2019年1月3日 更新

ハンドボールのキーパー解析!コツ・技術や練習法【初心者OK】

激しく選手たちがぶつかり合うハンドボール。その中でもDFの最後の砦あるゴールキーパー!絶対的守護神として敵からのシュートをいかにシャットアウトできるか、コートプレーヤーとの駆け引きと位置取りが最も重要となってくる。 一体どのようにトレーニングをすればキーパーは上達するのかそのコツと技術や練習法、キーパーとしての役割と心構えをこれから徹底解析していきたいと思います。

63,091 view お気に入り 1

ハンドボールの守護神!ゴールキーパー

 (4283)

 皆さんが最初ハンドボールといって最初に思うことは、
コートプレーヤーがシュートを打つ姿がかっこいい!!
 激しくぶつかり合うスポーツなどコートプレーヤーばかり目に入ってしまうことがきっと多いはずでしょう。

しかし、そんな中チーム影の立役者であるゴールキーパー!

いざとなった時に敵からのシュートをシャットアウトしチームの士気を高めてくれる精神的支柱な存在!
そんなハンドボールのキーパーはあの高速で強烈なシュートをグローブ無しの素手で止めます。
そしてサッカーのキーパーとは違い少し複雑なルールとなっています、

今回は始めたばかりの選手や慣れてきた人も、一人前のキーパーに少しでも近づけるため、基本のルールから技術、トレーニング方法をこの記事では解説していきたいと思います!

ゴールキーパーのルールについて知ろう!

ハンドボールのゴールキーパーならではのルールは?

 ハンドボールのキーパーでは重要なルールがいくつか存在します。
相手がシュートを打ってコートの外に出てしまった場合、果たして自分たちのボールなのか、相手のスローからなのかそこのルールをまずはパターンごとに説明していきたいと思います。

パターン1 打ったシュートが味方のDFに当たりコートから出てしまった場合

この場合では、シュートが味方のDFに当たってしまい外に出てしまった時、最後に当たったのは自分たちのチームになりますのでボールは相手ボールとなります。

しかし、サッカーと異なりハンドボールでは、DFに当たったボールをキーパーが6mでキャッチ、もしくはボールに触れエンドラインに出した場合は最後に触れたのは自分たちのチームなので自陣のボールとなります。

 ということはDFが弾いてしまったボールをキーパーが取ればマイボールになるのでキーパーは全力で取りに行きましょう!!

パターン2 キーパーがグローブをつけるのはあり?なし?

 サッカーのキーパーではグローブをつけるのは当たり前ですが、プロのハンドボールの試合ではグローブをつけていません。
 ハンドボールのルール上ではグローブをつけてはいけないとは明記されてはいませんが、私はキーパーをしている時グローブは正直に言って邪魔だなと思います。
 なぜなら練習の時にグローブをしていては速攻の時にスローのコントロールが乱れてしまうし、サッカーのボールとは違い、ハンドボールの球は小さいのでサッカーのようなグローブでは大きすぎて握りにくいです。

またどうしてもグローブや手を守って欲しいものが必要とならば、軍手をお勧めします。
ハンドボールの寒い冬の練習、キーパーをしている時に耳先だけが当たったり、、手先だけが当たったり、と想像しただけで痛々しいですが、この時に軍手をつけていればある程度なら痛くはありません。
また夏場の暑い日にグローブより通気性がいいのでお勧めです。

パターン3 ゴールエリアから出る場合のルールとしてOK?

