2018年12月29日 更新

ジョギングに効果的な時間帯とは?朝・昼・夜のどの時間が一番よいのか?

「ジョギングは走る時間帯で効果が違う」という情報を耳にし、ベストなタイミングを模索している方も多いのではないでしょうか?朝や昼、夜のコンディションによって、効果が異なります。今回はジョギングの時間帯別の効果とその効果が期待できるとされる理由を解説します。

  
2,364 view お気に入り 0

朝と夜の時間帯によるジョギングの違いとは?

TAKAHIRO on Instagram: “正月太りする前にダイエット🏃愛知池4周ちょい.普段は短距離で30km走るの久しぶりで足疲れた🙃だけど愛知池は走りやすくて好きわ🙌..#愛知池#ランニング#30km#ダイエット#ナイキ#ナイキラン” (65650)

ジョギングにはいつ走るかによって違ったメリットがあります。ただし、いつ走る場合でも、注意点があることも把握しておきましょう。朝の時間帯には事前の準備を行うことを、夜の時間帯には体調管理を行うことを心掛けることで、本来の効果をしっかりと実感できます。

朝のジョギングにはしっかりとした準備が必要

朝の時間帯に走る場合に期待できる効果は、しっかりとした準備が必要です。ランニングなどの有酸素運動をするまえに、身体をほぐすストレッチとしっかりとした水分補給を行うようにしましょう。先ほども紹介したように、早朝の時間帯は脳だけでなく、筋肉も起きていない状態です。また、糖質だけでなく、水分がもっとも少ない時間帯であるという点にも注意が必要です。
早朝の筋肉が起きていない状態で、水分量が不足したままのジョギングでは、ダイエット効果も半減してしまいます。

夜のジョギングには体調管理が必要

夜の時間帯のジョギングには、適切な体調管理が必要です。特にこれまでランニングなどの有酸素運動をしていなかった方は、休むことも大切という意識をもちましょう。走ることを決めた多くの方が体質や生活習慣を改善したいと望んでいますが、習慣化するまでに1ヵ月ほどの期間を要することを忘れていまいがちです。
走るばかりではなく、1ヵ月という長い期間、その生活を続けることを目標にすることで、適度な休みをとる意識も忘れずにいられるでしょう。

昼の時間帯のジョギングのメリットとは?

Manabu Hayakawa on Instagram: “2018年の走り納めは快晴☆ 終わりよければ全て良し👍 #のびしろしかない  #ランニング #マラソン #トレーニング #ワークアウト #igランナーズ #ig首都圏ランナーズ #ハシリマスタグラム #ランスタグラム #nike #nrc #nikerunning…” (65657)

ここまでは朝と夜に行うジョギングの効果と、その注意点だけを紹介してきましたが、昼の時間の運動も効果がないわけではありません。20分以上のランニングなどの有酸素運動を行えば、身体を構成している脂肪や筋肉をエネルギーとして使いはじめるため、ダイエット効果を見込むことができます。

ただし、いつの時間帯がおすすめか?という観点からは、おすすめとは言えません。特に夏場は1日のなかでもっとも気温の高い時間となり、20分以上の運動を継続することが難しくなってしまいがちです。

どうしても昼の時間の運動のほうが続けやすいという方は、暑くない季節だけ昼の時間帯をジョギングの時間にあて、その他の季節は朝や夜に走ることをおすすめします。

ライフスタイルと目的でジョギングに適した時間帯を見定めよう!

同じ有酸素運動であるジョギングにも、朝・昼・夜の時間帯ごとに違った効果があります。そして、期待する効果を体感するためには、ライフスタイルや目的に合わせた時間帯を見定めることがもっとも大切です。朝の時間にはダイエット効果を、夜の時間にはストレス発散効果を見込めますが、どちらも20分以上の運動を継続することが大前提です。
まずはジョギングを続けやすい時間帯を選択し、そのうえで期待できる効果を体感していきましょう。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

PuG88 PuG88