2018年6月18日 更新

オフザボールの動き方!ポジショニングの重要性と考え方とは?

サッカーはボールを使う競技でありますが、ボールを持ってドリブルをしたり、パスを出すだけがプレーではありません。大事なのは、ボールを持っていないときに、オフザボールの動きで相手を動かしたり、味方のパスコースを作ったりすることが重要になります。

  
5,927 view お気に入り 0

オフザボールとは?

サッカーにおけるオフザボールとは、ボールがない時の動きのことです。実際にサッカーの試合中は、ほとんどの時間がボールを持っていない時間であり、この時間をオフザボールと呼びます。基本ポジショニングはシステムによって決まっていますが、オフザボールの時に、周りの動きを見ながらいかに的確なポジショニングを取ることができるかが、選手としての質を向上させます。

サッカーでボールを触っている時間

サッカーにおいて、ボールを触っている時間というのは、1試合でも数分しかありません。サッカーでは、いくらドリブルをしていても、1回のドリブルで5秒ボールを持てれば良い方です。華やかなドリブルやパスをしていても、その裏ではオフザボールの時に、常にボールが来た時のことを想定した動き方をすることが重要になります。
1人の選手がボールの触っている時間が短いからこそ、オフザボールの動き方が何よりも重要になります。

ボールを触っていない時間

*mayu* on Instagram: “* 2018. 3.26 Mon. ☀︎ 今日は、広島から  じじ ばばも 応援に(*´꒳`*) ・ がんばれ、にーさん☺︎ ・ ・ ・ #日々#暮らし#こども#記録 #長男10歳#サッカー試合#⚽️ #サッカー少年#サッカー小僧 #にーさん試合中#長女6歳…” (30047)

サッカーにおいては、ボールに触れていない時間の方が格段に多いです。ボールに触っていない時間をオフザボールと言いますが、その間に何を考え、どういった動きをしていくかがサッカーにおいて重要なことになります。
事前に、次の動き方を考えて基本ポジショニングをとっていくことで相手から隠れてボールを受け、味方に的確にパスをつなぐことができます。サッカーでは、それだけオフザボールの時間が重要です。

サッカーにおける重要な時間

スカルリバース music BAR on Instagram: “昨日の初ゴールが見れなかったけど今日もやってくれましたー⤴︎︎︎⤴︎︎ ヤタ───ヽ(〃∀〃)ノ───♪ #サッカー #サッカー試合” (30122)

オフザボールの時間はサッカーのとって視野を確保したり、次の動きを考えたりするとても大事な時間です。サッカーでは、ボールを持っている時も視野を広くとれることが重要ですが、実際にボールを持った時は、感覚で動くことが多いです。サッカーではオフザボールの時に、多くの動き方を考えて、基本ポジショニングをとって、ボールを受けたらどのような選択肢があるのか、また、どれが最適なものなのかを何パターンも考えておくことが大切になります。

オフザボールのときのポジション

サッカーでオフザボールの時の基本ポジションニングというのは、フォーメーションで配置された位置になります。基本ポジショニングとは、一番バランスの取れたポジションからスタートすることです。
この基本ポジショニングから、ボールや味方、相手選手などすべての選手の動きを見ながら、動き方を変えていきます。練習の時から、全体を見回してどういったポジショニングをとることがチームにとって一番良いのか、そして自分が活きることができるのかを確認することが重要です。

オフザボールの時の動きが大事

サンチェスのオフザボールの動き

サッカーでは、オフザボールの動き方が、ボールを引き出したり、マークを外したりと点を取るために大切な動き方になります。サッカーでボールを触る時間は短いので、オフザボールの時間にすべての準備を終わらせて、ボールを触る時には、イメージ通りの場所へボールをパスしたりシュートするだけになります。
そのためには、オフザボールの時に、敵、味方、ボールの動きを判断しながら、自分が仕事をするべきスペースを見つけ、1番良いタイミングでそのスペースに入ることが重要になります。

周りの状況を判断して基本ポジションをとる

Kaito on Instagram: “スクール春キャン2日目 . サッカーの大基本「止める、蹴る、運ぶ」 やっぱこれ、ちゃんとやらないとダメだなぁ😊 . school spring camp day 2 at tokyo #shibuya trapping, passing and dribbling .…” (30124)

サッカーのオフザボールの時の基本ポジションは、フォーメーションを意識しながらも全体の動きを見て自分の動き方を変えていく必要があります。サッカーでは、バランスが大事になりますから、システムに応じた基本ポジショニングを取りながらチームが連動して動くことが求められます。
この動き方も、ただ周りに合わせるのではなく、ボールが回ってくることを予測しながら、周りと連動して動くことが重要です。これもまた、オフザボールの動き方の一つです。

基本ポジションからの変化

ライズサッカースクール千鳥町 on Instagram: “#ライズ#代表チーム#ライズサッカースクール#大会#三鷹市#井口特設グランド#東京都#大田区#下丸子#千鳥町#池上線#多摩川線#サッカー少年#サッカー少女#サッカー小僧 #サッカー好き #サッカー試合 #サッカー⚽️ #サッカー大好き #サッカー大会 #サッカーキッズ#サッカー…” (30125)

サッカーではオフザボールの時に、基本ポジションはあっても、状況を見極めて、自分がいるべき場所を考えることが重要です。練習中から基本ポジションを意識しながらも、チーム全体がどのように動いているのか、それを考えながら動きを付けることです。
何も考えずに練習することはないと思いますが、普段の練習から、オフザボールの時ほど、周りの様子を見ることで自分の動きを考えることに繋がります。基本ポジショニングとオフザボールの時の動きの変化が重要です。

オフザボールの時の動き方

サッカーのオフザボールの動きは、マークを外す動きや、パスを引き出す動き、ディフェンス面でも危険を察知して、より危険な場所にポジションをとるために大事な時間です。サッカーのオフザボールの時の動きとは、ボールを触っている時よりも大切になります。
オフザボールの時に、基本ポジショニングからどのような変化を付けてポジションを入れ替えていくかで、その選手の質がわかってきますし、クレバーな選手かどうかも分かります。

ボールを受けやすい体の向きを作る

オフザボール 準備で相手に取られない!

63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000