2020年1月9日 更新

サッカーのテクニック特集!ドリブルや足技・フェイントの抜き技など

サッカーには様々なドリブルや足技・フェイントなどの抜き技があります。そこで今回はサッカーテクニック集!ドリブルや足技・フェイントの抜き技など、そのポイントや練習方法を交えてご紹介していきたいと思います。これを見てあなたもサッカーのテクニシャンになることができます。

22,470 view お気に入り 0

ジネディーヌ・ジダン 【マルセイユルーレットの極意】

マルセイユルーレットは一瞬、相手に背を向けながら抜き去るドリブルテクニックで、ダブルタッチに比べて相手にボールを取られにくいフェイントと言えます。

練習では、最初は歩きながらやってみて、できるようになってきたらできる限り早く回転できるようにします。

ボールを足で引く前に、キックフェイントを入れるとさらに効果的な抜き技です。

マルセイユルーレットの練習方法

サッカー育成年代ではいきなりボールを使う練習のやり方では難しいので、まずはボール無しで回転の仕方を体で覚えます。方法としてはコーンを置き、コーンに向かって走り、コーン手前で回転します。回転を体で覚えたら次はボールを使ってやってみます。

サッカー育成年代では意外に反対方向へ回転することができない選手が多くいます。まずは体が自然に回転できるまで取り組むことが抜き技としてマルセイユルーレットを上達させるカギになります。

サッカーのテクニック⑦ストップ&ゴー

ストップ&ゴー 少年サッカー動画フェイント・テクニックシリーズ8 YSS八郷サッカースクール

数ある種類のサッカードリブルテクニックの中でも比較的簡単な足技であるフェイントのストップ&ゴー。この足技はサッカー育成年代のうちから修得する選手もいます。

サッカーのドリブルテクニックの基本的な考え方は「緩急」を活かすことですが、このストップ&ゴーはまさにその名前のとおり、「緩急」を最大限に活かしたフェイントです。

サッカードリブルテクニックは、イコール「緩急」です。

ストップ&ゴーの抜き方

①トップスピードでドリブルをする。なるべくスピードにのった状態で突破を試みます。

②軸足をボールの横にしっかりと踏み込みます。
ボールより後ろに軸足を置いてしまうとボールを止められないので、軸足を置く位置を感覚として練習で身に付けておきます。

③ボールをしっかりと止めます。ボールだけではなく、体も一緒に完全に止めます。

④すぐさまボールを前に押し出して突破します。この時、躊躇していると相手ディフェンダーが寄せてきますのですぐにスタートします。

ストップ&ゴーのポイント

サッカードリブルテクニックのストップ&ゴーは、トップスピードからボールを瞬時に止めるだけではなく、体も同時に止めることがポイントです。いわゆるボディフェイントです。

ボールを止めるときには、前かがみにならず、状態を起こして止まるフリで相手を騙すことも必要です。素晴らしいボディフェイントテクニックを持っていれば、ボールを止めなくてもボディフェイントだけで相手を抜き去ることができます。

そういう意味ではボールに触れない抜き技と言えます。これは後にご紹介するサッカーテクニックのシザース・ステップオーバーに通じるテクニックです。

ストップ&ゴーの練習方法

ストップ&ゴーを上達させる上で重要なのは緩急ですが、それはボールを止めるテクニックを持つか否かです。実はボールを止めるテクニックはサッカーにおいて基本中に基本です。

サッカー育成年代のうちから「ピタッ」とボールを止められるテクニックを身に付けておくことが求められます。

まずはボールを使わないやり方で、鬼ごっこや氷鬼などをしてみると良いでしょう。相手にタッチされないように、自然とストップ&ゴーを行うはずです。
そこで選手に気付かせてからボールを使って鬼ごっこや氷鬼をすることでテクニックは上達します。

サッカーのテクニック⑧エラシコ

RY on Instagram: “本当にカッコイイっすわ🤩. #fcbarcelona #barcelona #football#ロナウジーニョ#instagram #instagood #instalike” (27960)

エラシコという名前は、ポルトガル語で「輪ゴム」という意味で、ボールが足から離れず、ゴムのように動くことが名前の由来と言われています。

サッカーテクニックの中でも華麗な抜き技の一つでもあるエラシコとは、アウトサイドでボールをアウトへ押し、進行方向へ行くと見せかけてインサイドで相手を抜き去る足技で、かつてブラジル代表で活躍したサッカー選手のロナウジーニョの得意な足技として有名です。

