2019年4月13日 更新

ドロップカーブの投げ方と握り方!変化球の投げ方を画像付きで解説

野球でピッチャーが投げる変化球にドロップカーブという球種があります。通常のカーブよりも落差が大きく、投げ方をマスターすることができれば大きな武器となり投球の幅が広がります。ドロップカーブの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。

  
2,957 view お気に入り 0
 (65147)

投げ方①でドロップカーブを投げた際、うまくトップスピンをかけることができない場合は、腕がトップの位置に近くなった段階で小指をキャッチャー方向に向けた後、リリースする直前に手の甲をキャッチャー方向に向けるようにするのがコツです。 リリースした直後は、手のひらが上を向いているようなイメージで腕を振ります。

小指がキャッチャー方向に向いている状態から、手の甲がキャッチャー方向に向くように手を動かしてリリースすることで、ボールにトップスピンをかける力が伝わりやすくなります。ただし、トップスピンをかけようと意識し過ぎて無理に手首を捻ってしまうと、肘に負担がかかるため注意が必要です。

ドロップカーブで投球の幅を広げよう!

をきた。 on Instagram: “武田のドロップカーブすばらしすぎる✨#ソフトバンク#武田#ドロップカーブ” (65165)

球速の遅いボールは、バッターがボールを長く見ることができるので、ボールが高めに浮いてしまうとバッターが打ちやすくなってしまうため、ドロップカーブを投げるには勇気が必要ですが、トップスピンをかけ落差を大きくすることができれば、バッターはわかっていても対応に苦労するのがドロップカーブの強みであり魅力なのです。

緩急をつけてストレートを速く見せる効果があるだけではなく、リリースポイントを変えて球速の違うドロップカーブを投げ分けることも可能で、マスターすることができれば大きな武器として使え投球の幅が広がるため、ここまで解説してきた投げ方やボールの握り方、うまく投げるコツを参考に挑戦してみてください。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8