2020年1月16日 更新

ベイトフィネスとは?フィネスの意味と釣り方をわかりやすく解説

ベイトフィネスとは、ライトリグを使ったフィネスな釣りをベイトタックルで行う釣り方です。ベイトタックルのパワーや手返しの良さをライトリグでも活かせるためスピニングタックルとは違ったフィネスな釣りを楽しめます。ここではそんなベイトフィネスの意味や釣り方を現役の釣りライターが解説します。

1,223 view お気に入り 0

ベイトフィネスとは?

JUN ENDO on Instagram: “2019/10/6#ラージマウスバス #ブラックバス#インディー610#アルデバランbfs#tulalajp #tulala” (87616)

ベイトフィネスとはバスフィッシングの中でライトなルアーを使った釣りを総称する「フィネス」をベイトタックルで行うことを意味します。近年は各メーカーからベイトフィネス専用のタックルも多数リリースされており、熟練アングラーだけでなく、手軽にベイトフィネスを楽しめます。

フィネスってどんな釣り?

バスフィッシングには非常に様々なルアーが使われます。フィネスはそんなバス用のルアーの中でも自重が軽く繊細な釣りに向いているアイテムを指します。具体的にはノーシンカーやダウンショットなどのワームを使った釣りが多く、バスの活性が低いシチュエーションなどを繊細な釣りで打開する際に用いられることがほとんどです。

ベイトフィネスの3つのメリット

Rhyzz on Instagram: “* new!! あー、仕事から帰ってたら届いてたからテンションブチあがったー😩🎉 カッケェー❤️軽いー😍 アドレナリンすげー💯 釣り行きてー🎊 寝れねー🤩🙌 ...。 とりあえずメシ食お🤣👍…” (87618)

本来はスピニングタックルで行うことがほとんどのフィネス。しかしベイトタックルを用いたベイトフィネスを使うことで、スピニングタックルとは違う様々な利点があります。ここではそんなベイトフィネスのメリットを3つピックアップ。ベイトフィネスの必要性に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ベイトタックルのパワーで互角のファイト

スピニングタックルを使ったフィネスでは、不意の大物がヒットした際にパワー不足やラインブレイクなどが原因でバスがキャッチできないシチュエーションが非常に多いです。

ベイトタックルはスピニングタックルに比べてロッドやラインの強度を高めることができるため、大型のバスとも互角のファイトが楽しめます。大型のバスが多いフィールドやラインブレイクのリスクのあるポイントでフィネスな釣りを楽しみたい際はベイトフィネスが大きなメリットになります。

テンポの良い釣りが楽しめる

バスフィッシングではバスが生息するポイントに対してタイトにルアーを打ち込むことになるため、手返しの良さが釣果にも大きく影響を与えます。通常のスピニングタックルはベイトタックルに比べるとキャスト制度が低く、テンポの良い釣りには不向きなことが多いです。ベイトフィネスではノーシンカーワームなどのライトリグをテンポよくポイントにアプローチできるため手返しの良さが圧倒的に高まります。

扱えるルアーが幅広い

フィネスで使われるスピニングタックルではルアーウエイトの上限は基本的に10グラム前後がほとんどです。そのためワイヤーベイトやハードルアーなどをキャストする際は専用のベイトタックルを一緒に持ち歩く必要があります。

ベイトフィネスではスピニングタックルに比べると扱えるルアーの上限が幅広いため、フィネスな釣りをメインにしながら一本で様々な釣りが楽しめます。オカッパリを一本のタックルで楽しみたい方にもベイトフィネスは非常におすすめです。

ベイトフィネスにおすすめのタックルとは?

ベイトフィネス用のタックルは近年各メーカーから幅広いアイテムがリリースされています。ここではそんなベイトフィネスにおすすめのタックルを現役の釣りライターがピックアップ。釣り方と一緒に解説していきます。はじめてベイトフィネスに挑戦する方はぜひ参考にしてください。

リールには必ずベイトフィネス専用モデルを用意する

ベイトフィネス用のリールには各メーカーから販売されているベイトフィネス専用のリールを用意しましょう。糸巻き量などに若干の違いはあるものの、専用リールであればライトリグの扱いに長けているものがほとんとであるため、初心者でも快適にベイトフィネスが楽しめます。

価格が高価なアイテムであればあるほど軽いルアーの扱いに長けており、ロッドなどに比べると多めの予算を用意しておきましょう。
シマノ アルデバランBFS

シマノ アルデバランBFS

メーカー シマノ
ギア比 8:0
最大ドラグ力 3.5kg
自重 130g
シマノから販売されているベイトフィネス専用リール。バス用のベイトフィネスリールとして人気を集めている定番モデルです。3g以下のノーシンカーワームなどの扱いにも長けており癖が無い使用感も魅力。価格はやや高価であるものの初心者から上級者まで満足できる一台です。

6.6フィートを基準にした汎用性の高いベイトロッド

ベイトフィネス用のロッドには手返しの良さを最大限に活かすため、取り回しのしやすい6フィート台のベイトロッドがおすすめです。ルアーウエイトは3〜10gを基準に選びましょう。一つのロッドで様々なルアーを扱いたいと考えている方はルアーの上限がやや重めに設定されているロッドがおすすめです。
ダイワ ブラックレーベル 661MLFB

ダイワ ブラックレーベル 661MLFB

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

クロダイ(チヌ)をルアーで釣る方法【ゼロからはじめる初心者ガイド】

クロダイ(チヌ)をルアーで釣る方法【ゼロからはじめる初心者ガイド】

近場の河口や防波堤などで、大型のクロダイ(チヌ)をルアーで釣る方法を詳しく紹介します。ルアー釣りの経験ない初心者の方が釣り場・釣り方を知って、必要なタックルなど大事なことを理解すれば、クロダイを簡単に釣ることができます。クロダイの強い引きを楽しみましょう。
浦林 義徳 | 1,811 view
ブラックバスをエサ釣りで攻略しよう!おすすめのエサと釣り方とは?

ブラックバスをエサ釣りで攻略しよう!おすすめのエサと釣り方とは?

ルアー釣りの印象が強いブラックバスですが、ミミズやザリガニなどの生きエサを用いての釣り方も人気があります。ルアー釣りよりも比較的簡単に釣ることができるのでバス釣り初心者にもおすすめです。ここではエサ釣りでブラックバスを釣りたいと言う方におすすめの釣り方や仕掛けなどの攻略法を徹底解説していきます。
takutakkan | 4,717 view
ロックフィッシュの釣り方とは?仕掛けと釣れる魚などを解説

ロックフィッシュの釣り方とは?仕掛けと釣れる魚などを解説

ロックフィッシュは昆布や海藻など、海底の根やテトラポットなどの障害物に潜む魚のことを指し、主に海底や障害物を目掛けて主にワームなどのルアーを投げ込み魚を引きずり出す釣り方です。ロックフィッシュの釣り方とはどういったものなのか解説します。
takagi | 1,680 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01