2019年11月10日 更新

ボレーシュートの蹴り方と7つのコツとは?軸足の使い方が大事?

サッカーのボレーシュートは蹴り足を振り上げてボールへミートする難易度の高いシュート技術です。ボレーシュートの蹴り方はインパクト、軸足、視野の3つの観点に分けることができ、インパクトでは体の傾きや膝下の振りが大切になります。今回は3つの観点から7つのボレーシュートの蹴り方のコツを紹介します。

  
45 view お気に入り 0

ボレーシュートの蹴り方とは?

蹴り足を振り上げてボールへミートするキック

ボレーシュートは、サッカーの試合でクロスボールに対して軸足を地面についた状態で、蹴り足を振り上げてボールへミートするシュートのことを意味します。

ボレーシュートはボレーキックをシュートに変えたもので、ボレーキックと基本的な蹴り方は変わりません。ボレーキックとの違いはクロスボールに合わせるところになりますが、いくつかの要素が異なります。

現レアル・マドリード監督のジダンのボレーシュート

シュートする難易度の高い技術

ボレーシュートは、片足で立った状態でシュート動作をしますので、シュートの種類の中で、非常に難易度の高いシュート技術が必要です。

ボレーシュートは、クロスボールに対してシュートを合わせます。ボレーシュートの難しさは、2つの軸を視野に収めながら浮き正確に足をあてることです。1つ目の軸はクロスボールの横軸。もう1つは目標とする縦軸方向のゴールとなります。

よくある失敗が、足を振り上げた時にバランスを保つことができず体勢をくずしたり、足が振り上がらずにミートできないことです。ボレーシュートを成功させるためには、バランス能力を高めるということが大切なポイントになります。

ボールへのインパクトがシュートの結果を左右する

サッカーのボレーシュートを蹴るときに重要なことは、ボールに正確にインパクトさせることです。しっかりとインパクトできると、力を入れずにスピードのあるボレーシュートを打つことができます

ボレーシュートのよくある失敗例は、インパクトするポイントがずれてボールが、ゴールの上に飛んだり弱々しいシュートになることです。正確にインパクトさせる技術は非常に難易度が高く、知識を知って繰り返し練習をする必要です。正しい蹴り方のコツを解説しますので、ボレーシュートの成功率をアップさせましょう。

ボレーシュートで大事な7つコツとは?

①ボールの高さに合わせて体を倒す

 (89321)

ボレーシュートを打つときのコツは、インパクトを正確にするためにボールの高さにあわせて体を倒すことです。

人間の体の構造上、直立状態で足に力が入る状態で振り上げられるのは45度程度までで、90度もしくはそれ以上あげるのは非常に難しいです。そのため腰の高さよりも高いボールは、直立状態でボレーシュートをしてもインパクトが難しくなるうえ、キックに力も込めることができません。

正しいインパクトができるようにするためにはボールの高さに合わせて体を倒し、直立状態ではなく斜めの状態で足を振り上げることが必要です。体を倒すことで股関節の角度も45度程度を保つことができるため力を逃さずにインパクトすることができます。

②膝から下をコンパクトにふる

 (89322)

ボレーシュートのインパクトを合わせる確率を上げるために大切なことは、膝から下をコンパクトに振るということです。ボレーシュートの場合、腰の回転などを使って大振りしてしまうと、ミートがうまくいかなかったりタイミングがずれるミスの原因になります。

コンパクトに膝下を振ることによって、よりボールが近づいてきたときに動作に入ることができるので、インパクトのタイミングが合わせやすくなります。ボールのミートポイントは中心よりやや上を斜めに斬り下ろすように蹴るようにしましょう。

ボレーシュートの蹴り方で、腰をひねって旋回運動の力を使って強いシュートを打つ指導がされます。この蹴り方が実際の試合でできるのかといいますと、スペースがなかったり相手が近くにいる中で余裕を与えてもらえることがないので難しいです。

③ボールは体の少し前でインパクト

 (89323)

ボレーシュートでボールをどの辺りでミートするかは、インパクトがずれないようにするために非常に大事です。ボールをミートするポイントは、ボールが真横から飛んできた場合、身体の手前、横、後ろの3つがありますが、基本的には手前でミートすることが良いです。

なぜならば足を振り上げて伸ばしたときに最も力が伝わる場所で、横、後ろでは足の伸展がまだ完了していない途中のためキックの力が出づらいからです。

試合中はボールの軌道や状況によっては、ボールが体より後方に行くこともありますので、常に手前でインパクトできるよう軌道に合わせてバックステップを踏むことも大切です。
・正確にインパクトをするためには体を倒して足を振り上げ、股関節の角度を45度に保つ

・膝から下をコンパクトに振りボールへ正確にミートさせる

・ボールの軌道に合わせて体の手前でミートできるようにする

④軸足は蹴りたい方向に向ける

 (89324)

サッカーのボレーシュートを打つ際に、軸足の使い方はゴールの有無を左右する重要なポイントです。軸足の使い方のコツの1つとして、ボールを飛ばしたい方向にしっかりと向けて打つということが挙げられます。
ニアサイドを狙いたい時
近いゴールポストの方に軸足を向けることで、体の回転や開きが抑えられミート時にニアサイドへと飛ばすことができる。
ファーサイドを狙いたい時
ファーポストに軸足を向けることによって、体が開き脚の可動域を広げることができるため、インパクト時にファーサイドに向かってシュートを打つことができる。

⑤軸足を定めるタイミング

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーで強いシュートを蹴る方法とは?3つのコツを理解しよう

サッカーで強いシュートを蹴る方法とは?3つのコツを理解しよう

サッカーで強いシュートを蹴るための基本的な体の使い方やコツを紹介します。狙った場所に強く打つことがシュートでは大事!練習で意識したいポイントをまとめてみました。効果的な強いキックをするためのシュート練習を動画と記事で紹介します。
hoedama1 | 180 view
クイックシュートのポイントを簡単に解説!ポイントは3のコツ?

クイックシュートのポイントを簡単に解説!ポイントは3のコツ?

バスケットボールはコート上のあちこちで1対1が繰り広げられるスポーツで、ディフェンスを振り切ってシュートを放つ点が魅力の一つとされています。そしてディフェンスのプレッシャーを受ける前にシュートを放つクイックシュートが効果的です。クイックシュートのポイントを解説します。
masamiohdaira9 | 71 view
フリーキックで速くて曲がるカーブの蹴る方法とは?

フリーキックで速くて曲がるカーブの蹴る方法とは?

サッカーのフリーキックで速くてなおかつ曲がるカーブの蹴り方には、足の振り方、ミートポイント、軸足、体軸&目線の4つのポイントがあります。フリーキックの蹴り方の4つの各ポイントの根拠と具体的な方法論を解説しています。
nosedori | 351 view
3ポイントシュートのコツとは?距離を届かせる方法と狙うポイント

3ポイントシュートのコツとは?距離を届かせる方法と狙うポイント

決まると一気に3点がプラスされ、ダンクシュートに匹敵するほど盛り上がりを見せる3ポイントシュートは、距離が離れているため、リングに届かないなど、難しいシュートとされています。そこで今回は、3ポイントシュートのコツや、距離を届かせる方法を徹底解説していきます。
masamiohdaira9 | 822 view
サッカーのシュート練習9選!得点力と決定力をアップしよう

サッカーのシュート練習9選!得点力と決定力をアップしよう

サッカーのシュート練習をする際には、ボールの置きどころや狙う場所、状況に合わせてシュートを変えるという原則を理解した上で取り組む必要があります。またシュート練習にはチームや小グループ、自主トレで出来るものと様々な種類があり、その中から9つの練習を紹介します。
nosedori | 1,365 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori