2018年6月16日 更新

サッカーの歴代日本代表の監督まとめ!最強監督はだれだ?

サッカー日本代表監督はこれまでにワールドカップで残した最高成績はベスト16で、様々な日本人監督や外国人監督が就任してきました。Jリーグ発足以降、サッカー日本代表監督として日本代表を指揮してきた歴代監督の中で戦績などから最強の監督を紹介します。

7,475 view お気に入り 0
水上 慎也 on Instagram: “【指揮官より学ぶ 美しい生き様とは】 物事の判断基準は 「損か得か」「好きか嫌いか」 「正しいか間違いか」などいろいろありますが、  僕は様々な決断を下すときに必ず 「この生き様は美しいか?」 と自分に問いかけます。 ※写真はネットから #岡田武史 #美しい #生き様 #決断…” (38222)

岡田武史監督がサッカー日本代表を指揮した際の戦績は19試合9勝6負4分勝率0.60です。日本代表を初めてワールドカップ本戦へと導いた日本人監督の名将ですが、1998年のフランスワールドカップではグループリーグで全敗し退任しました。指導経験が浅くも日本代表をワールドカップ本戦へ導いた手腕は名将への第一歩と言えます。

岡田武史監督の戦術や特徴

岡田監督の用いた主なフォーメーションは3-4-1-2というシステムです。岡田監督の戦術はこれまでに上記で紹介してきた監督の戦術を引き継いでおり、特徴としてはゾーンプレスを主体としたカウンターになります。岡田監督は加茂周監督の時にサッカー日本代表のコーチだったため、この戦術への理解度は髙く引き継いでワールドカップへ本戦へと導きました。
 (39819)

サッカー歴代日本代表監督⑤フィリップ・トルシエ監督

トルシエがサッカー日本代表監督として指揮したのは1998年~2002年の間です。過去にコートジボワールやナイジェリア代表の監督を指揮しては好成績を残すも様々な問題があり長くは続きませんでした。フランスワールドカップ終了後にサッカー日本代表の監督に就任し、2002年の日韓ワールドカップ終了まで指揮しました。トルシエ監督はアフリカでの実績が高い名監督としてしられています。
ethica on Instagram: “Sol Béni オーナー フィリップ・トルシエ氏(元サッカー日本代表監督)も出展「2015 年産ボルドープリムールワイン試飲会」開催…” (38227)

トルシエ監督のサッカー日本代表監督としての成績は50試合23勝12負15分勝率0.46という成績です。U-20などの若い世代の監督も兼任しており、2000年のシドニーオリンピックでは準々決勝にまで進出したり同年のAFCアジアカップ2000では優勝するなど一定の成績を残していました。2002年の日韓ワールドカップ本戦ではグループリーグを突破するも、決勝トーナメント初戦で敗れ退任しました。

フィリップ・トルシエ監督の戦術や特徴

トルシエ監督が用いた主なフォーメーションは3-4-1-2というシステムです。基本的な戦術としてはファルカンや加茂監督と同じだが、特徴としては「フラット3」と呼ばれるDFがラインの上げ下げを細かく行うところになります。この戦術はオフサイドトラップを仕掛けるだけでなく、より攻撃的なサッカーをするための戦術です。しかし、オフサイドトラップが失敗すればビッグチャンスを作られるのが最大の欠点となります。
 (39774)

サッカー歴代日本代表監督⑥ジーコ監督

神様ジーコがサッカー日本代表監督として指揮したのは2002年~2006年の間です。選手としてブラジル代表の主力として活躍し、日本の鹿島アントラーズでプレーした経験をもちます。トルシエ監督の後任としてサッカー日本代表の監督に就任し、これがほぼ初めての監督業となりました。
Yasutaka Harada on Instagram: “ジーコさんに会って来ました🎵玉野に呼んでくれたスタッフに感謝‼️#ジーコ#ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル #玉野市#岡山県#zico #tamano#okayama” (38224)

ジーコ監督のサッカー日本代表監督としての成績は72試合37勝19負16分勝率0.51という成績です。2004年のAFCアジアカップでは優勝し翌年のコンフェデ杯では強豪ブラジルと引き分けるなど確かな成績を残していました。2006年に開催されるドイツワールドカップのアジア予選では世界最速で出場権を獲得したが、ワールドカップ本戦では1勝もできずワールドカップ後には退任しました。

ジーコ監督の戦術や特徴

ジーコ監督の用いた主なフォーメーションは4-2-2-2というシステムです。このシステムの特徴は各ポジションがセットになっており、ポジションごとにバランスを保てば全体的にバランスがとれる仕組みとなっています。だが、ジーコ監督のシステムはあくまで形だけで選手の個々の能力を最大限に活かすための組織です。強豪相手には善戦しても同レベル以下のチームには悪戦することが多くなりました。
 (39836)

サッカー歴代日本代表監督⑦イビチャ・オシム監督

オシムがサッカー日本代表監督として指揮したのは2006年~2007年の間です。ジーコ監督の後任として日本代表の監督に就任しました。過去にはユーゴスラビア代表でベスト8や日本のジェフユナイテッド市原・千葉でナビスコカップを優勝するなど、これまでに監督を担ってきた歴代監督の中では名監督で実績や経験豊富な人物です。
名言 on Instagram: “日本人は言い訳が上手だ失敗する前に言い訳を考えて、やってみる失敗したらどうしようと悩むよりも成功するためになにが必要かその準備をしたほうが有意義ではないか#イビチャオシム#オシム#名言” (38223)

オシム監督がサッカー日本代表監督としての成績は20試合12勝3負5分勝率0.60となっています。2006年のドイツワールドカップの大会後ということで新戦力や既存のメンバーでやりくりしている最中だったが、病気により監督業は困難な為退任しました。2007年に開催されたAFCアジアカップでは4位という成績を残しています。

イビチャ・オシム監督の戦術や特徴

オシム監督の用いた主なフォーメーションは4-2-3-1です。オシム監督のフォーメーションは頻繁に変わることが多く、選手が考えて走るのが特徴にります。守備はマンツーマンディフェンスを基本とし攻撃ではパスを回していく戦術です。この戦術の欠点はパスを回している際のパスカットからのカウンターをされる点だったが、オシム監督はリスクはつきものと語っていました。
89 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

グアルディオラの戦術とは?新しい戦術を作り出した名監督に迫る!

グアルディオラの戦術とは?新しい戦術を作り出した名監督に迫る!

現在のサッカー界を代表する名将の一人であるペップ・グアルディオラ監督。さまざまな新戦術を用いて、欧州のサッカーシーンを席巻しています。これまのサッカー界になかった新しい発想で生み出される、個性的で革新的なペップ戦術の特徴を解説します。
tatsunari1205 | 1,445 view
モウリーニョ監督の名言&語録!皮肉もありの心に響くその言葉とは?

モウリーニョ監督の名言&語録!皮肉もありの心に響くその言葉とは?

モウリーニョはチェルシー、レアル・マドリードなどのビッグクラブで指揮をとる世界最高峰の監督として認知されている一方で、様々な名言や皮肉の込められた語録でも知られています。今回はモウリーニョの名言&語録を彼の哲学、他監督への皮肉、チームの3つのフェーズに分けて紹介します。
nosedori | 1,856 view
日本代表のオフサイドトラップの凄さとは?世界が魅了するテクニックを解説!

日本代表のオフサイドトラップの凄さとは?世界が魅了するテクニックを解説!

日本代表がワールドカップのセネガル戦で行なったオフサイドトラップはその美しさと技術レベルの高さから史上最高であると言われています。日本代表のオフサイドトラップの凄さは、ラインの整え方、上げるタイミング、2列目の選手への対応まで細かく設定されているところにあります。
nosedori | 323 view
サッカーの監督ランキングベスト10!最強監督は誰なのか?

サッカーの監督ランキングベスト10!最強監督は誰なのか?

サッカー監督には様々なタイプが存在し、監督によって用いる戦術やフォーメーションが異なります。今回は2018年のサッカー監督をランキング形式で紹介します。各監督の特徴を知ることで、サッカーをより一層深く、そして楽しく見ることができます。
nosedori | 82,543 view
サッカー監督がスーツをなぜ着ているのか?【気になる疑問を解決】

サッカー監督がスーツをなぜ着ているのか?【気になる疑問を解決】

サッカーの試合を見ていると、時たまうつる監督。指示出しゾーンで見かける監督はどの監督も試合でスーツを着ているなと思いませんか?他の競技を見ても、野球はユニフォームで監督しているし、サッカーの監督はなぜスーツを着ているのでしょうか?サッカーの起源からみていくと、そのなぜの理由が見えてきそうです。
syaki | 12,698 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

水無月 水無月
amazon