2020年2月5日 更新

スコーンリグとは?使い方やおすすめスイミングジグとシャッドテールを紹介

スコーンリグはラバージグとシャッドテールを合わせたスイミングジグです。プリスポーンのデカバスの釣果実績が高く、湖から野池まで全国の様々なフィールドで活躍しています。スコーンリグの使い方と各メーカーから販売されているおすすめのアイテムについて徹底解説していきます。

2,530 view お気に入り 0

スコーンリグとは?

 (93872)

スコーンリグは主にバス釣りを中心に使われるルアー。フッドボールタイプのラバージグに5インチ前後のシャッドテールワームを合わせたスイミングジグです。

ラバージグは本来リフト&フォールやボトムバンプなどの縦の釣りに使われることがほとんどですが、シャッドテールワームを組み合わせることで一定のレンジをキープしながら引くことができます。

プリスポーンの魚に対して抜群の効果を発揮

スコーンリグは産卵を控えたプリスポーンの魚に対して非常に効果的です。特に水温がまだ下がっている状態でも産卵のために荒食いするコンディションの良いデカバスに対しての実績が高く、デカバスを狙って釣れるリグとしても人気を集めています。

スコーンリグの使い方

yasushi kawaguchi on Instagram: “秋のスコーン絶好調🔥 モグラジクスイミング7gにフルスイング5インチor4インチが個人的なセッティング😎 この時期の野池やと枯れたヒシ藻攻略にも役立つし、カバー周りやレイダウンに当てても根掛かりにくいし、全層探れて出来て万能👍  #スコーンリグ #イマカツ…” (93160)

スコーンリグの使い方を紹介します。誰でも簡単に扱えるリグであるため、使い方を覚えればすぐにでもフィールドで釣りを楽しめます。

キャストする

MIMU on Instagram: “この2本立てでやりきりたいと思います♪#バス釣り#熊本バス釣り #アラバマリグ #スコーンリグ #シマノ #fishshimano #バンタム” (93165)

スコーンリグに使われるラバージグは10〜14グラム前後がほとんどですが、シャッドテールワームに自重があるため30グラムまでのリグを快適にキャストできるタックルを用意しましょう。キャストする時は広範囲を素早くサーチするためにできる限り遠投するのが定番です。
おすすめのロッドスペックは?
スコーンリグをキャストするためのロッドにはMH〜Hクラスのベイトロッドがおすすめ。長さはそれぞれの好みに合わせて6フィート前半から7フィートまでが定番です。

一定のレンジをリーリングする

Jun on Instagram: “今日は爆風の中スコーンリグ巻いてたら50upがバイトして来たけどバラしました😫スーパースタリオンGTの入魂お預け😭⤵️ #岩手 #バス釣り #スコーンリグ #とにかくショック” (93162)

スコーンリグはバスのついている一定のレンジを、安定して引いてこれる点も魅力です。表層を早巻きでアプローチする使い方はもちろん、中層をデッドスローで引くことでバスにしっかりとルアーを視認させることも可能です。またヘッドの形状を選べば根掛かりを最小に抑えられるため、ボトムにコンタクトさせながら引いてくる使い方も効果的です。

明確なバイトを待ってフッキングする

Yuhei on Instagram: “上顎ガッツリ巻き合わせ決まりました。 45×1#琵琶湖バス釣り #スコーンリグ #スイングインパクト #スイミングマスター #バス釣り#バスフィッシング #琵琶湖” (93164)

スコーンリグはバスがルアーをチェイスしてきて、捕食することがほとんどであるため、テールにショートバイトしてしまうことも珍しくありません。バスは1回で捕食できなかった時にもう一度ルアーを追ってきてしっかりと捕食しようとするため、バイトミスに慌てずそのまま一定速度で巻き続けることが、しっかりとしたフッキングが決まるポイントです。

スコーンリグにおすすめのスイミングジグ3選

バス釣り用に販売されているラバージグの中にはスコーンリグにおすすめのスイミングジグと呼ばれるアイテムがあります。ここでは各メーカーのスイミングジグの中から特に釣果実績の高いアイテムを紹介します。

ハイドアップ スライドスコーンジグ

 (93100)

メーカー ハイドアップ
自重 9g
ハイドアップから販売されているスイミングジグ。スコーンリグの由来にもなった元祖とも言えるアイテムです。スイミングアクションはもちろん、ブルーギルなどのベイトフィッシュをイミテートした独自のフォールアクションは様々なシチュエーションでバスの捕食本能を刺激します。
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法は、大潮の干潮と満潮を知り大潮の釣りのポイントをおさえることです。大潮の日は、潮の流れが速くなるため魚の動きが活発になります。大潮ならではの釣り方をすれば、釣果を上げることが可能です。大潮の釣りに行くときには、攻略法をぜひ参考にしてください。
Hijiki- | 845 view
長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮は潮の満ち引きが少なく、釣果があがりにくい潮回りです。長潮の攻略法はベイトの多いポイント選びで、防波堤の先端、ブレイク、常夜灯、ストラクチャーといった1級ポイントを丁寧に攻めましょう。長潮でよく釣れる魚はアオリイカやヒラメで、潮回りに合わせてターゲットを選ぶことも釣果アップに繋がります。
takagi | 2,538 view
12月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは狙う場所を絞ること?

12月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは狙う場所を絞ること?

12月のバス釣りを攻略するためには、狙う場所を絞ることです。秋から冬へ移行していく12月のバスは水温の安定した深場を目指します。また、同時に活性も落ちていき動きが鈍くなるのが特徴です。体力のあるバスは時間帯によってシャローエリアに入る個体も存在します。バスが居着くであろう場所を絞り、丁寧に探ることが釣果アップのコツです。
茂手木宗一郎 | 129 view
中潮とは?海釣りでの中潮の釣り方を徹底解説!潮回りを攻略しよう

中潮とは?海釣りでの中潮の釣り方を徹底解説!潮回りを攻略しよう

中潮とは、干潮や満潮など潮の満ち引きを表した言葉です。潮回りは釣りをする上で大事なポイントの1つです。特徴を理解すれば周りとの釣果にも差がつきます。特に中潮は釣りに出かけるには最適なタイミングです。中潮の仕組みから釣り方まで詳しく解説します。
Anonymous | 1,685 view
アニサキスとは?魚の刺身などによくいる寄生虫7種と対策方法とは?

アニサキスとは?魚の刺身などによくいる寄生虫7種と対策方法とは?

アニサキスとは、魚介類に寄生する寄生虫の一種です。白い糸のような見た目の小さな寄生虫ですが、アニサキスが寄生した魚介類を誤って食べると激痛や嘔吐を伴う食中毒を起こすことがあります。正しく加熱や冷凍をすることにより、食中毒を予防することができます。
Anonymous | 4,441 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01