2019年4月13日 更新

ドロップカーブの投げ方と握り方!変化球の投げ方を画像付きで解説

野球でピッチャーが投げる変化球にドロップカーブという球種があります。通常のカーブよりも落差が大きく、投げ方をマスターすることができれば大きな武器となり投球の幅が広がります。ドロップカーブの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。

  
3,905 view お気に入り 0
人差し指と中指を揃えた状態で指先を縫い目にかけ、親指は人差し指と中指の対角の縫い目の位置に置いてボールを支えます。親指、人差し指、中指の3本の指が縫い目にかかるようにすることで、ボールに強いトップスピンをかけやすくなる握り方です。より力を伝えやすくするために、親指は腹の部分ではなく側面が縫い目にかかるようにするのがコツになります。

野球でカーブを投げる場合、この握り方にしているピッチャーも多く比較的オーソドックスなため、初めてドロップカーブに挑戦するという人は、まずこの握り方で試してみましょう。

ドロップカーブの握り方②

 (64997)

人差し指と中指を揃えた状態で中指を縫い目に沿うようにかけ、親指は人差し指と中指の対角の縫い目に沿うように置いてボールを支えます。親指と中指だけが縫い目にかかるようにすることで、握り方①よりもボールを抜きやすくした握り方です。人差し指よりも中指の方に力を入れて、親指は握り方①と同様に腹の部分ではなく側面が縫い目にかかるようにするのがコツになります。

実際に野球でピッチャーをしてドロップカーブを投げた際、回転はしっかりかかっているけど、ボールをうまく抜くようにリリースすることができない、という人に向いています。

ドロップカーブの握り方③

 (65000)

人差し指と中指を揃えた状態で中指を縫い目に沿うようにかけ、親指は縫い目にかからないようにしてボールの下側を支えます。中指だけを縫い目にかけて、親指はボールの下側を支えるのでトップスピンがかかりにくくなりますが、これまでの握り方の中では一番ボールを抜きやすくなるため、ドロップカーブを投げた際に握り方②でもボールを抜くようにリリースすることができない、という人向けの握り方になります。

ボールの下側を支えているので、握り方①、②よりも自然とボールを抜くようにリリースできるため、この握り方でドロップカーブを投げる場合は、抜くことよりもトップスピンをかけることを意識するのがコツです。

ドロップカーブの投げ方①

 (65061)

ドロップカーブの投げ方は、腕がトップの位置に近くなった段階で小指をキャッチャー方向に向け、ストレートを投げる時と同じスピードで腕を振り、ボールを縦に切るイメージで親指と人差し指の間からボールを抜くようにリリースします。その際、親指と中指で指を鳴らすような動きをしてリリースすると、より多くのトップスピンをかけることが可能になり落差が大きくなります。

腕の振りが鈍くなると、トップスピンがかかりにくくなるだけではなく、球速も遅くなりバッターに球種を読まれてしまう確率も高くなるため、ストレートを投げる時と同じスピードで腕を振ることが重要です。

ドロップカーブの投げ方②

 (65065)

野球でピッチャーをしてドロップカーブを投げた際に、投げ方①だとトップスピンがあまりかからず、横方向への変化が大きくカーブのようになってしまう場合は、腕がトップの位置に近くなった段階で小指をキャッチャー方向に向けるのと同時に、手首を内側に折り曲げた状態で親指と人差し指の間からボールを抜くようにリリースします。人差し指と中指でボールの上側から回転をかけることができるため、自然とトップスピンがかかりやすくなります。

この投げ方でも同様に、ストレートを投げる時と同じスピードで腕を振ることが重要で、親指と中指で指を鳴らすような動きをしてリリースすると、より多くのトップスピンをかけることができます。

ドロップカーブの投げ方を上達させるコツ

ここまで、ドロップカーブの特徴と投げ方、そしてボールの握り方を解説してきましたが、ボールを抜くようにリリースできない、思うようにトップスピンをかけることができずに変化量が少ない、という人もいるのではないでしょうか。ストレートを投げる時と同じように腕を振り、ボールを抜いてトップスピンをかける、というのは意外と難しい投げ方です。

ドロップカーブの精度を上げるには、野球の練習で投げ込みを行い身体に覚えさせることも重要ですが、同時にコツをつかむことも必要です。では、ドロップカーブの投げ方を上達させるコツにはどのようなものがあるのか、具体的に見ていくことにしましょう。

ストレートと同じ投げ方になるように意識する

 (65073)

他の変化球の場合も同様ですが、ストレートを投げる時とドロップカーブを投げる時、どちらも同じ投げ方になるようにすることが重要になります。投球フォームが変わってしまうと、ストレートを投げる時と同じように腕を振っても、バッターに球種を読まれる確率が高くなります。特にボールを抜くようにリリースして緩急をつけようと意識し過ぎると、ストレートを投げる時よりも投球モーションが遅くなってしまうため注意が必要です。

このため、野球で投球練習を行う際に、ストレートとドロップカーブを交互に投げるようにして、投球フォームが変わっていないかチェックするのがコツになります。

長い距離で腕を振ってリリースする感覚をつかむ

 (65080)

最初から野球のマウンドに立ち、キャッチャーに向かってドロップカーブを投げてしまうと、コントロールを安定させること、ボールを抜くようにリリースすることへの意識が強くなり、腕の振りが鈍くなってしまうため、まずは遠投のような長い距離でドロップカーブを投げるのがコツです。

長い距離を投げるには腕を強く振らないと相手に届かないので、自然とストレートを投げる時と同じスピードで腕を振ることができるため、その状態でボールを抜くようにリリースしてトップスピンをかける感覚をつかみます。この練習方法は、どこでリリースするとどのような軌道で変化するのか、というリリースポイントのチェックを行うことも可能です。

ボールは浅く持つ握り方で投げる

 (65108)

ボールと手のひらを密着させた状態でリリースすると、トップスピンがかかりにくくなってしまうため、ボールと手のひらの間に隙間ができるようにして握るのがコツです。隙間を作り浅く握ることで、同時にボールも抜くようにリリースしやすくなります。

実際に野球でピッチャーをしてドロップカーブを投げた際に、うまくトップスピンをかけることができずに下方向への変化が小さくなってしまう場合、ボールと手のひらを密着させた状態で握っている可能性があります。回転をかける必要のある球種を投げる場合は、ボールを浅く握るように心掛けましょう。

リリース時に手の甲をキャッチャーに向けるようにする

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8