2020年5月17日 更新

ウィルソンのテニスラケット!評価の高い人気ラケットおすすめ10選

ウィルソンは人気の高いテニスブランドです。今回はウィルソンの中でも人気の高いラケットを紹介していきます。値段の高いラケットのほうがいいラケットという認識は多くの方がもっているかもしれませんがその認識は違います。自分のレベルにあったラケットを知って購入するときの参考にしましょう。

3,960 view お気に入り 0

ウィルソンはどういうブランド?

 (97268)

ウィルソンはテニスブランドの中でも人気のあるブランドで錦織圭選手やロジャー・フェデラー選手などの有名プロテニスプレーヤーに愛されているブランドです。

ウィルソンのテニスラケットは打感がいい点と扱いやすいラケットが多いという点で定評があります。多くの使用者の口コミを見ても打ってて心地のよいという評価が絶えません。

ウィルソンが開発したPWS(周辺荷重機構)​​というものがあります。これは他のブランドのラケットでは採用していなくウィルソン独自の技術です。独自技術の溢れたウィルソンのラケットを、初心者・中級者・上級者に分けて紹介します。

ウィルソンのラケットシリーズ

ウィルソンのラケットは、主に4つのシリーズがありますので、それぞれのシリーズを簡単に紹介します。
PRO STAFF
誰しもが憧れる長年多くの方から愛されている人気シリーズです。打感が心地よいと評判でボールにスピンや力がすべて伝わることに高く評価されています。
モデル:RF97/97S/97CV/97LS
ULTRA
ボレーのしやすいラケットを中心に集めたシリーズです。ここ3~4年でできたシリーズで初心者向きのラケットが多い印象があります。
モデル:ULTRA 100/ULTRA TOUR97/ULTRA TOUR95
BLADE
コントロールとパワーを兼ね備えたシリーズです。スイートスポットも広く面を外すことがないために扱いやすいシリーズになっています。
モデル:98(16×19)/98(18×20)/98S(18×16)
CLASH
力が弱くても遠くまで飛ばすことのできるシリーズで、力のあまりない女性に人気モデルです。
モデル:CLASH100

ウィルソンで初心者に人気の高いラケット

初心者のラケットを選ぶときに重要なことは以下の通りです。

(1)デザイン
自分の好きなデザインでプレーをすることがテニスを好きに感じることができる

(2)打球感​
打っている感覚が自分に合うのかどうか、気持ちよく打てるのかどうか

(3)使いやすさ
初心者はとりあえず基礎を身につけるために細かい動きも操作できる比較的に軽いラケットがおすすめ

ULTRA 100 CV

初心者におすすめのウィルソンのラケット(1) (98918)

素材 ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー
バサルト・ファイバー
カウンターベール
重さ 平均300g
バランス 平均32.0cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 100平方インチ
フレーム厚 23.0/26.5/22.5 mm
ストリング・パターン 16x19
適性 All Courter/Power Level: High
「ULTRA 100 CV」は初心者が扱いやすいテニスラケットです。理由は、ULTRAの製品コンセプトが、ボレーをしやすくしていて、反発力が大きいことが特徴になっています。

「ULTRA 100 CV」はフェイス面積が広いためスイートスポットが広く作られています。適正がAll Courter仕様のラケットなので、初心者がどのポジションに付いても対応できる利点があります。初心者にもっとも人気の高いモデルです。

BURN 100S CV

初心者におすすめなウィルソンのラケット(2) (96116)

素材 ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー
バサルト・ファイバー
カロファイト・ブラック
カウンターベール
重さ 平均300g
バランス 平均32.0cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 100平方インチ
フレーム厚 23.0/25.0/23.0mm
ストリング・パターン 18x16
適性 ベーズライナー
このラケットの特徴は、かなりのスピンがかかることです。

振り抜いてもスピンがかかりますので、落下速度が上昇することでアウトになる確率も極端に減少します。テニス初心者でよくあることは、アウトになることやネットにかかることです。

このラケットは少し上向きにボールを打ってもスピンがかかるためコートの中に入ります。また、打感も安定感があるために多くの人が使用できるラケットとなります。フローズンスモーク・ペイントによる表面加工によって汗をかいてグリップが滑ったりすることを防ぐことも可能です。

PRO STAFF 97LS

初心者におすすめなウィルソンのラケット(3) (98919)

素材 バサルト・ファイバー
カロファイト・ブラック 
ブレイディッド・グラファイト
ケブラー
重さ 平均290g
バランス 平均32.5cm
サイズ/レングス 27.00インチ
フェイス面積 97平方インチ
フレーム厚 23.0/23.0/23.0mm
ストリング・パターン 18 x 16
適性 Attacker/Power Level: Medium
68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

使い勝手が最高!ウィルソンのテニスバッグの選び方とおすすめ10選

使い勝手が最高!ウィルソンのテニスバッグの選び方とおすすめ10選

ウィルソンのテニスバッグは、テニスに必要な収納が最適な場所に配置されていて使い勝手が最高です。選ぶときには、サイズ、タイプ、目的を意識し選ぶのがよいでしょう。ウィルソンのテニスバッグのおすすめは、人気のTOUR V siries/ツアー5シリーズといったおしゃれで高機能な商品です。
Anonymous | 994 view
ウィルソンのテニスシューズの魅力とは?選び方とおすすめシューズ10選

ウィルソンのテニスシューズの魅力とは?選び方とおすすめシューズ10選

ウィルソンのテニスシューズの魅力とは、シューズとの一体感やプレーの安定感を得られることです。選ぶときには、コートの種類やクッション性、サイズ、プレースタイルで選ぶのがおすすめです。ラッシュプロシリーズをはじめ、ウィルソンにはプレイヤーの特徴を生かすシューズが揃っています。
Anonymous | 832 view
エルボーガードとは?野球におすすめな肘を守るエルボーガード13選!

エルボーガードとは?野球におすすめな肘を守るエルボーガード13選!

エルボーガードとは、野球選手がデッドボールや自打球によるケガから肘を守るための防具です。エルボーガードの使い方は、ピッチャー側の腕に巻き付けるだけと簡単です。エルボーガードには、各メーカーでデザインや特徴に違いがあり、自分にあったものが選べるため、プロ野球だけではなくアマチュア野球、少年野球、軟式野球やソフトボールでも使われるようになりました。
Anonymous | 4,892 view
キャッチャーマスクの種類と付け方とは?人気おすすめマスク5選を紹介

キャッチャーマスクの種類と付け方とは?人気おすすめマスク5選を紹介

野球のキャッチャーマスクは3種類あり、付け方はマスクの種類によって異なります。人気のキャッチャーマスクのおすすめは、ミズノやゼットの商品です。キャッチャーマスクは、視界の確保と軽さをポイントに選ぶとよいでしょう。安全面を考えて、関連道具であるスロートガードやマスクパッドを必ず装着してください。
Anonymous | 1,670 view
キョウヒョウプロ3のターボブルーを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3のターボブルーを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3 ターボブルーは、待望のブルースポンジを搭載したキョウヒョウプロ3の粘着性裏ソフトラバーです。キョウヒョウプロシリーズは、キョウヒョウシリーズのなかでも上級者向けに作られたシリーズで、最大の特徴は硬さと重さです。プレーヤーたちは、キョウヒョウプロ3 ターボブルーに対して、スピードや回転量を実現できると高く評価しています。
Anonymous | 1,758 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tai00change tai00change