2018年1月22日 更新

間接フリーキックと直接フリーキックの違いとは?【ルールとやり方】

サッカーの試合で行われる間接フリーキック・直接フリーキックとはどのようなルールでしょうか?どのような反則を犯すとどのようなフリーキックになるのか。審判のシグナルは?試合の再開は?そんな間接フリーキックと直接フリーキックのルールとやり方を徹底解説していきます。

  
24,529 view お気に入り 0

フリーキックには間接フリーキックと直接フリーキックがある!

Free photo: Football, Ball, Sport, Soccer, Play - Free Image on Pixabay - 452569 (23197)

サッカーのルールにおいて、フリーキックとは相手から反則を受けた場合に、キックでプレーを再開することを言います。そして直接フリーキックとは、キッカーが直接ゴールを狙うことができるフリーキックを言い、間接フリーキックとは、キッカーが直接ゴールを狙うことができないフリーキックを言います。
以下ではサッカーのルールとして、これら間接フリーキックと直接フリーキックについて、どのような反則が間接フリーキックまたは直接ルリーキックに該当し、どのような方法で間接・直接フリーキックが行われるのか、注意点などを詳しく説明していきます。

間接フリーキックになる反則とは?

Free photo: Football, Circle Class, Rush - Free Image on Pixabay - 2394188 (23196)

サッカーのルールにおいて、試合中にゴールキーパーを含む選手が次の①~⑧の反則を犯した場合には、相手チームに間接フリーキックが与えられます。サッカーの間接フリーキックはその名のとおり、味方選手か相手選手を介さずに直接ゴールを狙うことができません。
そのため、万が一にも間接フリーキックが相手ゴールに直接入った場合は相手チームのゴールキックになります。なお、自陣内のゴールに入ってしまった場合は相手チームのコーナーキックで再開することになります。

①危険な方法でプレーする

 (23208)

危険な方法でプレーすると反則になり、相手チームに間接フリーキックが与えられます。
危険な方法とはどのような方法でしょうか?
サッカーのルールで具体的には、相手選手の前で足を高く上げたり、相手選手に足の裏を向けてスライディングするなど、このような方法で相手を危険にさらす行為は反則となり、間接フリーキックになります。
また、相手選手が蹴ろうとしているボールにヘディングをしようとするなど、自分を危険にさらすようなプレーも反則になるので注意が必要です。
サッカーにおける危険な方法とは、相手選手に対してだけででゃなく、自ら危険な方法を用いても反則になり、間接フリーキックが与えられるわけです。

②相手の進行を妨げる行為

Instagram (23263)

サッカーでは、ボールとは無関係に相手の進行を妨げると反則となり、相手チームに間接フリーキックが与えられます。
ボールとは無関係に進行を妨げるとは、どのような事でしょうか?
明らかにボールに対してプレーできる範囲にいない時に、相手の前に入って進路を妨害する行為をいいます。そして、サッカーのルールでは「ボールに対してプレーできる範囲にいない」という曖昧な表現になっていますが、サッカーの実技的には、およそボールから約2mの距離を指すとされています。あくまでも主審の判断によりますが、基本的にボールと関係の無い場所では反則となり、間接フリーキックが与えられます。

③ゴールキーパーの邪魔をする行為

Free photo: Football, Goal, Goalkeeper, Sport - Free Image on Pixabay - 2756685 (23199)

サッカーの試合において、相手ゴールキーパーの邪魔をすると反則となり、相手チームに間接フリーキックが与えられます。
ゴールキーパーの邪魔をする行為とは、どのような行為でしょうか?
具体的には、相手ゴールキーパーがゴールスローまたはパントキックをしようとする際に、そのすぐ前でゴールスローやパントキックの妨害をした場合が該当します。サッカーにおいてこのような行為は反則となり、相手チームに間接フリーキックが与えられます。
サッカーは紳士的行為で行わなければなりません。

④ゴールキーパーの6秒ルール

Free photo: Door Husband, Committee, Goalkeeper - Free Image on Pixabay - 606236 (23200)

ゴールキーパーは手でボールを保持した後は、6秒を超えて手でボールをコントロールすると反則となり、相手チームに間接フリーキックが与えられます。

ゴールキーパーの6秒ルールとは、どのような趣旨なのでしょうか?