ハンドボールのキーパーは、ゴールエリア内だけでプレーするとは限りません。
キーパーは自由にゴールエリアの内外を行き来することが出来る唯一のポジションです。
しかし、ゴールエリアから出た場合ルールは、コートプレイヤーと同じ扱いとなるので、ボールを持った時は歩数の制限やドリブルのルールも適用されるというデメリットも生じます。
 また、相手の速攻時にキーパーが飛び出して、ロングパスをカットする場面がありますが、そこにも気を付けるべきことがあります。
それは相手のプレイヤーに対してDFをしてはいけません。
キーパーが飛び出した時点で相手チームの得点チャンスとなるので、ルール上プレイヤーに触れるとそれを邪魔したとして1発退場。失格となりその試合には出れなくなってしまいます。

もしゴールエリア外でプレーするのであればこのルールに気をつけましょう。

ハンドボールのゴールキーパーの基本姿勢

 (4288)

ホッケーや、サッカーやハンドボールのキーパーがシュートを止める時、基本姿勢がないとシュートを止めるのは厳しくなります。
さらに、防具、グローブもなく体全体で止めに行くという、並々ならぬ度胸が必要です。

ここでは最低でも4つ、キーパーとしての基本的な姿勢をポイントを交えて解説していきたいと思います。

その1 体を大きく見せる

一度イメージをしてみましょう体を小さく構えているキーパーと体を大きく構えているキーパー。皆さんならどちらの方が得点を入れれる自信がありますか??
 その答えはほとんど「小さく構えているキーパーの方が決めれる自信がある」と答えるでしょう。
体を大きく見せることで少しでもシュートコースをなくすことができ、さらにOFに対してプレッシャーと威圧感を与えれるので、キーパーは体を堂々と大きく見せることも一つの手です。

その2 膝は軽く曲げること

膝を伸ばしきってしまうとどうしてもゴールの四隅に届くまで時間がかかります。さらに直立した状態であるのでシュートに対しての反応も遅くなってしまいます。
 ですので、膝を軽く曲げることで、位置取りがスムーズにとれ次への動作も素早く動けるようになります。

その3 重心はやや少し前へ

構える時、足をべったりとつけてしまうと力が一点に集中せず分散してしまうため、キーパーのあらゆる動作が遅れてしまいます。このようにならないために重心をややつま先よりにすることで素早く動けるのでオススメです。

その4 足を広げる広さは肩幅を目安に

足の幅が狭すぎたり、広げすぎたりしてしまうと、どうしても取れないコースが出てしまい弱点ができてしまいます。足を肩幅程度を目安に広げることで四隅やあらゆるコースにもセービングができることでしょう。
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスは、足を動かすことが重要です。バスケのディフェンスのコツは、ステイローで姿勢を低くして、ステップを使い分けることや、ディレクション及びハンドチェックを上手に行うなど5つあります。ディフェンスで意識することは、ボール保持者との距離やチームディフェンスの約束事です。
MARUO KAZUHIRO | 235 view
卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方は、打ちながら動く・パートナーにスペースを空ける・パートナーとの距離感などを意識して、次のプレーの準備と打球コースでポジションを変更することです。卓球ダブルスの動き方の基本、ダブルスの動き方を覚える練習方法について解説します。
KAERUNABE | 276 view
サッカーのシュートを徹底解析!種類や蹴り方のコツ・狙うところとは?

サッカーのシュートを徹底解析!種類や蹴り方のコツ・狙うところとは?

サッカーの得点を決めるシュートは種類、蹴り方によってミドルシュートやヘディングなど大きく6種類に分類できます。シュートを得点につなげるためには、確率が高いシュートを選択し、キーパーとの読み合いも大事になります。シュートに対する基本的な知識を持つことで、シュート決定力を高めることができます。
hoedama1 | 3,387 view
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
hoedama1 | 1,506 view
卓球レシーブの種類とコツとは?苦手な人にわかりやすく解説

卓球レシーブの種類とコツとは?苦手な人にわかりやすく解説

卓球のレシーブの種類は、ドライブ・ツッツキ・ストップ・フリック・流しレシーブ・チキータの、計6種類あります。卓球のレシーブのコツは、相手のサーブの回転や長短を瞬時に判断し、早い打球点でボールを捉えることです。また、レシーブを練習するときは、強化したいレシーブに合わせて練習相手にサーブを出してもらいましょう。
KAERUNABE | 258 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

aaakm aaakm
amazon