2019年3月11日 更新

ジグヘッドの結び方特集!初心者でも簡単にできる方法とは?

アジングやメバリングで多用するジグヘッド。初心者でも楽しめるライトゲームですが、ラインの結び方をきっちりマスターしていますか?ここではジグヘッドの基本的な結び方をアングラー初心者の方にも分かりやすいよう、丁寧に解説します。

  
416 view お気に入り 0

ラインとジグヘッドを繋ぐ結び方の重要性

ラインの結び方はタックルの基本

釣りを始めるにあたってマスターしなければならないのが、ラインの結び方です。ジグヘッドやルアーとライン、スナップやタルカンとラインなど幾度となくラインを結ぶ作業が必要となります。エサ釣りと違い、ジグヘッドとラインとの結び方は、釣り針とラインとの結び方に比べるとかなり簡単です。ここではジグヘッドとラインを結ぶ結び方の、基本パターンをご紹介します。

結び方はフッキングを左右

ラインの結び方は、魚が針に食いついた時のフッキングを左右します。きちんと結び方をマスターしていないとせっかく釣り針に魚が食いついても、ラインがすっぽ抜けたりするとせっかくの魚をバラしてしまうことになりかねません。そのためラインの結び方は、タックル作りの第一歩となります。

結び方はジグヘッドの動きを左右

ジグヘッドとラインとの結び方はルアー(ワーム)の動きを左右します。結び方が悪いとルアー(ワーム)がぎこちない動きをし、魚が釣れない場合があります。ルアー(ワーム)を自由自在に、もしくは自然に動かしたい場合にも結び方をマスターする必要があります。

ジグヘッドとは

ジグヘッドの部位説明

 (73123)

ジグヘッドはオモリの部分であるヘッドと、釣り針部分であるフックが一緒になっている釣り道具です。またこのフックの先をフックポイントと呼び、このフックポイントは非常に鋭利になっていますので、ラインを結ぶ際注意が必要です。このオモリの部分であるヘッドには、アイと呼ばれるリングがあり、ここにラインを結んだりスナップを取り付けたりします。このアイはジグヘッドによってついている場所が異なりますが、基本的に結び方は変わりません。

ジグヘッドで釣れる魚

 (73124)

ジグヘッドで釣れる魚は実はさまざまです。サイズが小さいジグヘッド(0.5~3g)は、アジングやメバリングなどのライトゲームでよく使われます。

10g以上のジグヘッドになると、マゴチやシーバス、そしてキジハタなどの大型ロックフィッシュを釣る時にも使われます。特に大型のターゲットを狙う場合は、結び方の強度が非常に重要となります。是非ジグヘッドの結び方をマスターし、小型から大型の魚まで様々な釣り方に対応できるようになりましょう。

このワームを使う釣り道具を“リグ”と呼ぶこともあります。オモリのあるジグヘッドは“ジグヘッドリグ”と呼びます。ちなみにオモリのないリグはノーシンカーリグと呼びます。

ジグヘッド結び方①(クリンチノット)

クリンチノットの結び方手順①

 (73050)

クリンチノットはラインやリーダーをスプリットリングなどに結ぶ、最も基本的な結び方です。ジグヘッドに結ぶ時はもちろん、ルアーなどにも使うため、覚えておいて損はない結び方です。

まずラインをジグヘッドのリングに通し、折り返したセンターを元のラインに5回前後絡めます。絡める時にジグヘッドをくるくる回すと絡めやすいのですが、ジグヘッドの釣り針、フックポイントで手を怪我をしないよう注意しましょう。

クリンチノットの結び方手順②

 (73051)

リーダーの先端をもう一度折り返し、アイ(リング)とので前にできた輪に通します。

クリンチノットの結び方手順③

 (73052)

②によってできた輪の中に先端をもう一度折り返してから通します。

クリンチノットの結び方手順④

91 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

C.C.XY C.C.XY