2019年5月4日 更新

メバルの仕掛け特集!仕掛けごとのおすすめの釣り方とは?

小気味良いヒキと食べても美味しいことから人気のメバル釣り。初心者はもちろん、お子様と一緒に楽しめる釣りとしても人気ですが、どういった仕掛けにすればよいのかご存知ですか?ここではメバル釣りの仕掛けから釣り方のコツまでしっかりとご紹介します。

  
49 view お気に入り 0

春の訪れを告げるメバル

 (75982)

春を告げる魚として知名度の高いメバルは、主に西日本から九州地方でよく釣れる魚です。春を告げる魚と言われる通り、初春の1月後半から3月中にかけてが旬の魚です。またメバルは眼張とも書き、目が大きいのも特徴です。

他にも魚へんに休むと書きます。これは岩底や海草の陰に隠れ獲物をじっと待っている姿を現しています。基本的には手のひらサイズですが、中には尺メバルと呼ばれる30cm程度のものが釣れる場合もあります。小型ながらも小気味の良い引き、食べても美味しいと釣り客に人気の魚です。

メバルの習性に合わせた釣り方を

メバルは海岸近くの海藻が多い岩礁地域に、群れをなして生息しています。肉食性になり、甲殻類や小魚貝類などを好んで食べています。旬は冬から春にかけてで、船からはもちろん港や堤防から釣れます。港や堤防、磯など海岸近くでは黒メバル、沖合いでは赤メバルが良く釣れます。

メバルの名前の通り目が大きいので視力が良く、細く透明なハリスがおすすめです。また、群れを作って生息しているので、同じポイントで次々と釣れることも珍しくありません。そのためアタリがあった場合、手元にゆっくりと引き寄せ、群れから外したところで引き上げるようにしましょう。

メバル釣りは2通り

 (75981)

ルアーでメバルを狙う場合

ルアーでメバルを狙うことをメバリングと呼びます。仕掛けが単純で、しかも荷物も少ないためライトゲームと呼ばれ、男性はもちろん女性にも人気の高い釣り方になります。ルアーでメバルを狙う場合はメバル用のライトロッドと、小型のスピニングリールがあれば十分です。ルアー釣りでも仕掛けの種類が1つではなく、実は様々な種類があります。

エサでメバルを場合

エサでメバルを狙う釣り方は最も一般的で、小さなお子様でも釣れるため、ファミリーフィッシングに向いています。エサに使うのは、モエビや虫エサなどです。ウキを使った仕掛けが一般的ですが、エサ釣りでも様々な仕掛けがありそれぞれ違った面白さがあります。 ルアーを使った仕掛けよりも釣果が期待できるので、 釣り初心者の方にもおすすめです。

メバル釣り:ルアー釣りの4種類の仕掛け

メバル釣りの仕掛けと釣り方①

 (75619)

メバルをルアーで釣る仕掛けの中で最も一般的な通称、ジグ単と呼ばれる仕掛けです。やや短めのルアーロッドに小型から中型のスピニングリール、メインラインはPEラインにするのが一般的です。ショックリーダーは最近ではフロロカーボンが流行しています。このショックリーダーにジグヘッドを取り付け、さらにワームを付けてメバルを狙います。投げやすく、ルアーアクションもしやすいこの仕掛けが、いわゆるメバリングの最も基本的な仕掛けになります。

メバル釣りの仕掛けと釣り方②

 (75620)

スリップショットリグは、ルアーアクションをより自然に行いたい時の仕掛けになります。先ほどのジグ単の仕掛けとは異なり、フックとオモリの距離が離れているのが特徴です。そのため自然なルアーアクションが可能になります。仕掛けに使う釣り道具はほとんど一緒ですが、オモリとなるガン玉と、メバル用の小型のフックを用意します。このフックにワームをつけてメバルを誘い、あたりを合わせます。ジグ単よりも飛距離が出ないため、堤防周りの足元付近を探るのにむいています。

メバル釣りの仕掛けと釣り方③

 (75621)

ダウンショットリグは、スリップショットリグと同じくワームを自然なアクションをさせたい時にぴったりな仕掛けになります。しかもシンカーがついているため遠投もでき、海底の底をとる際に、根掛かりのリスクも少ないのが特徴です。そこまでしっかりと仕掛けを落としワームの自然な動きでメバルを誘い、あたりをあわせます。エダスがあるため、フックがメインラインに絡みやすいというデメリットがありますが、ジグ単よりも自然なルアーアクションさせる時におすすめの仕掛けです。

メバル釣りの仕掛けと釣り方④

 (75622)

風が強い時は基本メバルも釣れないのですが、風が強い時や、より沖を狙う場合、遠投性能の高い仕掛けにする必要があります。キャロライナリグはジグ単の仕掛けに中通しのオモリ(投げウキ)を追加した仕掛けになります。オモリの場合は海底を探るのに、投げウキの場合は、タナを狙い打ちする際にぴったりです。中通しのオモリは基本的に仕掛けを作る前にメインラインに通しておくタイプなのですが、後付できるタイプのキャロライナシンカーもあるので一つあると便利です。港や堤防から、より沖へ遠投したいときに使う釣り方です。

ルアーを使った釣り方のコツ

84 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

釣りの仕掛けの基本とは?仕掛けの作り方を初心者向けに徹底解説!

釣りの仕掛けの基本とは?仕掛けの作り方を初心者向けに徹底解説!

釣りは、狙う魚種に合わせた仕掛けで魚を釣りますが、必ずしもターゲットが釣れるわけではありません。釣れない状況の場合は、その場で仕掛けを変更して違う魚種を狙うこともしばしばあります。どんな状況にも対応できるよう多くの仕掛けを覚えておくと楽しみが広がります。
skynetasia391k | 109 view
アジングの仕掛けを徹底解説!初心者が覚えておくべき釣り方とは?

アジングの仕掛けを徹底解説!初心者が覚えておくべき釣り方とは?

これからアジングを始めようという入門者の方やイマイチ釣果の上がらない初心者の方の為に、アジングの釣果があがる仕掛けと道具選びを丁寧に解説します。アジング仕掛けに詳しくなってアジングを楽しみましょう。
C.C.XY | 914 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

C.C.XY C.C.XY