2018年8月2日 更新

少年野球の練習メニュー10選と具体的な練習方法とは?【打撃編】

少年野球で攻撃に関する練習を行うにはどのようなメニューが理想的なのでしょうか。少年野球の試合で効率よく得点をあげることができるように、実践したい基礎となる10種類の練習メニューとその具体的な練習方法、そして上達するためのコツを詳しく解説します。

  
317 view お気に入り 0

少年野球で練習をうまく指導するコツとは?

Stunning Free Images · Pixabay (47329)

少年野球では、基礎となる練習メニューや上達させる方法は、自分で学ぶよりも教えてもらって覚えるケースが多くなりますが、少年野球をやっている小学生の子供は根気がなく集中力が持続しません。
このため、飽きさせないようにひとつの練習時間を短くして、さまざまな練習メニューやトレーニングをさせるのがコツです。
また、少年野球の監督やコーチ、少年野球をやっている自分の子供に教えたいという親御さんは、練習で間違ったことを教えないようにすることが重要です。特にバッティングや守備などの技術的なことに関しては、しっかりと理解したうえで指導する必要があります。

少年野球で基礎となる攻撃練習と上達させる方法とは?

野球では守備も大事ですが、点をとらないと試合では勝つことができないため、数少ないチャンスで効率よく得点をあげることができるような攻撃力が必要になってきますが、単純に打つだけでは簡単に得点をあげることはできません。少年野球でもバッティング練習だけではなく、それ以外の攻撃に関する練習メニューやトレーニングを行い、状況に応じた動きができるように身につけておくことが重要です。
このため、ここでは少年野球の攻撃に関して基礎となる練習メニューと、上達させるための方法を解説していきます。

少年野球の攻撃に関する練習メニューと上達させる方法①

俊敏性と瞬発力を鍛えるショートダッシュの練習

Stunning Free Images · Pixabay (47354)

野球をした際、攻撃時には打った後に一塁へ走り、塁上にいる場合は次の塁へ向かうために走り、守備時には打球に反応してボールを追うため、走力をアップさせるトレーニングは必要不可欠です。
また、素早い状況判断を行い動くことができる俊敏性と瞬発力を鍛えるトレーニングも重要なため、10mから20mほどの短い距離を繰り返し走る、ショートダッシュを少年野球の練習メニューに取り入れるといいでしょう。15分を目安に行い最初の2歩、3歩を特に意識して、勢いよくスタートを切るのがコツです。
少年野球でショートダッシュの練習を行う際は、複数の人数で同時に走る方法にすることで競争心が生まれ、より効果的になります。

少年野球の攻撃に関する練習メニューと上達させる方法②

ボールを見ることを意識したキャッチボールの練習

 (47389)

バットにボールを当てるにはボールをよく見ることが重要なため、ボールを見ることを常に意識するような練習メニューが必要になります。
キャッチボールは野球で基礎となる練習方法のひとつですが、そのキャッチボールに加えワンバウンドのボールを投げるキャッチボールの練習メニューを行うと、ボールを見る意識を持つことができるようになります。キャッチボールでワンバウンドのボールを投げると、通常のキャッチボールよりもボールの軌道が大きく異なるため、ボールをよく見ないと捕球することができません。
少年野球の練習では15分を目安にして、通常のキャッチボールとワンバウンドで投げるキャッチボールを交互に行うと効果的です。

少年野球の攻撃に関する練習メニューと上達させる方法③

野球のバッティングの基礎となる素振りの練習

いまっ’ちん on Instagram: “奨成!#素振り #坊主じゃなくなってる” (47394)

前述したキャッチボールと同様に、素振りも野球では基礎となる練習方法のひとつで、バッティングの土台を作るために非常に重要になります。このため、少年野球でも打撃力をアップさせるには、しっかりと素振りの練習を行うことが必要ですが、何も考えずにバットを振っていては、あまり効果を得ることができません。
では、少年野球で素振りを行う場合、どのような練習メニューを実践すれば効果的なのか、具体的にみていくことにしましょう。

バッティングフォームを固める素振りの練習

 (47399)

少年野球でバッティングを上達させるには、バッティングフォームを固めるための素振りの練習を行う必要があります。その際、以下の4つが重要なポイントです。

・速いボールに対応するためトップの位置の近くにバットを構える
・タメを作るため軸足にしっかりと体重を乗せてステップする
・最短距離でスイングするためバットはグリップから出して両脇を閉める
・フォロースルーは腕を伸ばして大きくする


各ポイントをチェックしながら、最初は30回素振りの練習を行いバッティングフォームを固め、その後に50回、100回と徐々に素振りの回数を増やしていくのがコツで、バッティングフォームが崩れないようになります。

ボールを打つことを意識した素振りの練習

 (47539)

少年野球をやっている小学生の子供はボールの軌道をイメージして素振りを行うのが難しいため、ボールを打つことを意識した素振りを少年野球の練習メニューに取り入れるといいでしょう。
バットを横に持った状態で前に立ち、バットの先端をボールに見立てて素振りの練習を行います。
その際、バットの先端をアウトコース高め、ベルト、低め、真ん中高め、ベルト、低め、インコース高め、ベルト、低めのボールになるように動かしていくのがコツで、各コースに対してバットの先端をとらえるようにバットが振れているかチェックします。
最初は各コースに対して10回ずつ素振りを行い、スイングが安定してきたら回数を増やしていきます。

少年野球の攻撃に関する練習メニューと上達させる方法④

ティーバッティングの練習

95 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8