2019年11月3日 更新

シーバスのバイブレーションの使い方と動かし方とは?アクションについて学ぼう

シーバス用バイブレーションは、飛距離が抜群で広範囲を素早く探れるのが魅力ですが、釣り人側の使い方や巻き方次第でさまざまなベイトに似せることが出来るルアーです。変幻自在に姿や形を変える事のできるシーバス用バイブレーションの使い方について解説します。

  
89 view お気に入り 0

シーバス用バイブレーションの使い方とは?

toshikatsu on Instagram: “予報によると···「冬の寒さは週末まで 来週は桜咲く頃の暖かさ」😁 なんかワクワクしますね〜🤣…” (71080)

シーバス用バイブレーションは広範囲を素早く攻めることのできるルアーです。ボディーの中にラトルというブラスやガラスで出来た玉が入っているものや、金属で出来たメタルバイブと呼ばれるものまであります。重量があるため飛距離は非常に伸びやすく、速くフォールし、低速から高速まで巻き方を変えることで、安定感のある動きを出して魚を誘い出すルアーです。

ストップアンドゴー

「デイシーバス攻略法・アイアンプレート編」

おすすめの時期と時間
リアクションバイトを誘発させやすいので日中や低活性の時期に使うとよい
おすすめの使い方
シーバスが食い切らない状況やストラクチャー周りでつかうとよい
巻き方はその名の通り巻いて止めまた巻くという食わせの間を与える巻き方で誘います。止めた瞬間のフォールか、止めて巻き始めた瞬間のリフトにバイトすることが多く、止める時間は一瞬または長い間のどちらでも問題ありません。

シーバスがバイブレーションに追いつけない状況において効果的で、巻くスピードや止める間隔を変えつつ、その日の状況にあった釣れる使い方を見つけるとなおよいです。

リフトアンドフォール

リフト&フォールが最高に効く理由!

おすすめの時期と時間
高活性な時期で軽いものなら夜間、重いものなら日中が良い
おすすめの使い方
シーバスがただ巻きに反応しない、ボトム周辺にいるときにおすすめ
巻き方はロッドでバイブレーションを持ち上げるようにリフトしてアクションさせ、一気にテンションを抜きます。そうすることでリフトしたルアーが急激にフォールすることになり、シーバスへ強烈にアピールすることができるようになります。

基本的にフォールしている時にバイトすることが多いので、バイトをしっかりと取れるよう集中することが大事です。この時、フォールさせすぎてしまうと根掛かりの確率が高くなってしまうので注意しましょう。

ワンピッチジャーク

最先端シーバス釣法は「ボトムのリアクションバイト狙い」。

おすすめの時期と時間
時間関係なく、冬など低活性の時期におすすめ
おすすめの使い方
なかなか口を使わないシーバスに使うとよい
巻き方はロッドを上下にリフトさせ、バイブレーションに小刻みなアクションを加えます。メタルバイブで多く使われ、リフトアンドフォールよりも早く動かすアクションです。

イメージはパニックに陥り逃げ惑う小魚のような動きを演出することで、シーバスは本能で追いかけたくなる状況に陥ります。魚からのアタリが多く出るのはフォール中や着底後のリフト、着底するタイミングなので魚からの反応をいかに物にできるかが、釣果を伸ばすキーポイントです。

アップクロス

アップストリームキャストテク

おすすめの時期と時間
高活性の時期で夜間で使用するのがおすすめ
おすすめの使い方
自然かつ流れと合わせて巻くように使うとよい
巻き方は上流側に着水させ、そこからルアーを流していきます。着水点が上流側になる為、ラインをコントロールしなくても、ラインが先行した状態でルアーをドリフトさせることができるため違和感が少なく、自然なアクションを演出できます。

地形変化のある部分や立ち位置を上流側にズラして膨らみと角度をつけ、シーバスがいると思われる場所を頂点に設定しても反応が出ます。

ダウンクロス

ダウンドリフトのやり方

92 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

シーバスのバイブレーションのおすすめ人気TOP10!定番ルアーの魅力とは?

シーバスのバイブレーションのおすすめ人気TOP10!定番ルアーの魅力とは?

シーバス釣りはさまざまな種類のルアーを選択しながら楽しむ釣りですが、その中でもバイブレーションは欠かすことのできないルアーです。飛距離を出すことや、魚の存在を確かめるのに有効なバイブレーションについて、基礎知識や選び方を詳細に解説します。
takagi | 796 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act