サッカーの試合で華麗にエラシコを成功させれば歓声が沸き起こるテクニックです。

エラシコの抜き方

ブラジル代表MFウィリアン トルコ戦で話題の『エラシコ』 倍速&倍々速スロー/Willian Borges da Silva

エラシコは難しいように見えますが、コツさえつかんでしまえば実はとても簡単な足技です。

①蹴り足の膝をボールより前に出した状態で1タッチ目をアウトサイドでゆっくり押し出します。この時、膝がボールより前に出た分だけ動きの大きなエラシコになります。

②押し出した蹴り足を着地させながらインサイドで逆方向へ押し出します。この2タッチ目は素早く行う足技が重要です。

エラシコのポイント

サッカーテクニックのエラシコのポイントは1タッチ目の膝です。なかなか膝が前に出ない人もいますが、イメージとしては何か物に足がつっかかるというイメージです。足が何かにつっかかるとき、つま先よりも膝が前に出るはずです。

もう一つのポイントは「緩急」です。1タッチ目はゆっくり、2タッチ目は素早くすることで緩急をつけます。

ここでも「緩急」が出てくることから、サッカーテクニックイコール「緩急」という事が再確認できるはずです。エラシコをサッカーの試合で成功させるには「緩急」が大事です。

エラシコの練習方法

エラシコのワンタッチ目は、膝を前に出してからボールのやや下を、小指付近のアウトサイドで押し出し、蹴り足が着地すると同時に親指付近のインサイドで戻します。

練習のやり方としては、ボールの当て所を確認し、膝を前に出すことを重点的に意識しながら取り組むことが必要です。
98 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ジンガステップのやり方とは?足元の技術をアップさせる練習法を解説

ジンガステップのやり方とは?足元の技術をアップさせる練習法を解説

ブラジルの多くの選手が身に着けているジンガステップは、サンバのような華麗なステップを用いてディフェンスを抜き去るドリブルテクニックに応用されています。つまり、ジンガを練習すれば足元の技術向上に役立ちます。足元の技術向上を目指すための練習方法として、今ジンガが注目を集めています。
masamiohdaira9 | 262 view
サッカーのドリブルフェイント特集!絶対覚えておきたい6つの技とは?

サッカーのドリブルフェイント特集!絶対覚えておきたい6つの技とは?

サッカーの中でも醍醐味ともいえる、テクニックを使ったドリブルフェイントですが、実際にやってみようとしてもなかなか上手にできないというジュニア年代の選手も多いかと思います。ここではサッカーのドリブルフェイント特集として、絶対覚えておきたいつ6つの技を紹介します。
masamiohdaira9 | 2,783 view
サッカードリブルのコツとテクニック特集!基本から抜き方【初心者OK】

サッカードリブルのコツとテクニック特集!基本から抜き方【初心者OK】

サッカーには様々な技術が必要になってきます。キックやトラップの技術はもちろん、自分で状況を打開するものとしてドリブルは必要不可欠なものであります。そんなサッカーのドリブルは教えられるものでもありますが、自分なりのリズムとタッチを作る方が取られにくいものになります。
camarade20042000 | 24,669 view
バックビハインドのドリブルのコツとやり方とは?【バスケ上達ガイド】

バックビハインドのドリブルのコツとやり方とは?【バスケ上達ガイド】

バスケットボールのドリブル技には様々な種類がありますが、その中でも比較的難易度が高く、見ていてかっこいいバックビハインドのドリブルがあります。難易度が高いとはいえ、コツとやり方を覚えてしまえば初心者でもすぐに自分のものになります。
masamiohdaira9 | 996 view
バスケでオフェンス力をアップするハンドリング練習10選【バスケット上達】

バスケでオフェンス力をアップするハンドリング練習10選【バスケット上達】

バスケットボールで最初に練習することはドリブルなどのハンドリングです。自分の手よりもはるかに大きいバスケットボールを意のままに扱えるようになることは必要不可欠なのです。ここでは、ドリブルを中心とした、特にオフェンス力向上に効果的な練習方法を10種類紹介します。
MARUO KAZUHIRO | 1,061 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9