2020年1月29日 更新

フックシュートが上達する方法とは?ブロック上から得点をきめよう

バスケットボールのシュートの打ち方の一つにフックシュートがあります。フックシュートの特徴として、ブロックされづらいことがありますが、他のシュートと比較すると難易度が高く、習得には時間がかかります。しっかりとコツをつかんで効果的にフックシュートを使いましょう。

44 view お気に入り 0

フックシュートとは?

💈Ibn Gardner💈 on Instagram: “🏀🏀ing #throwbackthursday” (102419)

フックシュート(Hook shoot)は、バスケットボールのシュートの打ち方の1つで、シュートを放った後の手がかぎ針の形に似ていることが名前の由来です。フックシュートの特徴には、次のことがあります。
フックシュートの特徴
■ブロックされにくい
■基本的にゴールまで短い距離でしか使えない
この特徴がもたらされる要因は、フックシュートの打ち方にありますが、基本的にはレイアップシュートやジャンプシュートなどよりは難易度は高いテクニックです。

フックシュートの打ち方

パーフェクトマスター シュート⑩ フックシュート

フックシュートの打ち方のポイントは次の通りです。

■体の向きは、ゴール(相対するディフェンス)に対して垂直
■ゴールに遠いほうの腕1本でシュートを打つ
■ゴールに近いほうの腕や肩幅で相対するディフェンスとボールとの間にスペースを作る
■腕を柔軟に使い、自身の頭の上をループしていくようにシュートを放つ


上記のことを、ステップワークを駆使しながら実施するとフックシュートとなりますが、シュートを放った後の手の形が、その名の由来となっているかぎ針のようになることを意識して放つことは、フックシュートのシュートフォームを固める近道といえるでしょう。

フックシュートの種類

[カリーム・アブルジャバー] チートすぎるスカイフックは誰にも止められない

フックシュートには、更に細かく分類されることがあります。

(1)ランニングフックシュート
ランニングシュートのステップから放つフックシュート

(2)ジャンピングフックシュート
両足でジャンプして放つフックシュート

(3)スカイフックシュート
リングより高い位置でリリースされるフックシュート

(4)ベビーフックシュート
ランニングフック時により小さいモーションで放つフックシュート

スカイフックは、非常に特殊なシュートであり、基本的にはNBAの往年の名選手であるカリーム・アブドゥル・ジャバー氏の代名詞といえるものです。

フックシュートを決める3つのコツ

@college_sportzz on Instagram: “Best. Point guard. In. The. Country #babyhook” (101179)

フックシュートは、数種類あるバスケットボールのシュートテクニックの中でも難易度は高く、上手に使いこなしているプレイヤーは価値あるプレイヤーといえるでしょう。

難易度が高い理由は、利き腕も利き腕ではない腕でも同じレベルで放てるようになることが前提となってくることにあります。

ここでは、フックシュートを決めるコツについて記載しますが、まずは全て左右両方の腕でできるようになることを前提に考えていくことが重要です。それから、ベビーフックなどの多様性を持たせることに進んでいくとよいでしょう。

①リングに向かって真っすぐ飛ばす

いずれのシュートにも共通して言えることですが、リングに向かって真っすぐ飛ばすことがシュートを決める上では重要です。しかし、フックシュートにおいては、このことがまず難しいのです。
何故フックシュートでまっすぐ飛ばすのが難しいのか?
フックシュートは、ほかのシュートよりも腕を動かす度合いが大きいため。
フックシュートは、大きく腕を動かしながら、最終的なリングまでの距離感やループの高さはボールを扱う腕の手首より先に依存するわけで、大きく腕を動かしつつ最後には繊細な指先のタッチでリングに向かって真っすぐ飛ばせるようになることが、フックシュートをマスターする第一歩と言えます。

②ループを高くすることでブロックをかわす

ひろ on Instagram: “パプ✨#大阪エヴェッサ#ファイパプ月瑠 選手#フックシュート” (100938)

バスケットボールのフックシュートは、ブロックされにくいシュートであり、裏を返せばブロックをかわすシュートテクニックです。フックシュートであれば、相対するディフェンスよりサイズが小さくてもブロックされる確率が低減することができます。

そして、更にブロックされる可能性を下げ、シュートがリングに吸い込まれる確率を上げるポイントが、ループを高くすることです。フックシュートは、ジャンプして放つシュートですので、上手にジャンプする力を生かして、より高いループのシュートを放つようにしましょう。

③シュートモーションでボールを奪われない

フックシュートは、相対するディフェンスからのブロックを避けることはできますが、シュートを放つ前にボールをスティールされては元も子もありません。

シュートモーションに入ってからリリースするまでは、ボールを片手の上に乗せたような状況であり、少しでもボールに対する影響があった場合には、シュート成功率は格段に落ちますので、相手ディフェンス以外のディフェンスの位置や動きもしっかりと把握してシュートモーションに入りましょう。

ただ、フックシュートはボールを片手で扱っている分、シュートモーションからパスに転じやすいので、成功率の低いシュートになるようなら、即座にパスに転じましょう。

フックシュートの4つの練習方法

フックシュートの練習方法は、いくつか方法がありますが、次のような順を追ってマスターする方法を説明します。

①フックパスをマスターし腕の使い方を理解する
②飛ばずにフックシュートを打ってリングを通す感覚を身に着ける
③動きながら②をやる
④ボールを保持してからフックシュートを放つまで一連を練習する


フックシュートは基本的に短い距離で使いますので、広い場所は必要としません。ここで紹介する練習方法などを、反復して成功率の高いフックシュートを身につけましょう。

ただし、フックシュートは、利き腕ではない腕でも放てるようにならなくては、その威力が半減しますので、右も左もそれぞれ鍛えましょう。
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テニスの上達法!上手くなるには5つのコツと練習方法【初心者ガイド】

テニスの上達法!上手くなるには5つのコツと練習方法【初心者ガイド】

なかなかテニスが上達しないとお悩みの方の方、中でも初心者の方は特に手探り状態で苦労する事もあります。ここでは、テニスの上達方法として、上手くなるためのコツと練習方法をご紹介します。ぜひ参考にして頂き、着実な上達を目指してください。
園城寺 希 | 3,621 view
テニスのボレーが上達する練習メニュー5選!基本をしっかりマスターしよう

テニスのボレーが上達する練習メニュー5選!基本をしっかりマスターしよう

テニスのダブルスで活躍するにはボレーの基本をマスターすることが重要です。テニスのゲームでポイントを取るために必要なミドルボレー・ハイボレー・ポーチボレーについて、上達に必要な体の使い方と練習メニューを5つご紹介していきます。
SKコーチ | 7,649 view
ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 2,587 view
バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
onomine777 | 6,268 view
バッティングセンターのコツを伝授!打てない当たらないとは言わせない

バッティングセンターのコツを伝授!打てない当たらないとは言わせない

初めてバッティングセンターに行くような野球初心者の方や女性でも、バッティングセンターでヒットを打てるようになるコツを打つ前の準備から細かく解説。また、応用編としてバッティングセンターでホームランを打つためのコツも併せて紹介しています。
onomine777 | 53,769 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO