2019年4月13日 更新

少年野球のバッティングのフォームとバットの振り方の基本とは?

バッティングフォームの悪いクセは矯正するのに時間がかかるため、少年野球をやっている時期に正しい打ち方を覚えておくことが重要です。構え方やタイミングのとり方、バットの振り方といった、少年野球で基本となるバッティングフォームの一連の流れに関して詳しく解説します。

30,879 view お気に入り 0

少年野球で正しいバッティングフォームを覚えるには?

Stunning Free Images · Pixabay (45636)

少年野球をはじめたばかりの小学生の子供は、バッティングフォームが安定せずバットにボールが当たらない、思ったようなバッティングができずに打てない、というケースがほとんどです。バッティングフォームの基本がわからず、正しい打ち方で素振りなどの打撃練習を行っていないためです。
少年野球で正しいバッティングフォームを固める場合、自分で学ぶよりも教えてもらい覚えることが多くなるため、間違ったことを教えてしまう原因にならないように、少年野球で指導する側の監督やコーチ、少年野球をやっている自分の子供に教えたいという親御さんが、基本となる正しいバッティングフォームに関して理解しておくことが重要になります。

少年野球で基本となるバッティングフォーム①構え方

 (45336)

タイミングのとり方やバットの振り方など、野球のバッティングに関する一連の流れは全て構えたところからスタートするため、少年野球で素振りの練習を行い、自分が一番動きやすいバットの構え方にすることが重要です。
しかし、基本となるポイントを押さえたうえで構えを作らないと、その後のバッティングの流れに影響が出てしまい、少年野球で試合をした際に思うような打ち方ができなくなります。

では、少年野球でバッティングフォームの構えを作る際に必要な、基本となるポイントを具体的に見ていくことにしましょう。

バットは力を抜いて握る打ち方にする

少年野球の試合をした際、小学生の子供はボールを打つことを意識し過ぎてしまい、バットを強く握ってしまうケースが目立ちます。バットを強く握ってしまうと無駄な力が入るため、ボールをとらえるインパクトの瞬間に、バットに力が伝わりにくくなってしまいます。
このため、構えの段階では力を抜いてバットを握り、リラックスした状態のバッティングフォームにするのが基本で、スイングを開始した後のインパクトの瞬間に、バットに力が伝わりやすい正しい打ち方ができるようになります。

バットの位置はトップの近くにした打ち方にする

 (45341)

トップとはスイングを開始する位置のことで、少年野球の試合をした際にピッチャーの投球に対して、すぐにスイングを開始する体勢を作ることができるバットの構え方にするのが基本で、重要なポイントになります。特に少年野球をやっている小学生の子供は力がないため、トップの位置を早く作らないと、ボールに振り遅れる原因になってしまいます。

このため、バットがトップの位置になるようなバッティングフォームにして、そのままスイングを開始できる打ち方にするのが理想ですが、少年野球で素振りの練習を行ってバットをトップの位置に固定するのが難しい場合は、バットができるだけトップに近い位置になるような構え方にしましょう。

腰を前に出してお尻を後ろに出した打ち方にする

 (45407)

軸を真っすぐにするために、背筋を伸ばしたバッティングフォームにすることが基本になりますが、少年野球をやっている小学生の子供が、背筋を伸ばすことを意識し過ぎて胸を張ってしまうと、肩が動きにくくなり腕をうまく使えなくなってしまいます。

腕をうまく使えないとバットがスムーズに出ないので、アウトコースやインコースのボールに対応しにくくなってしまうため、腰を前に突き出しお尻を後ろに出すことを意識して構える打ち方にします。
腰を前に突き出すようなバッティングフォームにすることで、自然と背筋が伸びるため肩が動きやすい状態になり、少年野球で試合をした際にバットがスムーズに出るスイングができるようになります。

脇を閉めた状態で構える打ち方にする

 (45393)

スイングする際に脇が開いていると、バットが下から出るアッパースイングになってしまうため、脇を閉めて構えるバッティングフォームにするのが基本になります。

ただし、両脇を閉めてバットを構えようと意識し過ぎると、背中が曲がった打ち方になりやすく、背中が曲がると軸が傾いてしまい、同じくアッパースイングになってしまいます。
少年野球の練習で素振りを行い、背中が曲がったバッティングフォームになってしまう場合は、後ろの脇を開けた状態にすることで、背中が曲がらない打ち方にすることができます。後ろの脇は後述する正しいスイングを行うと自然と閉じるため、構えの段階で開いていても問題ありません。

膝を少し曲げて内ももに力を入れた打ち方にする

 (45426)

少年野球をやっている小学生の子供がバットを構えると、膝が伸びた状態で立ったようになるケースがありますが、下半身の動きが硬くなりスムーズにステップしてスイングに移行できなくなるため、その場合は膝を少し曲げた状態で構えるバッティングフォームにします。

また、少年野球で素振りの練習をした際に、ガニ股のように膝が外側を向く構えになっている場合は、下半身の力が逃げてバットに力を伝えることができなくなるため、内ももに力を入れたバッティングフォームにするのが基本になります。内ももに力を入れると自然と膝が内側を向くため、下半身の力が逃げるのを防ぐことができます。

少年野球で基本となるバッティングフォーム②ステップ

 (45439)

野球のバッティングフォームで、構えた状態から次の流れになるステップは、ピッチャーとのタイミングを合わせる、軸足に体重を乗せタメを作って踏み込む、という重要な動作になります。

少年野球でも同様で、ピッチャーとのタイミングが合わない状態ではボールをとらえることが難しくなり、軸足にしっかりと体重を乗せなければ、力強いスイングができない打ち方になってしまいます。
このため、ここでは少年野球のバッティングで基本となるステップを具体的に解説していきます。

すり足でタイミングをとるバッティングフォーム

 (45442)

77 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

片手腕立て伏せとは?正しいやり方とフォームを覚えて効果的に鍛えよう

片手腕立て伏せとは?正しいやり方とフォームを覚えて効果的に鍛えよう

片手腕立て伏せとは、片手と両足の3点で支えで行う腕立て伏せです。片手腕立て伏せのやり方は、体の重心を地面についている腕に乗せながら行います。片手腕立て伏せのフォームは、地面につく腕を肩に対して垂直に伸ばすことが大切で、両手がつく腕立て伏せとは異なります。
和田拓也 | 71 view
オーバースローの投げ方とは?フォームやボールの握り方を解説

オーバースローの投げ方とは?フォームやボールの握り方を解説

オーバースローとは、上から投げ下ろす投球フォームで、リリースが水平面から上の角度にある投げ方です。オバースローは、アマチュアからプロ野球まで、多くの投手投げている投げ方で、早い真っ直ぐやキレの良い変化球を投げるエース級のピッチャーも使用します。この記事では、オーバースローの投げ方やフォームのコツを解説します。
Act | 190 view
卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球のフォアハンドの打ち方は、肩幅以上にスタンスを広げ、コンパクトなスイングで打球します。卓球のフォアハンドを打つときのコツは、細かく足を動かす・体重移動を意識する・ボールと相手を見ながら打つことにです。卓球初心者の方は、まずフォアハンドの打ち方から覚えていきましょう。
KAERUNABE | 52 view
卓球フォアドライブの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球フォアドライブの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球のフォアドライブとは、フォアハンドで強い前進回転を加えてボールを飛ばす技術です。卓球のフォアドライブの打ち方を、基本のドライブ・カーブドライブ・シュートドライブ・下回転に対するループドライブ・下回転に対するスピードドライブに分けて解説していきます。また、安定したフォアドライブを打つコツは、足・ラケットヘッド・バックスイング・打球点・ボールを捉える位置・打球後のヒジ・フリーハンドを意識することです。
KAERUNABE | 183 view
スリークォーターの投げ方とは?理想のフォームやボールの握り方

スリークォーターの投げ方とは?理想のフォームやボールの握り方

スリークォーターとは、投手の腕が斜め上の角度から出てくる投球フォームを言います。単なる投球フォームの腕の出る角度の違いだけではなく、スリークォーターで投げることには大きなメリットがあります。こちらの記事では、スリークォーターで投げることのメリットや、理想的なスリークォーターでの投げ方について紹介します。
haru | 1,347 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8
amazon