2018年3月26日 更新

無回転シュートの蹴り方と打ち方を徹底解説!コツをマスターしよう

現代サッカーのトレンドになっている無回転シュート。通常のシュートにもフリーキックにも使われる無回転シュートはサッカーにおいて得点確率の高いすごいシュートとされています。その無回転シュートに関して蹴り方・打ち方のコツを含めた解説を行っていきます。

  
26,707 view お気に入り 0

サッカーの無回転シュートとは?

cartaoamarelo.com (29231)

はじめにサッカーの無回転シュートとはどのようなシュートでどのような蹴り方や打ち方なのかを説明します。
通常サッカーでもっとも頻繁に使われるボールの蹴り方はインサイドキックだと思いますが、これは正確性に優れた蹴り方や打ち方だからですね。サッカー初心者はここからスタートしますよね。
そして強いボールを蹴りたいときにはインステップキックを活用し、ロングボールを蹴りたいときはインフロントキックを使うというように、サッカーでは蹴り方うや打ち方のスキルを使い分けます。
これらのサッカーの基本的な蹴り方や打ち方は実はすべてボールに縦や横方向の回転がかかっています。逆に言えばこの回転を使ってカーブをかけてコントロールしたりするのが基本的なサッカーのボールの蹴り方や打ち方となり、シュートに関しても同様だと思います。
これに対してサッカーの無回転シュートとは、縦や横の回転をかけずに強いシュートを行う蹴り方や打ち方の総称として使われており、これはパスではなくシュート専用の蹴り方や打ち方となっています。
この回転をかけない「無回転」というところにサッカーで無回転シュートを使う大きなメリットがあるのです。

サッカーの無回転シュートのメリットとは?

これはスゴイ!【本田圭佑】ブレ玉無回転フリーキックゴール4選!~Keisuke Honda

サッカーの基本的な蹴り方や打ち方では必ずボールに回転がかかるのに対して、無回転シュートは回転をかけずに行う蹴り方や打ち方となっていることには、一体どのような効果があるのでしょうか?
ズバリ言ってしまうとボールがブレ球となり不規則な変化を起こすのが無回転シュートという蹴り方・打ち方なのです。
サッカーではボールが横回転によってカーブするのが普通で、縦回転では下に落ちますし、アウトサイドを使えばシュート回転ですからカーブの反対に曲がります。
ですからサッカーに習熟したGKであれば、シュートの瞬間にシュート体勢やボールの動き方から変化方向を予測するのが可能となるのですが、無回転シュートの場合あまりにも不規則で物理的な制約を受けない変化をするためにこのような予測がまず不可能となります。
そのため仮にGKの正面方向に無回転シュートが飛んでしまっても、キャッチングすることはおろかパンチングでさえも困難となります。
このようにサッカーにおいて極めて得点確率の高い効果的な蹴り方や打ち方が、無回転シュートというものなのです。

サッカーの無回転シュートのデメリット

サッカーにおいて無回転シュートが非常に強力で得点確率の高いシュートなのはわかっていただけたと思いますが、それでは実際にサッカーの試合で頻繁に無回転シュートによるブレ球シュートが活用されているかと言うと答えはノーです。
サッカーにおいて無回転シュートは、前述したようなメリットと同程度に大きなデメリットがあるからなんです。
今後サッカープレイヤーとして武器になる無回転シュートを練習で習得していく前に、しっかりとこのデメリットについても理解しておく必要があります。
Getty Images (29233)

体得が困難な蹴り方・打ち方である

無回転シュートとはボールに回転をかけない蹴り方や打ち方を練習して身につけるわけですが、これはサッカーの基本的なボールの蹴り方や打ち方とはかなり違うため、現実的に習得は極めて困難だと言えます。
ですからサッカースキルが圧倒的に高い選手であっても相応の練習量が必要ですし、非常に独特のフィーリングを必要としますから狙ったときに狙ったように無回転シュートを放つのは、どれほどコツを練習で身につけていても簡単ではありません。

実戦での使用の困難な蹴り方・打ち方である

http://kimadaitrend.blog.so-net.ne.jp (29238)

またサッカーの無回転シュートは後述しますがインパクトが難しいため、基本的にドリブル中や密集地帯でのシュートとしては非常に蹴りにくいものとなっています。
特にボールが動いている状態から正確な無回転のインパクトを行うのは難易度が高いため、実際にサッカーの試合中に狙えるシチュエーションはそれほど多くありません。
ですからサッカーにおいてはほとんどの無回転シューターはフリーキックなどのプレイスキックで無回転シュートを活用しています。

コントロールが難しい蹴り方・打ち方である

そして最もサッカーで無回転シュートを活用するための障害となっているのがそのコントロールの難しさにあります。
ブレ球である無回転シュートはその変化をコントロールできませんから、同様に飛ばす方向もコントロールが効きません。つまりサッカーの基本とも言えるゴール隅を狙うようなテクニカルなシュートには無回転シュートは使いにくい、使えないということです。
サッカーではシュートまでもっていくことがまず難しいスポーツですから、最大のチャンスに無回転シュートを使うのは非常にリスキーだと言えます。そのためサッカーにおいては無回転シュートの活用法として、ペナルティエリア外からのミドルシュートに使うのが一番無難だとされています。

