2020年2月9日 更新

筋トレにおすすめのシルトリンを5つ紹介!パーフォーマンス向上に欠かせないサプリ

シトルリンは、筋トレ効果をアップするおすすめなアミノ酸で、血流改善、運動パフォーマンスアップ、疲労軽減があります。シトルリンの効果を体感するには食品からの摂取では不十分で、サプリメントを活用することをおすすめします。シトルリンの基本的な効果とおすすめのシトルリン系サプリメントを紹介します。

107 view お気に入り 0

シトルリンとは?

 (109486)

シトルリンは生命維持や運動に不可欠なアミノ酸で、スイカから発見されました。

シトルリンが日本で食品として認可されたのが2007年とごく最近ですが、それ以降は筋トレ用サプリメントとして非常に重宝されています。

シトルリンの効果とおすすめのシトルリンサプリメントを紹介します。

シトルリンの効果と筋トレに与える影響

シトルリンの効果と筋トレに与える影響 (109487)

シトルリンの代表的な効果は次の2つです。

(1)血流量の増加
(2)アンモニア代謝の活性化


これらは筋トレと深く結びつきますので解説をします。

(1)血流量の増加

 (109488)

シトルリンの摂取によって血液の循環が活発になると、日常生活では冷え性の改善などにつながります。また、筋トレには主に次の3つの効果をもたらします。

・トレーニングパフォーマンスの向上
血流量が増えるとその分筋肉に酸素や栄養分を送りやすくなり、より筋肉が高出力を出しやすくなると同時に持久力も高くなります。

・より強いパンプ感が得られる
血流量の増加によりレーニング時のパンプアップが強くなります。パンプアップとは筋肉に多くの血液が流れ、一時的に筋肉が膨張した状態のことを言います。
パンプアップするまで筋肉に負荷をかけることは筋肥大に効果的とされています。

・筋肉同化作用の促進
血流量の増加は、より多くの成長ホルモンやアミノ酸を筋肉に運搬できるため筋合成にとっても好都合です。

アンモニア代謝の活性化

 (109489)

シトルリンを十分に摂取することでアンモニアを尿素に変換するオルニチン回路がスムーズに回るようになります。オルニチン回路の活性化は筋トレに2つのメリットをもたらします。


・疲労回復
アンモニアの分解が活性化すると、血中の乳酸値を下げ、疲労回復につながります。これはアンモニアが疲労因子である乳酸を発生させる元となっているからです。


・体臭を軽減
体内のアンモニアは体臭の原因のひとつで、オルニチン回路の活性化によって体臭を抑えることが期待できます。

高タンパク食による体臭の原因は、タンパク質を分解したときに発生するアンモニアがオルニチン回路でうまく分解されないことによるものと考えられています。

シトルリンのおすすめしたい摂取量

シトルリンのおすすめしたい摂取量 (109490)

シトルリンの推奨摂取量は一般成人で1日800mg、筋トレなどの運動を行う場合は1日に3,000mg~5,000mgが効果的とされています。
シトルリンを最も多く含む食品はスイカですが、例えば3,000mgのシトルリンを摂取するためにはおよそ半玉もの量をたべることになります。したがって、シトルリンを十分に摂取するにはサプリメントが必須ということになります。

おすすめのシトルリン系サプリ

MyProtein シトルリンマレート

rakuten.co.jp (107320)

フレーバー ノンフレーバー
価格 2,052円
容量 250g(125食分)
1食単価 16円
飲み方 パウダータイプ
シトルリン含有量/1食 約1340mg
シトルリン以外の成分 マレイン酸
イギリス発祥で世界的に人気の高いサプリメントブランド「マイプロテイン」のシトルリンマレートです。
疲労回復効果のあるマレイン酸が配合され、摂取タイミングを選ばず活用できます。
価格が非常にリーズナブルな点もおすすめの理由です。

BULK SPORTS シトルリン

rakuten.co.jp (107326)

フレーバー ノンフレーバー
価格 5,378円
容量 200g(90食分)
1食単価 60円
飲み方 パウダータイプ
シトルリン含有量/1食 約2,200mg
シトルリン以外の成分 なし
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

シルトリンが筋トレに役立つ5つの効果とは?おすすめしたい理由を解説

シルトリンが筋トレに役立つ5つの効果とは?おすすめしたい理由を解説

シトルリンは血流改善、運動パフォーマンスアップ、疲労軽減などの効果があります。これはシトルリンが一酸化窒素(NO)の産生とアンモニアの分解に深く関わっているからです。シトルリンは筋トレをする人にとって大切なアミノ酸です。ここではシトルリンの働きから効果、摂取方法、摂取量まで詳しく解説します。
hiroki025025 | 266 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiroki025025 hiroki025025