2019年4月13日 更新

ドロップカーブの投げ方と握り方!変化球の投げ方を画像付きで解説

野球でピッチャーが投げる変化球にドロップカーブという球種があります。通常のカーブよりも落差が大きく、投げ方をマスターすることができれば大きな武器となり投球の幅が広がります。ドロップカーブの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。

  
3,879 view お気に入り 0

変化球ドロップカーブとは?

 (64316)

野球でピッチャーが投げる球種のひとつであるドロップカーブとは、ボールをリリースした利き腕とは逆の方向へ少し曲がりながら、下方向へ大きく落ちていく変化球でドロップとも呼ばれ、下方向へ落ちるような回転をかけてリリースする必要があるため、投球フォームがサイドスローやアンダースローの場合、投げるのはかなり難しくなります。

球種の少なかった昔はカーブとは別の変化球として扱われていましたが、投げ方やボールの握り方がカーブに近いため、現在ではカーブの一種とみなされ、縦のカーブ(縦カーブ)と呼ばれることが多くなっています。プロ野球では、ソフトバンクホークスの武田投手がドロップカーブを投げることで有名です。

ドロップカーブの特徴とカーブとの違い

投げ方やボールの握り方がカーブに近く、ドロップカーブと呼ばれるケースも少なくなっているため、ドロップカーブとカーブにはあまり違いがないのではないか、と思った人もいるかもしれませんが、ドロップカーブには独特の特徴があり、特にバッター目線で見るとカーブとは大きく違うのがわかります。

実際に野球でピッチャーをした際に、投球フォームがサイドスローやアンダースローよりも、オーバースローやスリークォーターの方がドロップカーブを投げるのに向いているのは、その特徴を出しやすいためです。では、ドロップカーブにはどのような特徴があり、カーブとはどこが違うのか、具体的に解説していきます。

①ボールの回転量が違う

 (64489)

カーブはボールを抜くようにリリースすることで、自然と回転がかかり変化していきますが、ドロップカーブは抜くことに加えてボールにトップスピンがかかるようにリリースするため、カーブよりも回転量が多くなるのが特徴です。ボールの回転量が多いと変化が鋭くなり、同時に変化を大きくさせることも可能になります。

ドロップカーブもカーブもボールを抜く投げ方の変化球のため、リリース時にボールが浮き上がるような感覚になり、バッターの目線をずらすことが可能ですが、カーブよりも鋭く変化し変化量が大きいドロップカーブの方がバットの芯でとらえにくく、痛打されるリスクを軽減できます。

②ボールの軌道が違う

 (65330)

カーブはボールをリリースした利き腕とは逆の方向へ曲がりながら、下方向へ少しずつ沈んでいく軌道を描きますが、ドロップカーブはトップスピンをかけるため、利き腕とは逆の方向への変化は少なく、下方向に大きく落ちる軌道を描くのも特徴のひとつです。

ドロップカーブもカーブもストレートを投げる時と同じように腕を振る投げ方のため、バッターのタイミングを外すのに効果的な変化球ですが、バッターにとって緩やかな軌道になるカーブは、多少タイミングが合わなくても比較的バットに当てやすいのに対し、下方向に大きく落ちる軌道になるドロップカーブは、しっかりとタイミングを合わせないとミートするのが難しくなります。

③決め球として使用できる

野球でピッチャーがカーブを投げる場合、バッターのタイミングを外してカウントを稼ぐための球種として使われることが多いですが、ドロップカーブはカウントを稼ぐ手段だけではなく、決め球として使っても十分に通用するのも大きな特徴になります。

リリース直後にボールが浮き上がるような軌道でバッターの目線と身体を上げることができ、さらにその状態から鋭く下方向へ大きく落ちる独特の変化は、バッターにとって非常に厄介で空振りする確率が高いため、野球で決め球として使用されることの多い、フォークやスプリットのような真下に落ちる球種に匹敵する変化球なのです。

ドロップカーブの投げ方における注意点

野球でピッチャーをする際に落ちる変化球を持ち球にしたいけど、フォークやスプリットは指が短くてボールを挟むことができず投げるのが難しい、という人でもドロップカーブであれば挟む握り方ではないため、マスターすることが可能です。

しかし、ボールを抜く投げ方が必要になる変化球は、他の変化球とは異なる独特の注意点があるため、野球の練習でドロップカーブの投げ方やボールの握り方、うまく投げるコツを実践して身につける前に、まずはどのような点に注意しなければならないのか、先に把握しておくことにしましょう。

コントロールにバラツキが出やすい

shinichiro on Instagram: “登板#ツーストライクからの#暴投#カーブ#力みすぎ” (64706)

ボールを抜く投げ方が必要になる変化球は、リリース後に少し山なりの軌道を描きます。山なりのボールを真ん中に投げるケースと、普通にストレートを真ん中に投げるケースを比較した場合、山なりのボールを真ん中に投げる方が難しくなります。ボールが落ちて真ん中にいくような軌道を予測して投げる必要があるためです。

ドロップカーブは、その投げるのが難しい山なりのボールに、さらにトップスピンをかける必要があるため、他の変化球の投げ方以上にリリースするタイミングやコツをつかんでおかないと、コントロールが安定せず思うようなコースに投球することができません。

他の変化球よりリリースポイントの違いが大きい

Stunning Free Images · Pixabay (64708)

野球でピッチャーをしてストレートなどの速い球を投げる際、前の方でボールをリリースしますが、逆に遅い球を投げる際、リリースポイントは上の方になります。 特に少し山なりの軌道を描く、ボールを抜く投げ方が必要になる変化球の場合は、他の変化球よりも上の方でリリースしなければなりません。

このため、ボールを抜くようにリリースする変化球を何球も投げ続けると、リリースポイントの影響を受ける確率が高くなり、速い球を投げる際に通常よりも上の方でリリースする投げ方になってしまうケースが増え、ボールが高めに浮きやすくなるので注意が必要です。

ドロップカーブの投げ方とボールの握り方

ドロップカーブのボールの握り方はカーブと大きな違いはありませんが、以下の3つのポイントをおさえた投げ方ができるかが重要になります。

・ストレートを投げる時と同じように腕を振ること
・ボールを抜くようにリリースすること
・ボールにトップスピンをかけること


野球でピッチャーをしてドロップカーブを投げる際、腕の振りが鈍い投げ方になると、ボールに回転がかからずに棒球になってしまい、ボールを抜く投げ方ができないと、特徴である浮き上がるような軌道にならないため、この3つのポイントを満たすことができるように、ここではドロップカーブの投げ方と共に3種類のボールの握り方を解説していきます。

ドロップカーブの握り方①

 (65001)

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8