変化のための距離が必要な打ち方

 (29239)

無回転シュートによるブレ球の特性を引き出すためにはある程度の距離が必要となることも、無回転シュートが使いにくい要因となっています。同一方向への回転をかけたシュートであれば変化量を期待できる距離でも、ブレ球である無回転シュートの場合は変化量そのものにはあまり期待できません。
ブレ球のブレ幅は距離に比例して大きくなるため、短い距離ではキャッチしにくいという特性をあまり発揮できないままゴールまで到達してしまうのです。この点でもミドルシュートもしくはロングシュートに使うのが望ましいことがわかります。特にシュートを意識することのないほどの距離からのロングシュートで無回転シュートを使えれば、意外性の面からも強力な武器になると思います。

独特な蹴り方・打ち方による弊害

サッカーの無回転シュートの活用の難しさをデメリットとして説明してきましたが、これらに加えて独特な蹴り方や打ち方にも弊害が多いのです。
点で捉えるインパクトがブレ球となる無回転シュートには必須なコツですが、これはインパクトにおいて足首をある程度固定する必要があります。これは柔らかなタッチによるコントロールとは相反するものですから、無回転シュートを体得することでその他のプレイの精度に悪影響が起こる可能性があると思います。また、足首を固定しながら蹴るため、インパクトのコツをしっかり身につけないうちは蹴り損ねなどで怪我しやすいところも問題です。よって成長期のサッカープレイヤーにはおすすめできるものではありませんし、すでに身体の完成した選手であっても練習のやり方や練習量に注意を払って練習して欲しいと思います。

無回転シュートのデメリットを覆すほど効果的ものとは?

ここまで読んでくると無回転シュートには沢山のデメリットがあり、それほど有効なシュートではないのかな?という疑問を持たれたかと思います。しかし、サッカーにおいて無回転シュートは、しっかりと極めることで前述のデメリットすべてを覆せるほど得点に直結させることができる効果的なシュートなのです。
GKがキャッチングしにくいブレ球であるということは、無回転シュートを枠内に飛ばすことができればほぼ100%GKが弾いてこぼれ球を狙うことができます。また変化によってはGKの正面に飛んだとしてもGKが触ることすらできずにゴールする場合もあります。
つまりサッカーで重要なフィニッシュの面から言えば圧倒的に有効なシュートが無回転シュートだと言えます。フリーキックに活用できることも考えれば、習得することでサッカー選手としての大きな武器になるわけです。

【C・ロナウド】ブレ玉無回転フリーキックゴール集TOP20!これはスゴイ!

こちらの動画が無回転シュートの弾道がどのようにブレて不規則なのかが分かりやすいと思います。
そのフリーキックも最初の変化と最終的なゴール地点が違っているので、変化初期に予測することが不可能となっています。

サッカーの無回転シュートがブレ球となる仕組み

76 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
camarade20042000 | 8,436 view
サッカーのシュートの蹴り方!キックのコツやフォーム【上達ガイド】

サッカーのシュートの蹴り方!キックのコツやフォーム【上達ガイド】

サッカーで得点を取るために、シュートの精度というのは重要になってきます。サッカーのシュートはどんな状況であってもゴールの枠内に飛ばすことができれば、その分得点の可能性も高くなるのです。フォームを意識して、蹴り方を身に着けることが重要になります。
camarade20042000 | 2,683 view
サッカーの蹴り方特集!シュートなどのボールのキック【上達ガイド】

サッカーの蹴り方特集!シュートなどのボールのキック【上達ガイド】

サッカーの試合を見ていてサイドチェンジする時の蹴り方や、クロスボールにカーブがかる蹴り方、シュートの際の強い打ち方などを見たことがあると思いますが、それぞれ蹴り方があります。今回はサッカーの蹴り方特集!と題して初心者でもわかるようにご紹介していきたいと思います。
masamiohdaira9 | 1,932 view
サッカー練習メニュー!高校・中学でおすすめしたい練習法とは?

サッカー練習メニュー!高校・中学でおすすめしたい練習法とは?

サッカーには多くの練習メニューがあります。サッカーの試合を想定したものやアップに使うものなど、その用途は様々ですが、色々な練習メニューを組み合わせることでサッカーの試合に勝てる技術を身に付けていきます。その中から高校・中学の時にやっておきたい練習法を考えます。
camarade20042000 | 16,647 view
サッカー蹴り方特集!キックの種類や蹴り方のコツのポイント解説

サッカー蹴り方特集!キックの種類や蹴り方のコツのポイント解説

サッカーのキックにはどのような種類があるのかご存知ですか?インサイドキックやインステップキック、インフロントキックなど、蹴り方でボールの飛び方は大きく変わります。ここでは初心者でもわかるように、サッカーで使うキックの種類と蹴り方のコツを解説します。
YouSay2000 | 30,932 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS