2019年4月13日 更新

サンドボールのおすすめ5選と打撃強化の効果と使い方とは?

野球の練習に活用されるトレーニング用具の1つにサンドボールがあります。ここでは、このサンドボールとは?を始め、打撃力向上に効果を発揮するおすすめのサンドボールの紹介や、具体的なサンドボールの使い方・トレーニング方法をご紹介します。

  
14,042 view お気に入り 0

サンドボールを使った打撃練習方法③

さまざまな種類のティーバッティングとの組み合わせ

山田哲人選手が行う11種類のティーバッティング

打撃練習方法②で紹介したセットアップ・ティーバッティングは、ボールを放ってもらう距離や角度、コースやスピードなどを変化させることにより、トレーニングするポイントを変えて練習することができます。
例えば、真横から放ってもらえば、ボールを点で捉える練習になりますし、1スイングずつ前に移動しながらやれば、軸足からの体重移動を意識した練習となります。また、次の3つが前提となりますが、やり方や使い方を工夫して、効果的に自らの弱点を克服していきましょう。

■きちんとしたフォーム
■きちんとしたスイング
■きちんとしたミート


単にパワーだけを意識するのではなく、この3つを全て揃えられるよう意識しましょう。

サンドボールを使って種々のティーバッティングをする際のポイント

野球のセットアップ・ティーバッティングでサンドボールを使用する場合でも、やり方に工夫を凝らすことはできますが、サンドボールであるがゆえにできないやり方もあります。サンドボールは重く、反発力も弱いため、バウンドしたボールを打つ使い方はできません。
それ以外の使い方であれば、さまざまなセットアップ・ティーバッティングでサンドボールを使用することができ、フォームとスイングとミートを意識しながら、更に力強さを得る効果に期待ができます。そこでおすすめしたいポイントは、脱力からインパクトの瞬間に力を入れる感覚を自分のものにしていくことです。

サンドボールを使った打撃練習方法の注意点

サンドボールを使っていく上での注意点があります。
強打の野球選手への道は一日にしてならずですが、このことを知った上での使い方をすることで、逆効果を防いだり、練習の幅を増やしたりすることができます。きちんとした使い方をして、より効果・効率か上がる練習をしましょう。
効果的なサンドボールの使い方をして野球の打撃練習を行う上で最も注意が必要なことは、やりすぎに注意することです。身の丈に合った重さのタイプを選ぶことと、やみくもに打つ量を増やさないことに留意してください。その訳は、サンドボールを打つ際には、結構な衝撃と負担が手首にかかるからで、重すぎるサンドボールを打ったり、必要以上に数を増やすと手首を痛める可能性があります。特に少年野球児は注意してほしい使い方です。
また、その衝撃はバットにもかかります。金属バットが凹んだりする可能性もあるため、注意しましょう。

打撃力強化の役に立つサンドボールについてのまとめ

サンドボール、効果的に正しい使い方をすれば確実に野球の打撃力が強化できます。これまでにインパクトの瞬間に力を込める練習をするには、タイヤなどを叩いたり、ちょっと重いソフトボールを打つなどしていましたが、それぞれ振り抜けない、ボールが大きいのでミートの練習にはなりづらいなどの欠点がありました。この両方を補いつつトレーニングできる用品としておすすめできるのがサンドボールなのです。
とはいえ、サンドボールを使った打撃練習も数ある野球の打撃練習の一つでしかありません。サンドボールを使った打撃練習で向上させたことを、別の打撃練習や野球の試合で実感できるように、活かしていきましょう。
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO