2018年6月16日 更新

サッカーの歴代日本代表の監督まとめ!最強監督はだれだ?

サッカー日本代表監督はこれまでにワールドカップで残した最高成績はベスト16で、様々な日本人監督や外国人監督が就任してきました。Jリーグ発足以降、サッカー日本代表監督として日本代表を指揮してきた歴代監督の中で戦績などから最強の監督を紹介します。

  
3,765 view お気に入り 0

サッカー日本代表監督

サッカー日本代表監督としてこれまでに数々の監督が就任してきました。しかしながら、日本はワールドカップで最高順位はベスト16止まりです。ここ最近は世界との差が開きつつある中、これまでに就任した歴代のサッカー日本代表監督の中で一番優秀で名将や名監督と呼ばれる最強の監督は誰なのかを紹介します。

サッカー歴代日本代表監督①ハンス・オフト監督

ハンス・オフトがサッカー日本代表監督として指揮したのは1992年5月~1993年10月の期間です。Jリーグ発足後、初めてのサッカー日本代表監督となった人物で、それと同時に初めての外国人監督となりました。過去にはオランダのユース代表コーチや日本のクラブでコーチや監督を歴任し、一定の成績を残した過去をもちます。
 (38110)

ハンス・オフトがサッカー日本代表監督としての成績は33試合16勝9負8分勝率0.48という成績です。外国人として初の監督でしたが出だしは順調で、1992年のダイナスティカップやAFCアジアカップで優勝するなど輝かしい成績を残しました。一方で1993年のワールドカップアメリカ大会では本選に出場することができず期待を裏切る結果になります。この悲劇を日本ではドーハの悲劇として現在も語られています。

ハンス・オフト監督の戦術や特徴

ハンス・オフト監督がサッカー日本代表で用いフォーメーションは4-3-1-2です。ハンス・オフト監督の戦術は三角形を意識したトライアングルのポジションをとることでパスを通りやすくし、スリーラインと呼ばれるラインをスモールフィールドという各ポジションのラインを短くとることで攻守へのバランス保つサッカーを戦術としています。
 (39770)

サッカー歴代日本代表監督②ファルカン監督

ファルカンがサッカー日本代表監督として指揮したのは1994年5月~1994年10月までの短い期間です。過去にはブラジル代表の監督を歴任して、ハンス・オフト監督の後任としてサッカー日本代表の監督に就任しました。ハンス・オフト監督とは違って選手に細かい指導をする指導者ではありませんでした。
 (39393)

ファルカン監督がサッカー日本代表の監督しての成績は9試合3勝2負4分勝率0.33という成績です。ハンス・オフト監督の後任として就任し、若手を積極的に起用して世代交代を図ろうとするも要求が高くアジア大会ではいい成績を残すことができず退任しました。

ファルカン監督の戦術や特徴

ファルカン監督が用いたフォーメーションは4-3-1-2と4-2-2というシステムです。まず4-3-1-2では前任のハンス・オフト監督も使用していたシステムをベースに戦っていましたが、ファルカン監督は新しいシステムとして4-2-2-2という現在の4-4-2に相当する最先端のフォーメーションも使用しました。ファルカン監督の戦術はゾーンプレスとショートカウンターであったが、その戦術は高い位置でボールを奪うことに意義があります。
 (39772)

サッカー歴代日本代表監督③加茂周監督

加茂周がサッカー日本代表監督として指揮したのは1994年~1997年の間です。過去には現在の横浜F・マリノスにあたる日産自動車サッカー部の監督として1983年の天皇杯で優勝に導くなど、国内で好成績を残していました。ファルカン監督の後任としてサッカー日本代表監督に就任し、日本のサッカー発展の為に尽力します。
 (38134)

加茂監督のサッカー日本代表監督としての成績は46試合24勝14負8分勝率0.52という成績です。1996年に開催されたAFCアジアカップ1996では準々決勝で敗退し、周囲からはワールドカップに向けて不安視されていました。1998年のフランスワールドカップ出場をかけて1997年のアジア最終予選では本戦出場への切符が怪しくなったため、ワールドカップ予選の最中ではあったが解任されました。

加茂周監督の戦術や特徴

加茂周監督が用いた主なフォーメーションは4-2-2-2(4-4-2)です。加茂周監督の戦術はゾーンプレスを主体としたショートカウンターをする素早いサッカーでした。これは前任のファルカン監督と同じだが、パスやドリブル主体の欧州相手には通じてもロングボール主体のアジア相手には通じないのが特徴です。そのため成績にも結果が表れアジア圏のチーム相手に苦戦しています。
 (39838)

サッカー歴代日本代表監督④岡田武史監督

岡田武史がサッカー日本代表監督に就任したのは1997年~1998年の間です。日本代表のコーチをしていましたが、加茂周監督の解任により昇格という形でサッカー日本代表監督に就任しました。当時の岡田監督はサッカーを引退してからコーチとなったものの、指導経験は浅く監督経験は全くありませんでした。
89 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本のオフサイドトラップの技術の凄さとは?世界が魅了するテクニック

日本のオフサイドトラップの技術の凄さとは?世界が魅了するテクニック

サッカー日本代表がワールドカップのセネガル戦で行なったオフサイドトラップはその美しさと技術レベルの高さから史上最高であると言われています。日本代表のオフサイドトラップの凄さは、ラインの整え方、上げるタイミング、2列目の選手への対応まで細かく設定されているところにあります。
nosedori | 33 view
サッカー監督がスーツをなぜ着ているのか?【気になる疑問を解決】

サッカー監督がスーツをなぜ着ているのか?【気になる疑問を解決】

サッカーの試合を見ていると、時たまうつる監督。指示出しゾーンで見かける監督はどの監督も試合でスーツを着ているなと思いませんか?他の競技を見ても、野球はユニフォームで監督しているし、サッカーの監督はなぜスーツを着ているのでしょうか?サッカーの起源からみていくと、そのなぜの理由が見えてきそうです。
syaki | 7,446 view
セパタクローとは?基本的なルールやボールなどの知識【情報まとめ】

セパタクローとは?基本的なルールやボールなどの知識【情報まとめ】

まず、セパタクローと聞いてスポーツを想像できる人はどのくらいいますでしょうか?ここでは、知られざるセパタクローのルールや知識を分かりやすく画像や動画を用いて解説していきます。セパタクローを是非知っていただければと思います。
K,K | 13,272 view
ミズノのフットサルシューズのおすすめ人気TOP7!ミズノ特徴とは?

ミズノのフットサルシューズのおすすめ人気TOP7!ミズノ特徴とは?

少人数で気軽に楽しむことができるスポーツのフットサル。ひとりで参加して、つながりを持ちながらプレーする個サルも流行の兆しを見せており、需要も広がりつつあります。そこで今回はミズノにスポットを当て、フットサルシューズのおすすめ人気TOP7を紹介します。
masamiohdaira9 | 9 view
セットプレーとは?気になるサッカー用語解説!意味や使われる時を理解しよう

セットプレーとは?気になるサッカー用語解説!意味や使われる時を理解しよう

サッカー用語でセットプレーという言葉がありますが、サッカー初心者には詳しくはわからないという方が多いかと思います。そこで今回はそんな気になるサッカー用語であるセットプレーにスポットを当て、意味やどのような場合にどのようにセットプレーは行われるのかを紹介します。
masamiohdaira9 | 11 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

水無月 水無月