2019年7月26日 更新

初めてコマセバケツを買う!どんなことに注意して選ぶといいの?

コマセ釣りには必須アイテムの一つであるコマセバケツ。はじめてコマセ釣りに挑戦する方におすすめのコマセバケツと選ぶ時の注意点について解説します。一緒に揃えたいおすすめアイテムもまとめて用意すれば、すぐにでもコマセ釣りを楽しめます。

  
88 view お気に入り 0

コマセバケツはコマセを使う釣りの必須アイテム

コマセは撒き餌とも呼ばれる、海釣りで使われる餌。集魚効果が高くコマセ釣りやサビキ釣りには欠かせない餌です。

コマセは市販されている袋のままでは非常に扱いずらいため、釣りの前には必ず専用の容器を用意しましょう。コマセを入れるための容器にはさまざまなものが使われますが、もっともおすすめがコマセをいれるために販売されているコマセバケツです。

コマセ釣りをする人は必ず最初に用意する!

photoAC (81647)

はじめてコマセ釣りに挑戦しようと考えている方は何よりも先にコマセバケツを用意しましょう。コマセは使用する際に海水を入れてかき混ぜる必要があるため、コマセをしっかりと混ぜられる容器がなければ釣りになりません。コマセだけを用意して釣り場で後悔しないためにも必ず最初にコマセバケツを購入しましょう。

バッカンとどっちがおすすめ?

photoAC (81648)

コマセを入れる容器にはコマセバケツだけでなくバッカンが使われることもあります。バッカンはコマセバケツに比べると安定感があるため、磯場などの足場の悪いフィールドでは非常に重宝されます。

しかし漁港や防波堤などで手軽に釣りを楽しみたい方にはコンパクトに持ち運びができるコマセバケツがおすすめです。コマセバケツはコマセをいれるための専用設計のアイテムも多いため、密閉性が高いなどのメリットもあります。

コマセバケツの3つの選び方のポイント

コマセバケツは各メーカーからさまざまなアイテムが販売されています。一見同じように見えるものばかりですが、細かいところを気にかけるだけで釣りの快適度は大きく変わります。はじめてコマセバケツを購入する方はこれらの選び方を意識しながら、自分の釣りにあったコマセバケツを購入しましょう。

①コマセに対してやや大きめなバケツを選ぶ

photoAC (81717)

コマセはそれぞれ販売されているパッケージによって内容量が異なります。そのためコマセバケツを選ぶ際もサイズを意識することが大切です。コマセバケツはコマセを収納するだけでなく海水をいれてコマセをかき混ぜる際にも使うため内容量よりやや大きめのものを選びましょう。一般的には冷凍コマセ1キロに対して3Lのコマセバケツがおすすめとされています。

②開閉式のモデルを選ぶ

Amazon.co.jp (81649)

コマセバケツには蓋が付いている開閉タイプと、蓋がついていない通常のバケツタイプの2種類が販売されています。

コマセは匂いがきつい餌であるため使って綺麗に洗った後もコマセの匂いがバケツに残ってしまいます。そのため購入する際はできるだけ蓋が付いている開閉タイプを選びましょう。外では気にならない場合でも自宅や車などにコマセの匂いが充満してしまえば、釣りにいくモチベーションも大きく低下してしまいます。

③価格は1000円以下で大丈夫

コマセバケツはさまざまな価格帯のアイテムが販売されています。ロッドやリールなどの釣具は基本的に価格帯が性能に大きく影響を与えますが、コマセバケツは価格が品質に影響を与えることがほとんどないため、できるだけ低価格のアイテムを選びましょう。

コマセバケツの価格帯は1000円前後のものが多いですが、はじめて購入する方は1000円以下のものでも問題なく使用できます。もちろん自分の好きなメーカーがある方は釣りのモチベーションを上げるためにメーカーを統一するなども面白いです。

はじめて買うおすすめのコマセバケツ5選

コマセバケツはそれぞれのメーカーから販売されているアイテムが非常に豊富です。はじめて購入する方の中にはどのコマセバケツを買えば良いか悩んでしまう方も多いと思います。さまざまなメーカーから販売されているコマセバケツのなかからはじめて買う方におすすめのアイテムを厳選して紹介します。購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

伸和 コマセバケツ 角10

 (81264)

伸和から販売されているコマセバケツ。10Lのややコンパクトな内容量となっており、身近な防波堤や漁港などで手軽にコマセ釣りを楽しみたい方におすすめのアイテムです。重量も軽いため持ち運びがしやすい点も魅力です。コマセ釣りにはじめて挑戦する方には人気のサイズです。

伸和 コマセバケツ 角20

 (81267)

伸和から販売されているコマセバケツ。コマセバケツのラインナップの中ではもっとも人気の20Lサイズのアイテムです。容量が多く、2キロ以上のコマセであっても十分収納できるため、ファミリーやグループでのコマセ釣りや1日使った遠征などにもおすすめのサイズ感です。

伸和 コマセバケツ 丸10

 (81270)

伸和から販売されているコマセバケツ。定番の角型の形状を変えた丸型タイプとなっており、コマセミキサーを使って粉砕する際やかき混ぜる際に扱いやすいメリットがあります。こちらもサイズが10Lのややコンパクトなサイズ感。好みに合わせて角10と比較しながら気に入ったものを選びましょう。

第一精工 すいこみバケツ カラーズ

 (81273)

第一精工から販売されているコマセバケツ。コマセカゴと組み合わせて使うすいこみバケツタイプとなっていますが、3.8Lとやや容量が小さめであるため、通常のコマセバケツと組み合わせての使用がおすすめです。カラフルな5種類のカラーラインナップが展開されており、釣具とは思えないおしゃれなデザインが魅力です。
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01