2018年12月23日 更新

トーキックの蹴り方!コツや練習方法を解説【サッカー上達ガイド】

サッカーには、たくさんのキックの蹴り方があります。トーキックとは、キックの一つで、足のつま先でボールを押し出す蹴り方になります。トーキックは、コントロールが付きにくいですが、相手の意表を突くことができるキックですから、コツを覚えておくと役立つ蹴り方です。

  
2,051 view お気に入り 0

サッカーのトーキックとは?

サッカーには沢山のキックの種類があります。サッカーは、足でボールを扱い、味方とともに相手ゴールを目指すスポーツですが、足だけでボールを扱うといってもその蹴り方は何種類もあります。

サッカーの蹴り方の1つにトーキックもあります。トーキックは、足の爪先でボールを押し出す蹴り方で、あまり力を入れなくても強く蹴ることができ、遠くへ飛ばすこともできるキックです。しかし、点でボールを蹴りますので、扱い方も難しい蹴り方です。

力の要らないキック

サッカーのトーキックは、力を入れなくてもコツを掴めば、強く蹴ることができる蹴り方です。トーキックは、小さなモーションや振りでも十分強く蹴ることのできる蹴り方です。それは、サッカーのトーキックがボールを点で蹴るためです。

サッカーのトーキックは、ボールを爪先で蹴るので、力が一点に集中して小さな力でも強く蹴ることができるのです。しかし、練習をしていないと思ったような場所に蹴ることは難しい蹴り方でもあります。

早いボールが蹴れるキック

Toshiki Nishiyama on Instagram: “2018,4,22🆚栃木SC#レアンドロドミンゲス #横浜fc #yokohamafc #hamablue #三ツ沢を青にそめよう #ニッパツ三ツ沢球技場 #サッカー #soccer #jleague #j2 #一眼レフ #ミドルシュート #シュート #photo” (32923)

サッカーにおけるトーキックは、力を入れなくても強くボールを蹴ることができる蹴り方です。ボールを強く蹴るには、足を思いっきり振ったり、筋力が必要になると思いがちです。

しかし、サッカーのトーキックであれば、小さな足の振りでも筋力がなくても強くて速いボールを蹴ることができます。筋力がなくても点でボールを押し出すことで、強くて早いボールを蹴ることができます。この特性を活かすことでトーキックをシュートで有効に使うことができます。

コントロールの付きにくいキック

サッカーのトーキックは力はいりませんが、その蹴り方ゆえにコントロールの付きにくい蹴り方です。強くて速いボールを蹴ることができるのがトーキックですから、遠くに飛ばすことも可能です。
しかし、サッカーのトーキックは、ボールを点で押し出すために、コントロールが付きにくいキックです。小さな力で遠くに飛ばすことができる反面、距離が出れば出るほどにコントロールが付かなくなるキックですから、シュートには使うことができても、パスには使いにくいキックです。

トーキックの蹴り方

サッカーにおけるトーキックの蹴り方は、ボールの中心を爪先で押し出す蹴り方です。点でボールを蹴りだす蹴り方ですから、コツが必要になります。力任せにキックをしても遠くまで飛ばしたり強く蹴ることが難しいキックなのです。

蹴り方としては、足の振りは小さくして、蹴る強さよりも蹴る場所を意識しながらボールを蹴ることです。ボールの中心付近を確実に蹴りだすことができれば、それだけで強く遠くへボールを飛ばすことが可能になります。

爪先でボールを押し出す

元サッカー日本代表 城彰二が教えるサッカー 「トーキック」編

サッカーのトーキックの蹴り方は、爪先の点でボールを押し出す蹴り方です。トーキックはあまり練習で使われるキックではありません。その理由として、コントロールが付きにくいのでパスなどに使えないのです。

トーキックはシュートの時にこそ真価を発揮する蹴り方です。ボールを爪先で押し出すので、ドリブルをしていたり、咄嗟の時に爪先でボールを押し出すことで得点を奪うチャンスを広げるためです。爪先で点を蹴ることは難しいからこそ、普段の自主練などで鍛えておく必要があります。

膝下をコンパクトに振る

【サッカー】UCLバルサ・スアレス絶妙トラップ&トーキック!

サッカーでトーキックを蹴るコツとしては、膝下をコンパクトに振ることで、確実にボールの中心に近い場所をミートすることです。トーキックは、確実にボールに足を当てることができれば、それなりに遠くまで飛ばすことができます。それだけ、1点に伝わる強さが大きいことがわかります。
膝下をコンパクトに振るコツは、腿を動かさないということです。腿を大きく動かさなければ、膝下の振りでボールを蹴るしかありませんから、足の振り出しのコントロールが良くなり、しっかりとボールを蹴れます。

ボールの中心を蹴る

基本技『トーキックシュート』(『サッカーアルゼンチン流 個人スキルバイブル【DVD付】』より)

サッカーのトーキックを強く、遠くに蹴るためには、ボールの中心を確実に蹴ることが重要です。
サッカーにおけるトーキックは非常に蹴り方が難しいものです。ボールを点で押し出すために、蹴る場所を間違えると思うような勢いが出ないのです。そこで、理想的な蹴り方としては、ボールの中心を蹴ることで、一番効率よく力を伝えて威力のあるキックをすることができます。
サッカーでは、得点を取るためには、ボールを浮かさないことも大事になりますから、中心よりも少し上を意識して蹴ることでボールが浮かないようにすることもできます。

トーキックの使い方

サッカーにおいて、トーキックが威力を発揮するのは、シュートのシーンになります。
サッカーでボールを蹴るのは、パスとシュートの時が考えられます。トーキックを使うのは、主にシュートになります。なぜなら、サッカーでトーキックは咄嗟の時にモーションが小さくても蹴ることができる蹴り方ですが、点で蹴るためにコントロールが付かないのです。
ですから、パスには不向きなキックでありますし、受け手のことを考えても使うべきではありません。

混戦状態からのシュート

日韓W杯トルコ戦でのロナウドのゴール【ドリブルバイブルβ ♯41】

サッカーでトーキックが役立つシチュエーションの1つに混戦状態があります。
サッカーでは、シュートを打つタイミングは相手のゴールに近い場所と考えますが、そこは、味方も敵も大勢がいる場所ですから、混戦になっていることが多いです。そういった場所で、自分の蹴りたいモーションでタイミングを計ってボールを蹴ることはほとんどできません。ですから、こうった混戦状態では、振りが小さくてすぐに蹴ることのできるトーキックが役立ちます。
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 1,215 view
トーキックの必要性と試合中での使うポイントとは?コツや練習方法など

トーキックの必要性と試合中での使うポイントとは?コツや練習方法など

サッカーで使われるトーキック(トゥーキック)のトゥーとは、つま先を意味します。その名の通りつま先で蹴るキック、それがトーキックです。サッカーのキックの種類の中でも、簡単なのに難しい蹴り方。そんな奥が深いトーキックについて解説しています。
YouSay2000 | 640 view
インステップキックの正しい蹴り方と練習方法!サッカー上達ガイド

インステップキックの正しい蹴り方と練習方法!サッカー上達ガイド

サッカーのインステップキックは試合で強いシュートを打つ、ライナー性のパスを出す、ロングキックで遠くにパスするときの3つに分類されます。それらのすべてに共通するインステップの蹴り方の基本から、シュート、ライナーパス、ロングキックそれぞれの練習方法と上達のコツを紹介しています。
nosedori | 1,518 view
軟式ボールの規格変更!ボールの歴史と合わせて解説【初心者ガイド】

軟式ボールの規格変更!ボールの歴史と合わせて解説【初心者ガイド】

軟式ボール規格の変更が発表され、2018年度から全日本軟式野球連盟の大会から使用されます。規格変更によってボールがどのように変わったのかを調べてみました。過去使われていた軟式ボールの歴史を振り返りながら、軟式ボールについて解説します。
Act | 1,844 view
ドライブシュートの打ち方・蹴り方とは?落ちるシュート!

ドライブシュートの打ち方・蹴り方とは?落ちるシュート!

ドライブシュートは、サッカーにおける変化球とも言えるシュートの一つです。 ドライブシュートはボールの軌道が、ストレートのラインを描きつつ、途中で下に急激に落ちるキックを言います。 このキックを蹴るには、非常に高い技術が必要になりますが、練習次第でできます。
camarade20042000 | 18,598 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000