2020年2月3日 更新

【北海道】サッカーの強豪高校ランキングTOP5を紹介

北海道の高校サッカーの現状は、抜きにでたサッカーチームが存在せず、どこの高校にも全国大会へのチャンスがある点が特徴です。北海道の高校サッカーの中で旭川実業高校は、近年最も力をつけた強豪高校で、プリンスリーグでも毎年安定した強さを誇っています。

221 view お気に入り 0

北海道のサッカー強豪高校ランキング 第5位

北海道大谷室蘭高校

ばど on Instagram: “旭実の誇りかけて#厚別公園競技場 #北海道大谷室蘭 #旭川実業” (107675)

国公私立 私立
所在地 北海道室蘭市八丁平3-1-1
選手権成績 出場30回(準優勝1回/4強1回)
インターハイ成績 出場29回(準優勝2回)
主なOB 財前恵一/野田知/京谷和幸/深川友貴/佐藤尽/井幡博彦/他多数
北海道大谷室蘭高校サッカー部は、これまで選手権に最多の30回、インターハイは29回の出場を誇る超名門高校で全国大会の常連です。元は強い室蘭大谷高校で、2012年から登別大谷高校と統合され、現在の名になりました。数多くのJリーガーを排出してきた高校で、近年では男子サッカー部だけではなく、女子サッカー部も活躍しています。

現在サッカー部を指揮するのは、コンサドーレ札幌のU-18、U-15の監督やコーチを歴任してきた及川真行監督で、2014年以来の全国出場を目指している強豪高校です。

北海道のサッカー強豪高校ランキング 第4位

北海高校

鰤 on Instagram: “湊たくとさん応援してます!今日は明るいです!おめでとうございます!#北海高校 #サッカー” (107672)

国公私立 私立
所在地 北海道札幌市豊平区旭町4-1-41
選手権成績 出場10回
インターハイ成績 インターハイ8回
主なOB 萩野英明/山瀬功治/市村篤司/矢野哲也/北野貴之/他
強い北海高校サッカー部は、攻守の切り替えの速いアグレッシブなサッカーを展開し、これまで選手権に9回、インターハイに8回出場した名門高校です。2019年の全国高校サッカー選手権北海道予選では決勝で最大のライバルである札幌第一高校を撃破し、11年ぶり10回目の全国出場を勝ち取っています。

この試合でも攻守の切り替えを意識し、ボールの奪い返しの速さやテンポの速いパスワークで、北海の強みである最短最速でゴールに向かうサッカーを展開しました。北海高校は2018年に人工芝グラウンドが新設されたことで、トレーニングにも熱が入っているそうです。

北海道のサッカー強豪高校ランキング 第3位

札幌大谷高校

Canon17.soccer on Instagram: “見よ、この足技を。  #サッカーシリーズ #札幌蹴球団 #札幌大谷高校サッカー部  #TRM #soccer #足技 #ヒール #ジャンプ  #サッカー撮影 #カメラマン #マネージャー #Tvモード #ATHLETA #写真部 #写真活動 #photo #一眼レフ…” (107666)

国公私立 私立
所在地 北海道札幌市東区北16条東9丁目
選手権成績 出場2回
インターハイ成績 出場5回
主なOB 大山武蔵
強い札幌大谷高校サッカー部は、サイドチェンジを多用したクオリティ高いパスワークが特徴で、また、前線の豊富な運動量を活かした囲い込みの速い守備でも相手を苦しめ、これまで選手権に2回、インターハイに5回出場している強豪高校です。

札幌大谷高校を指揮するのは田辺学監督で、個を伸ばす・個が伸びる環境づくりを心掛け、チームが強くなることも大切ですが、その前に個人がうまくなること、成長することが前提にあるとしています。
田辺学監督
元FC東京普及部スクールマスター、U-15むさしコーチを経て、2009年に札幌大谷高校サッカー部創立と同時に監督に就任します。創部当時部員はわずか11人で、初の公式戦んは0-16の大敗から4年でインターハイ出場、そして創部から5年で選手権初出場を果たします。

北海道のサッカー強豪高校ランキング 第2位

札幌第一高校

 (107664)

国公私立 私立
所在地 北海道札幌市豊平区月寒西1-9
選手権成績 出場1回
インターハイ成績 出場6回(4強1回)
主なOB 池ヶ谷颯斗/下村東美/山崎貴史
名門高校の札幌第一高校は、これまで選手権に1回、インターハイに6回の出場を誇る強豪高校です。インターハイ北海道予選では2016年から2018年まで3年連続でベスト4、そして2019年には優勝を果たしています。この2019年のときは4-1-4-というフォーメーションを基本にして北海道を制覇しています。

また、強いと有名な北海道の最高峰リーグであるプリンスリーグには2011年から2016年まで参戦し、2017年に降格するまで安定した成績を残してきました。2019年に再び昇格し、3位に食い込んでいます。
プリンスリーグ北海道での成績
2019年 3位
2016年 7位
2015年 2位
2014年 4位
2013年 3位
2012年 4位
2011年 5位

北海道のサッカー強豪高校ランキング 第1位

旭川実業高校

@youhei.ishikawa on Instagram: “優勝おめでとう!#旭川実業サッカー部#次は全国!#晴れ舞台だ!” (107653)

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

兵庫県の高校サッカーは、選手権に20回の出場を誇る名門の滝川第二高校と名将の谷純一監督が率いる神戸弘陵高校の2校が強豪です。この2強を市立尼崎高校、関西学院高等部が追うかたちになっています。兵庫の代表高校は全国に出場するとベスト4など上位に進出するサッカーでは強豪の県です。
masamiohdaira9 | 499 view
【京都府】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介!

【京都府】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介!

京都の高校サッカー事情は、近年圧倒的な力を見せつけている京都橘高校が王者として君臨し、その京都橘高校を東山高校、洛北高校が追う展開になっている1王者2強という構図になっています。しかし徹底したテクニックサッカーが特徴の久御山高校など、面白い強豪高校ががいるのが京都のサッカーの特徴です。
masamiohdaira9 | 338 view
【栃木県】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介

【栃木県】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介

栃木県の高校サッカーの事情は、2019年の選手権でベスト4進出を果たした矢板中央高校、2016年の選手権でベスト4進出を果たした佐野日大高校の2強を、公立高校の真岡高校、栃木高校が追う展開になっています。栃木の代表高校は全国でも結果を残しており、強豪としのてレベルの高さがうかがえます。
masamiohdaira9 | 324 view
【新潟県】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介

【新潟県】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介

新潟県の高校サッカー事情は、帝京長岡、新潟明訓、北越高校の強豪3校。続いて、日本文理や開志学園JSCが追いかける構図になっています。新潟は雪国として知られているため、強豪校になる条件は、雪の季節である冬に練習環境がどれほど整っているかが強さの基準になります。
masamiohdaira9 | 483 view
大阪府の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介

大阪府の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介

高校の野球界において全国的に強豪校が揃う激戦区として知られる大阪。そんな大阪の中でも野球の強豪校として有名な学校が大阪桐蔭高校、履正社高校です。両校ともそれぞれ特徴のある指導方針を掲げており、良いライバル関係を築いて、さらに近大付属、大商大浪商、上宮高校が追いかけています。
masamiohdaira9 | 2,515 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9