2019年11月24日 更新

バレーボールのサポーターって何がおすすめなの?買うときに迷ったらコレ!

バレーボールのサポーターは、肘や膝の怪我や衝撃の防止と、関節・筋肉の保護のために使用します。しかし、様々なメーカーからバレーボールのサポーターが発売されているので、初めて買うとき・選ぶときに迷ってしまいがちです。ここでは、初めてサポーターを選ぶときのポイントをご説明して、おすすめ商品をご紹介していきます。

  
43 view お気に入り 0

バレーボールにサポーターは必需品

Yutaka Yamane on Instagram: “あぁ〜2018-1-27大阪市中央体育館#NECレッドロケッツ#古賀紗理那 選手” (90776)

サポーターとは、運動時に体の各部分を保護・補助する道具です。スポーツの種類によって、サポーターで保護する場所は異なりますが、バレーボールでは主に膝と肘のサポーターを使用します。

バレーボールでサポーターは必ず着用しなければいけないといった決まりはありません。しかし、サポーターは膝や肘の怪我防止、筋肉や関節を保護して負担を軽減する役割を持つため、特に初心者には必需品となります。

サポーターを使用することによって肘や膝を床に打っても痛くないと思うことができれば、安心してプレーをすることができますし、上級者も思い切ったプレーができます。バレーボールにサポーターは必需品といっても過言ではありません。

サポーターの役割とは?

 (90794)

バレーボールのサポーターの役割は大きく分けて2つです。
①床との摩擦・衝撃の緩和
②関節・筋肉の保護
バレーボールは膝や肘を床に打ち付けることが多い競技です。その衝撃や摩擦を防止するために、パッド入りのサポーターを使用して保護しましょう。

また日常生活でも膝に不安がある方はサポーターを使用しているのと同じく、バレーボールで激しいプレーを不安なく行うために、関節や筋肉を保護するためのサポーターが必要になります。この場合はパッドなしタイプをおすすめします。

床との摩擦・衝突を緩和する

Yutaka Yamane on Instagram: “2019-2-23新日鐵住金堺体育館#JTマーヴェラス#林琴奈 選手” (90779)

肘や膝を床に接触させることの多いバレーボールでは、衝撃や摩擦を緩和するためにサポーターは必需品です。自転車やスケートボードなどを練習している子供がサポーターをつけていることがあります。

レシーブの時に膝や肘を床に強打すると、故障の元になってしまいます。また、滑り込んだ時にすりむいてしまうことも少なくありません。このすりむき傷というのは思ったよりも痛みを伴い、治りにくく跡が残り日常生活にも影響があります。

サポーターをつけているという安心感は、バレーボールで思い切ったプレーをするのにも必要です。肘や膝を床に打っても大丈夫!という安心感は、パフォーマンス向上にも役立ちます。

関節・筋肉を保護する

🦆 on Instagram: “26th October 2019 Matsumoto-city General Gymnasium  #ミハウクビアク 選手 #michaljarosławkubiak  #michałkubiak #パナソニックパンサーズ #PanasonicPANTHERS…” (90780)

ジャンプすることが多いバレーボールでは、膝への負担が大きいために、軽減するアイテムが必要になります。ジャンプの着地のときに膝にかかる負担は、ただ立っている時の10倍といわれています。

もう一つ、サポーターの保温効果や圧迫が筋肉を保護して、動きをサポートするという効果もあります。バレーボールでの筋肉疲労を押さえ、疲労軽減効果も期待できます。この目的の場合は、関節を動かしやすくなるため、パッドなしタイプのサポーターをおすすめします。

サポーターを選ぶ4つのポイントとは?

 (90782)

バレーボールのサポーターにはたくさんの種類があります。各スポーツ用品メーカーはもちろん、健康器具を扱う会社の製品も膝当てとして多く売られています。サポーターは自分の体を守る大切な商品ですので、信頼できるメーカーのものを選びましょう。

ここでは、バレー―ボールのサポーターを選ぶときの指針になるようにいくつかのポイントを解説していきます。
サポーターを買うときは?
バレーボールのサポーターを買う時に迷ったら、まず使う目的を考えてみる。
初心者は、パッド入りのサポーターがおすすめです。

①肘・膝の怪我防止のためならパッド入りタイプ

Yutaka Yamane on Instagram: “World Cup VollyBall2019-9-28日本 vs アルゼンチン丸善インテックアリーナ大阪 (大阪市中央体育館)#山岸あかり 選手” (90778)

バレーボール初心者は、パッド付タイプを購入することがおすすめです。

バレーボール初心者はどうしても膝や肘を床に打ち付けてしまい、すりむくことも多くなってしまいがちです。パッドなしタイプでもある程度のすりむきはカバーできますが、やはりパッド入りの方が安心してプレーすることができます。初心者の方は、怪我予防のために膝用のパッド入りサポーターは必需品となります。

パッドの厚さはメーカーによって差があり、パッド入りタイプは、パッドなしタイプよりも多少ずれやすくなってしまいますので、自分にフィットするものを選びましょう。

②関節の負担を軽減するならパッドなしタイプ

筋肉への適度な圧迫は、関節や筋肉の負担を軽減してパフォーマンスを向上させます。

バレーボールに限らず、ジャンプ動作の多いスポーツ選手はジャンパーズニー(ジャンパー膝)という症状で悩まされる場合があります。それは、主にジャンプをした時ではなく着地をした時の衝撃によるものです。

ジャンプを繰り返すことによって太ももの前の筋肉が固くなり、膝の靱帯に摩擦がおこり痛みが出ます。屋外のスポーツよりもバレーボールなど、体育館内で行われるスポーツの方が、ジャンパーズニーになりやすいという統計も報告されています。

少しでも膝に違和感がある方は、パッドなしタイプのサポーターで筋肉と関節の動きの負担を減らしましょう。

③自分のポジションやプレースタイルで選ぶ

 (90804)

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーの応援グッズ15選!サポーターとして持っておきたいものとは?

サッカーの応援グッズ15選!サポーターとして持っておきたいものとは?

サッカーの応援グッズにはカシローラやタオルマフラーなど様々なものが存在し、その応援スタイルも変化してきています。今回はサポーターとして持っておきたいオススメの応援グッズ15選を紹介するとともに、それを使って盛り上がる方法もお伝えします。
nosedori | 1,652 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