2019年9月5日 更新

サッカーの基本ステップワークのクロスステップを覚えよう!

サッカーのクロスステップは、ゴールキーパーからフォワードの選手まで全てのポジションで使う基本となるステップです。クロスステップの基本である上半身と下半身の使い方を覚えた上で、サッカー独特の要素である顔の向き、重心の位置、スピードの変化を知ることが大切です。

  
41 view お気に入り 0

サッカーのクロスステップとは?

YutoNagatomo 長友佑都 on Instagram: “I worked with my friend at yesterday.We will do our best in today's match!! 今日の試合頑張ります!#ForzaInter #AppianoGentile  #Training” (84103)

全ての選手が使うステップ

クロスステップとは体の前で足を前後に交差させながら移動するステップで、サッカー以外にもバスケットボールやラグビーなど球技スポーツで使われることの多いステップです。

特にサッカーのクロスステップは、ゴールキーパーからフォワードまで全ての選手の動きの中で瞬間的に使われているステップで、その重要度は他のスポーツよりも高くなります。また、現代の少年年代ではクロスステップができない子どもが増えており、一般的なクロスステップのやり方とサッカーに特化したステップの両方の正しい知識を教えていくということが必要とされています。

ポジションや状況によって使い方が変わる

サッカーは相手の位置、ボールの位置、味方の状況など常にシチュエーションが変化し、それに対応しなければいけないスポーツであり、各々の状況に応じてクロスステップの使い方も変わります。

例えばディフェンスの選手がロングボールに対して下がるクロスステップや、ボランチの選手が背後のパスコースを切るために斜めに走りながら下がるクロスステップなど、ポジションによってもその使い方、必要な要素が変化してきます。

特にクロスステップが必要とされるポジションはフォワード、ウイング、ディフェンスの3つのポジションの選手であり、各ポジションにおけるクロスステップのやり方を身につけることが必須です。

クロスステップのやり方

上半身の向き

 (83973)

クロスステップを行う時に、上半身の向きおよび立位の維持は基本的な動作の1つで、上半身がブレてしまうと下半身に影響を与えてしまい正しいクロスステップになりません。

上半身の体の向きは、進行方向に対し垂直方向に向けるようにし、体幹にしっかりと力を入れて体をまっすぐに保ちます。

​イメージとしては、正面を向いたまま横方向へとステップを踏んでいくようなフォームです。体幹に力を入れることによって体が進行方向に向いてしまったり、肩がぶれることを防ぐことができ正しい姿勢を維持できます。また、顎を引いて腰から頭の先までの体軸を一直線にするように心がけましょう。

下半身の動かし方

クロスステップの動きで難しいとされているのが下半身の動かし方で、ステップの成否を左右する重要な部分です。

具体的には、ステップを踏む際に主に動かす部分は足先ではなく、腰の旋回運動で、腰をひねる動きで足を進行方向へと移動させていきます。腰の旋回と同時に必要なのが股関節を旋回する動きで、股関節を外から内へとまわす動作を行いながら進んでいきます。

この2つの旋回運動を組み合わせて進むことがクロスステップの正しいやり方であり、体の柔軟性も必要になり、柔軟トレーニングも含めて繰り返し練習しないと身につけることができない技術です。

サッカーで使うクロスステップのポイント

顔はボールの方向に向ける

 (83974)

サッカーの試合では、ボールを中心として前後左右に動き回らなければならず、サッカーで使うクロスステップもまたボールを中心として考えなければなりません。

サッカーのクロスステップでは顔をまずボールの方向に向けるようにし、体の向きは進行方向に対して垂直にならず、進行方向の斜めに向くようにします。

何故ならば、垂直においているとボールが出された時に1歩目が出遅れてしまい、相手に先に触られてしまう要因にもなってしまいます。また、顔をボールの方向に向けるのはボールが出るタイミングを見逃さないようにするためであり、サッカー独特のクロスステップのフォームになります。

腰を落とす

 (83975)

クロスステップの基本フォームでは腰を落として行う必要はなく、腰の旋回と股関節を使うだけで良いとされていましたが、サッカーに特化した場合、プラスして腰を落とすということが必要になります。

何故ならば、腰を落とすことによって重心が低くなり、どの方向に対しても移動しやすくなるからです。

サッカーの試合では左右のステップをすぐに切り替えなければいけなかったり、進行方向が前後入れ替わるなど常に状況の変化に応じて対応を迫られるため、クロスステップでもその準備をしておく必要があります。腰を落とすことで対応できるようになりますが、落としすぎると逆に動けなくなるので、そのさじ加減は練習をして身につけていきましょう。

スピードを使い分ける

クロスステップは一定のスピードでトレーニングを行いますが、サッカーの試合では一定のスピードで走り続けるというシーンは存在しません。急にスピードが上がったり、逆に緩めたりと、相手の動きやパスのスピードによって常にこちら側の動きのスピードも左右されます。

スピードの緩急において重要なポイントは、腰の旋回を使って切り替えるのではなく、股関節で切り替えることです。理由は、腰の旋回は大きなターンが必要な時に使用する分時間がかかるため、スピードの切り替えには不向きだからです。

股関節の旋回を使うことで、よりコンパクトに短時間でステップの切り替えができるため、緩急が必要な時は意識して行いましょう。

フォワードやウイングの選手が使うクロスステップ

試合中にクロスステップを使う場面

 (83992)

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンのステップ特集!フットワークを速くする方法とは?

バドミントンのステップ特集!フットワークを速くする方法とは?

スピードの速いバドミントンにおいて、フットワークの速さとそれを支えるステップの技術は試合に勝つ上で必須の要素です。ここでは、バドミントンのステップの種類を紹介し、それを使ったフットワークを速くする考え方、練習方法を紹介しています。
ratinalife01 | 20,862 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori