卓球シューズおすすめランキング13選!レディース・中学生など用途別にも紹介!

卓球シューズおすすめランキング13選!レディース・中学生など用途別にも紹介!

卓球シューズはグリップ力や安定性、サイズに注目して選んでいきましょう。卓球シューズはスポーツメーカーや卓球メーカーなど、さまざまなメーカーから販売されていますが、おすすめはアシックスとミズノです。卓球メーカーからも、個性豊かなシューズが数多くリリースされています。卓球シューズの選び方は、サイズ・スリップ力・安定性で、自分の好みやバランスを考えて選んでいきましょう。
Anonymous | 540 view
卓球のラバーの貼り方とは?初心者にもわかりやすく解説!

卓球のラバーの貼り方とは?初心者にもわかりやすく解説!

卓球ラバーの貼り方は、古いラバーを丁寧に剥がし、卓球ラバー専用の接着剤をムラなく塗ったあと完全に乾かしてから、新しいラバーを貼り付けます。適切な道具を使って順序どおりにすることで、初めてでも簡単に張り替えることができます。貼り方のコツをつかんで張り替えを実践してみましょう!
dra.d | 675 view
キョウヒョウプロ3のターボオレンジを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3のターボオレンジを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3のターボオレンジとは、キョウヒョウプロ3に日本製高弾性スポンジラバーを貼ったものです。キョウヒョウプロ3のターボオレンジを使ってみた評価やレビューでは、粘着ラバーの持つ回転数の多さと球のスピードを兼ね備えた特徴を高く評価する声が多く寄せられています。
Anonymous | 438 view
家庭用の卓球台6選!家庭用サイズ・折りたたみができる自宅練習におすすめ

家庭用の卓球台6選!家庭用サイズ・折りたたみができる自宅練習におすすめ

家庭用卓球台は、公式の国際規格の卓球台よりもコンパクトに作られ、自宅でも気軽に楽しむことができます。家庭用の卓球台を選ぶときは、置くスペースや重さ、どのような用途で使用するのかを考えて選ぶことが大切です。タイプは、折り畳み式やセパレートタイプ、内折式などの卓球台があり、壁打ちの台を選べば1人でも卓球を練習することができます。
めーぷる884 | 412 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous