2020年10月15日 更新

酎ハイはダイエット中に飲んでもいいの?酎ハイの効果・カロリーを解説

酎ハイは、糖質とカロリーに気をつけ、適正量を守ればダイエット中に飲んで大丈夫です。酎ハイには、リラックス効果やストレス解消効果があるため、適度な量の飲酒はダイエットのモチベーションアップにつながります。酎ハイのカロリーは他のアルコールと比べると低くはないため、低カロリーな缶酎ハイを選んだり、手作り酎ハイで摂取量を工夫することがおすすめです。

82 view お気に入り 0

酎ハイはダイエット中に飲んでもいいの?

 (185743)

酎ハイはダイエット中、糖質とカロリーに気をつければ、ダイエット中に飲んで大丈夫です。酎ハイは、糖質を含まない焼酎をソーダで割って作るため、ビールや日本酒といった糖質の多いお酒に比べるとダイエットに適しています。

酎ハイの糖質やカロリーは味ごとに異なるため、痩せる目的で飲む場合は、低カロリーな市販の缶酎ハイか、焼酎を薄めに作った手作り酎ハイを選ぶようにしましょう。

他のアルコールと比較

Login 窶「 Instagram (185659)

種類 糖質/100gあたり
酎ハイ 2.8g
ビール 3.0g
日本酒 4.5g
梅酒 20.7g
酎ハイは、醸造酒を蒸留するやり方で作った焼酎を用いて作られているため、他のアルコールと比べると糖質が低いです。

日本酒やビールをはじめとする醸造酒は、蒸留しない製造方法で作られている分、原材料由来の不純物が残っているため、蒸留酒よりも糖質や脂質が多くなります。

酎ハイの栄養・効果

Login 窶「 Instagram (182240)

酎ハイの栄養の大部分は、カロリーが占めています。酎ハイは、アルコール濃度の高い焼酎で作るため、糖質が低く、カロリーが高いのが特徴です。

酎ハイには、アルコールの効能によるリラックス効果ストレス解消効果があるため、適切な量を飲むと、ダイエットのモチベーションアップにつながります。

栄養・カロリー

Login 窶「 Instagram (185657)

酎ハイの栄養成分 ビールの栄養成分
栄養成分 含有量/100gあたり 栄養成分 含有量/100gあたり
カロリー 52kcal カロリー 39kcal
糖質 2.8g 糖質 0g
食物繊維 0.1g 食物繊維 0g
脂質 0g 脂質 0g
酎ハイは、アルコール濃度の高い焼酎をベースにして作るため、ビールをはじめとするほかのアルコールと比べるとややカロリーが高いです。

酎ハイに使われる焼酎は、醸造酒を蒸留して作る工程の時点で栄養成分が無くなるため栄養がありません。酎ハイの栄養やカロリーは、作成するときに混ぜる果汁やシロップに含まれる栄養で決まります。

効果

 (184196)

酎ハイには、焼酎に含まれるアルコールの効能から得られる4つの効果があります。

・血流改善
・食欲増進
・リラックス効果
・ストレス解消効果

糖質

酎ハイの糖質は、味付けをするときに使うガムシロップや果汁の量や成分で変わります。糖質を摂りたくない方は、焼酎をソーダのみで割るやり方で飲むのがおすすめです。
糖質
糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称です。糖質には、糖類のほかに人工甘味料や糖アルコールが含まれます。

ダイエット中に酎ハイを飲む注意点

 (182270)

ダイエット中に酎ハイを飲むときは、飲む量とタイミングに注意が必要です。痩せるために酎ハイを飲む場合は、糖質やカロリーとあわせて、適正なアルコールの摂取を意識する必要があります。

体内に取り込まれたアルコールを分解するためには2〜3時間必要なため、遅くても寝る3時間前までには飲酒を終えるようにしましょう。

酎ハイを飲む量

Login 窶「 Instagram (182236)

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous