2019年1月6日 更新

シーバスリールおすすめ人気TOP10!ダイワやシマノなどの選び方とは?

人気のシーバスフィッシング、狙うフィールドに合わせてリールを選ぶのが重要なポイントです。初心者だと、リールを選ぶ際に何を基準に選べばいいのか、フィールドやシーバスの大きさにあわせたリールの選び方などをまとめ、シーバスフィッシングに必要なリールを紹介します。

  
3,185 view お気に入り 0
ギア比 6.2
自重(g) 220
最大ドラグ力(kg) 10
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 93
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-150、10-120、12-100
PE糸巻量(号-m) 1-200、1.2-190、1.5-170
ダイワから販売されているスピニングリール。元は中位機種で導入されていたダイワの新基準、ライト&タフをエントリーモデルにも反映させたリールです。

滑り出しがスムーズで、シーバスに違和感を与えにくく、シーバスの引きに対して滑らかに追従しながら効き続けるATD。ローターの軽量化により自重を軽減し、回転のレスポンスや巻き感度が向上したエアローター。今までのギアよりも精度が高く、剛性も上がったタフデジギアなど、さまざまな技術がこのリールに採用されています。

自重も220gと3000番サイズのエントリーモデルとしては軽くなっており、糸巻量も多く、シーバスに根へ潜られるのを防げるため初心者の方にもおすすめです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第8位

シマノ ストラディック C3000HGM

Amazon | シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ストラディック C3000HGM | シマノ(SHIMANO) | スピニングリール (65258)

ギア比 6.0
自重(g) 245
最大ドラグ力(kg) 9.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 88
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-130、10-110、12-85
PE糸巻量(号-m) 1-220、1.2-150、1.5-135
シマノから販売されているスピニングリール。永遠に変わらない巻き心地を設計思想として掲げたHAGANEによって生み出されたリールであり、HAGANEギアを搭載した中位機種では初めてのリールです。

HAGANEは、HAGANEギアのほかに、不意の衝撃にも耐える剛性と耐衝撃性を持たせたHAGANEボディ、巻く力を効率的に伝える配置と設計であるX-SHIPの3つによって構成されています。

このリールには、パワーロスを防ぐ高剛性ローターや、剛性アップを目的としたステンレス製ベールなどもついているので、シーバスフィッシングに必要な高い剛性を持ちつつ性能に対して価格も比較的安いのでこのランキングです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第7位

ダイワ カルディア LT3000-CXH

 (65263)

ギア比 6.2
自重(g) 195
最大ドラグ力(kg) 10
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 93
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-150、10-120、12-100
PE糸巻量(号-m) 1.0-200、1.2-190、1.5-170
ダイワから販売されているスピニングリール。こちらもダイワの新基準であるライト&タフをコンセプトとしたリールで、ダイワ独自の特殊カーボン素材ザイオンを採用しています。

ザイオンはリールの軽量化を実現しながら、大型のシーバスに耐えられる耐久性が自慢です。スプールには、アルミ素材を採用することで従来よりも更に薄くなり、ツバ部分の形状も見直し、釣りをより快適にするロングキャストタイプのアンチバックラッシュシステムを搭載しています。

自重は3000サイズで200gを切るなどシーバスリールとして驚異的な軽さ。糸巻量も多く比較的安いので、買いたい、選びたいと思わせる魅力から、このランキングです。

人気シーバスリールのおすすめランキング第6位

シマノ エクスセンス CI4+ C3000MHG

 (65270)

ギア比 6.0
自重(g) 195
最大ドラグ力(kg) 9.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 88
ナイロン糸巻量(lb-m) 8-130、10-110、12-85
PE糸巻量(号-m) 0.8-300、1-220、1.2-150
シマノから販売されているスピニングリール。このリールは人気のシーバスフィッシング専用機で、シーバスを狙うにあたって必要な機能を兼ね備えています。

リールに欠かせないAR-Cスプールや、Gフリーボディに加え、巻き始めがとても軽く、慣性力を抑えたマグナムライトローター。シマノ独自の技術HAGANEギアに、瞬時にドラグ調整をしたい場面で役に立つラピッドファイアドラグ。中位機種に多いCI4シリーズの中で唯一防水壁と撥水グリスを併用した強力な防水構造であるXプロテクトの4つを採用しているのがすばらしいです。

中位機種でシーバス用のリールを選ぶのであれば、喉から手が出る程欲しいこのリールをおすすめします。

人気シーバスリールのおすすめランキング第5位

ダイワ ルビアス 3012H

85 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのマーカーコーンのおすすめ人気TOP10!トレーニング合ったものを選ぼう

サッカーのマーカーコーンのおすすめ人気TOP10!トレーニング合ったものを選ぼう

サッカーのトレーニングで必要不可欠とされるマーカーコーン。そんなマーカーコーンを我が子に与えて少しでもサッカーを上達させたいと思っている親御さんも多いはずです。ここではおすすめのサッカーのマーカーコーンをランキング形式で紹介していきます。
masamiohdaira9 | 1,395 view
サッカートレーニングシューズのおすすめ人気商品10選!人気ブランドの選び方とは?

サッカートレーニングシューズのおすすめ人気商品10選!人気ブランドの選び方とは?

サッカーの練習において必要不可欠なトレーニングシューズ。重要性や、ブランド毎の特徴と共に、選び方とおすすめのサッカートレーニングシューズ10選を紹介します!使用後のケア方法も紹介いたしますので、しっかりと大切なパートナーとなる一足を選びましょう!
fast.river14 | 35,020 view
バドミントンラケット!ウィルソンおすすめ10選と選び方のポイント

バドミントンラケット!ウィルソンおすすめ10選と選び方のポイント

バドミントンラケットのメーカーとして大人気のウィルソンおすすめラケットをご紹介します。ウィルソンのラケットの選び方や、初心者でも選べるウィルソンのラケットも解説します。これからウィルソンのラケットを購入したいと考えている方はぜひチェックしてみてください!
yuki | 21,397 view
卓球初心者におすすめしたいラケット9選!気になる選び方とは?

卓球初心者におすすめしたいラケット9選!気になる選び方とは?

卓球の初心者の方におすすめのラケットの選び方と、初心者の方に知ってほしいラケットの基本の種類についてご紹介します。卓球のラケットの中で人気のあるメーカーのおすすめラケットを選びましたので、これから卓球ラケットを購入しようと考えている初心者の方はぜひチェックしてください。
yuki | 8,317 view
トレーニングベンチおすすめ10選!選び方のポイントとは?

トレーニングベンチおすすめ10選!選び方のポイントとは?

ジム要らずで筋トレができる夢の商品・トレーニングベンチ。その選び方やポイント、おすすめ人気商品10選をご紹介してきます。おまけでトレーニングベンチとセットで購入したいおすすめアイテムも紹介していますので、筋トレ初心者の方もぜひご覧ください。
yuki | 23,028 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takagi takagi