これは時間稼ぎや、試合をスムーズにすすめることが目的とされています。

試合中、勝っているチームが試合終了間近で時間稼ぎを目的に、なかなかゴールキーパーが手からボールを離さない場面が見受けられ、場合によっては審判から警告を受ける場合があります。
サッカーにおいてこのような非紳士的な行為は罰せられます。

⑤ゴールキーパーが手で保持したボールを一旦放し、更に手で触れる行為

Free photo: Football, Ball, Sport, Goal Kick - Free Image on Pixabay - 1678992 (23201)

ゴールキーパーが一度手でキャッチして保持したボールをピッチに置いて、他の選手が誰も触れる前に再度手で触れる行為は反則となり、相手チームに間接フリーキックが与えられます。足で触れる分には反則にはなりませんが、手で触れると反則となります。
これもサッカーの試合中におけるゴールキーパーによる時間稼ぎを防止するルールで、サッカーの試合を円滑に進める上で必要なルールと言えます。

⑥バックパスをキーパーが手で触れる行為

Instagram (23267)

サッカーの試合中、味方が足を使ってキーパーへバックパスをして、それをキーパーがペナルティエリア内で手で触れると反則となり、相手チームへ間接フリーキックが与えられます。
頭や胸など足以外の場所でキーパーへ戻したボールは対象外です。その場合は反則となりません。
ゴールキーパーへバックパスを出してビルドアップするシーンはプロサッカーの試合でもよく目にします。
サッカーにおいてはゴールキーパーに足元の技術が求められる理由がここでも伝わってきます。手を使えるのはゴールキーパーのみですが、意外にも手を使う事への制約が多いという事がわかります。

⑦味方のスローインにゴールキーパーが手で触れる行為

94 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサルのバックパスのルールを覚えよう!有効なバックパスとは?

フットサルのバックパスのルールを覚えよう!有効なバックパスとは?

フットサルのバックパスに関するルールは複雑で、試合中でもルールを理解しておらずよく反則が起きる部分です。バックパスの規定は、パスの起点が誰か、また相手がボールに触れたかどうかがポイントです。ルールを理解した上で有効にバックパスを試合で使うための方策を紹介しています。
nosedori | 48 view
硬式テニスのルールを簡単解説!これだけは絶対知っておきたい【テニスコーチ監修】

硬式テニスのルールを簡単解説!これだけは絶対知っておきたい【テニスコーチ監修】

硬式テニスのルールは他スポーツと違って試合の進め方が複雑なため、覚えるのに一苦労してしまいます。実際にプレーする際も試合を観戦する際もルールを知っていることでよりテニスが楽しくなりますので、硬式テニスのルールをわかりやすく簡単に解説をしていきます。
SKコーチ | 419 view
ペナルティキックを分かりやすく解説!ルールや距離などの気になること

ペナルティキックを分かりやすく解説!ルールや距離などの気になること

サッカーのルールの一つであるペナルティキックは、多くの得点が望めないサッカーにおいては貴重な得点チャンスとなる攻撃側にとっては嬉しいルールではありますが、守備側にとっては厳しいルールです。ここではペナルティキックをわかりやすく解説していきます。
masamiohdaira9 | 164 view
走り幅跳びのルールや計測方法や記録など【体力テスト】

走り幅跳びのルールや計測方法や記録など【体力テスト】

体力テスト必須項目の走り幅跳びですが、ルールーは?計測方法は?各平均記録は?と聞かれると、わからない方が多いのではないでしょうか?そんな方の為に、走り幅跳びの疑問をスッキリと解消できるよう詳しく解説します。ルールや測り方、それぞれの平均記録を知り、自身の記録アップに活かしましょう。
WTTF vo | 13,870 view
フットサルルールの基本!サッカーとの違いを理解しよう【初心者ガイド】

フットサルルールの基本!サッカーとの違いを理解しよう【初心者ガイド】

ットサルは、サッカーと似たような競技ですが、ルールはサッカーと異なる点が多いです。コートの大きさや人数といった形式が異なるだけではなく、プレーの方法自体も異なります。フットサルには独自のルールが数多く存在するため、これらの違いを理解することが重要です。
後藤晃一 | 4,316 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9