2018年9月8日 更新

クリスティアーノロナウドの腹筋凄さとトレーニング方法とは?

クリスティアーノロナウド選手といえば、ゴールを決めたときに見せる腹筋が凄いと話題です。そんなロナウド選手のシックスパックはどんな鍛え方をして作られているのか?また、腹筋トレーニングがサッカーのパフォーマンスに与えるメリットも合わせてご紹介します。

  
268 view お気に入り 0

クリスティアーノロナウドとは

プロフィール

Cristiano Ronaldo on Instagram: “What a dream!!! 5 champions leagues 🏆🏆🏆🏆🏆” (54950)

愛称:ロニー、CR7
国籍:ポルトガル
生年月日:1985年2月5日(33歳)
出身地:フンシャル
身長:187cm
体重:83.5kg
ポジション:FW
利き足:右足
経歴
2002-2003スポルティングCP
2003-2009マンチェスター・U
2009-2018レアルマドリード
2018-  ユヴェントスFC 

超一流のテクニックと世界屈指のフィジカルを合わせ持つ

クリスティアーノロナウドはテクニックとフィジカル、両方がハイレベルのサッカー選手として有名です。
シザーズ、エラシコなどのフェイントテクニックを駆使して相手を抜き去る能力は、事前に映像を見て研究してきたはずの選手も太刀打ちできないほどに巧妙です。
また、幼い頃から努力家であることでも知られていて、圧倒的な量の練習、トレーニングに裏付けられた強靭なフィジカルを持っています。
全力疾走でドリブルする時も、姿勢が全く乱れない事や、ボールの激しい競り合いでも当たり負けしないなど、パワフルでありながらどこか美しさを感じるプレースタイルです。

試合の時に見せるシックスパックの肉体美でも有名

Cristiano Ronaldo on Instagram: “😜😜😜👍” (54947)

サッカー選手といえば、シュートやアシストでいいプレイを決めた時のパフォーマンスが印象的です。
その点クリスティアーノロナウドといえば、シュートを決めた時にシャツを脱いで自慢のシックスパックを見せるパフォーマンスも人気です。
プロの選手であれば、鍛え抜かれた肉体を持っているのは当然といえば当然ですが、ロナウドはチーム練習の他にもウェイトトレーニングなどの肉体強化を熱心に行い、大胸筋や広背筋といった、足腰以外の筋肉の強化を行っています。
日々サッカーの練習を行い技術を磨きつつも、ボディビルダーと遜色ない鍛え方ができるのは、さすがロナウドというしかありません。

筋トレ商品「SIXPAD」の開発に協力

Kazuma Miyamoto on Instagram: “誕生日プレゼント🎁でシックスパッドもらった🤩‼️‼️ 今日から家でも肉体改造する!  #誕生日 #8月27日 #誕生日プレゼント #SIXPAD #シックスパッド #クリスチアーノロナウド  #腹筋 #定価42984円 #高い #効果あるかな #1回のトレーニング23分間…” (54965)

ロナウドの体の鍛え方には並々ならぬこだわりがあることで知られています。腹筋のトレーニングマシーンSIXPADの開発の際には、ロナウドのトレーニング理論が採用されました。
新型EMSとしてSIXPADの仕上がりに対し「このEMSは僕にとって欠かせないトレーニングの一つだ」とロナウドに言わせしめました。
他にも登山家の三浦雄一郎さん、浦和レッズの槙野智章さんといったアスリートの方々も愛用しています。

腹筋トレーニングの効果①

ダッシュ力

MASA1122 on Instagram: “#腸腰筋#トレーニング#整骨院#大雨#横からの断面図にゾウさんおるやん” (55335)

足の付け根から腹部中央にまで伸びている腸腰筋という腹筋は、脚を引き上げたりする時や姿勢の保持に使われる筋肉です。
腸腰筋を鍛えることによって、蹴りだした足を素早く引き上げられるようになり、ダッシュ力が上がります。また、サッカーは、相手のマークを振り切るために方向転換しながら走るスポーツです。ジグザグに走ったりするためには、前傾姿勢で走るよりも胴体を垂直に保ったまま走る必要がありますが、腹筋を鍛えることで、重心がブレないダッシュ力が身につきます。

腹筋トレーニングの効果②

キック力

Cristiano Ronaldo on Instagram: “Solid work👌” (54974)

キック力の向上にも腹筋が関係しています。
例えば、強いシュートを打つ時や、センタリングを上げる時には、脚全体を引き上げてボールを蹴ります。その際には、ダッシュの時と同じく腸腰筋が足を引っ張り上げる役目を持ちます。
クリスティアーノロナウドのようなFW選手にとっては、得点力を左右する筋肉でもあり、鍛える重要度が高い筋肉です。
また、シックスパックを形作る腹筋を腹直筋といいますが、腹直筋もまたキックする時にバランスを取る役目があるので腸腰筋と同じくらい重要です。

腹筋トレーニングの効果③

コントロール力

サッカーでは、胸でトラップするために上体を反らせたり、シュートの威力を加減するために身をかがめるなど、ボールコントロールのために目まぐるしく姿勢を変える必要があります。
初心者が足だけでボールを蹴っているのに対し、リフティングのうまい人のやり方は、体全体をしなやかに使ってボールタッチを微調整しています。
腹筋を鍛えれば、素早くベストな姿勢をとれるようになり、ボールを巧みに操れるようになるでしょう。

腹筋トレーニングの効果④

当たり負けしないフィジカル

64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

eins@tz651 eins@tz651