2018年9月10日 更新

サッカーのポジションの役割を初心者でもわかりやすく徹底解説!

サッカーのポジションについて、フォワード・ミッドフィルダー・ディフェンダーゴールキーパーはわかるけど、細かいポジションはわからないという初心者の方必見です!ここでは、サッカーのポジションの役割を初心者でもわかりやすく徹底解説します!

  
347 view お気に入り 0

サッカーのポジションにはどのようなものがあるのか?

y.m.KIM on Instagram: “もはやどこでボールを受けたらいいか分からない、と自信喪失中の長男坊に、作戦ボードならぬペーパーで解説。スペースの作り方、見つけ方、動くタイミングを細かく解説。昔取った篠塚…いや杵柄。もはや何書いたか分からない状態(笑笑 #作戦 #システム #作戦ボード #サッカー…” (55543)

サッカーにおけるポジションは大きく分けてFW、MF、DF、GKに分けられ、チーム戦術やフォーメーションによって各ポジションはさらに細かく分けられ、各ポジションに割り当てられる人数も変わってきます。
例えば、攻撃的な戦術を用いればDFの人数を減らし、FWやMFの人数を増やし、逆に守備的戦術を用いればFWやMFの人数を減らし、DEの人数を増やすことになり、役割もかわってきます。
以下ではそれぞれのポジションを紹介します。

徹底解説!サッカーのポジションの役割①FW編

サッカーのポジションの一つであるFWは、攻撃的ポジションで、その役割は得点をとることで人気のあるポジションです。泥臭くても得点するというねばり強い性格の選手が向いています。
FWはチームの戦術やフォーメーションによってさらにCF・ST・WGに分けられ、求められる動き方や役割などは、それぞれのポジションによって大きく違います。
以下では初心者にもわかりやすく、CF・ST・WGのそれぞれの役割や基本的な動き方、適正などを説明していきます。

センターフォワード(CF)

 (55514)

サッカーにおけるCFは主にFWの中でも中央に位置し、どのような戦術やフォーメーションでも基本的に1人必要とされるポジションです。
世界的に有名なCFの名前をあげるならば、スアレス、レバンドフスキ、ルカクの名前があがりますが、日本代表のCFといえばワールドカップロシア大会でも活躍した大迫勇也が有名です。
CFには基本的に得点に絡む動き方や、ポストプレーの技術が求められます。さらにオフサイドラインのかけ引きに長けたオフザボールの動きも非常に重要になってきます。
守備ではチーム戦術にもよりますが、ボールを奪われた際には高い位置からプレッシャーをかけて、相手選手のパスコースを限定させる動きが重要です。

セカンドトップ(ST)

 (55515)

サッカーにおいてSTとは別名、1.5列目と呼ばれるポジションで、初心者にはよくトップ下と混同されがちですが、全く別のポジションです。わかりやすく説明すると、STはあくまでもFWなので得点を求められ、トップ下はMFなので司令塔的な役割が求められます。
STの世界的に有名なサッカー選手の名前をあげるならば、ルーニー、グリーズマン、日本代表でいえば香川真司がロシアワールドカップで務めていますが、基本的にはゴールに絡む動き方を求められます。
CFにつくマークマンをひきつけるなどのオフザボールの動き方は非常に重要です。自らゴールを狙いながら、相手守備陣を翻弄させる、CFの影武者的な役割が求められます。

ウイング(WG)

 (55516)

サッカーにおいてWGとは3トップのフォーメーションを採用した場合に、並列に中央にCF、左右両サイドの位置のポジションをさします。世界的に有名なWGの選手の名前をあげるならば、メッシ、ネイマール、アザール、C・ロナウドです。
メッシ・ネイマール・アザール・ロナウドの共通点は素晴らしいドリブル技術と得点力を持っているという点です。つまりWGというポジションは、ドリブルと得点力という適正がカギを握るポジションといえます。
サイドを突破してセンタリング、中央へ切れ込んでシュートを狙うポジションです。

徹底解説!サッカーのポジションの役割②MF編

サッカーにおけるMFというポジションは、基本的には中央を占める位置のポジションで、別名、中盤と呼ばれます。攻撃や守備の双方に関わる重要な役割を担うポジションで、ゲームを支配するといっても過言ではないポジションです。
このMFはさらに各チームの基本戦術やフォーメーションによって役割が異なり、OMF、CMF、CH、SH、WBに分かれます。ここからは、初心者にもわかりやすいように、それぞれの有名サッカー選手を例にあげながら、その役割や適性、動き方などを説明していきます。

オフェンシブミッドフィルダー(OMF)

 (55517)

サッカーにおけるOMFは、MFの中でも一番攻撃的な役割を担うポジションで、FWに近いポジションに位置しています。世界的に有名なOMFの名前をあげるならばイスコ、アザール、コウチーニョです。
3人とも優れたドリブル技術と視野の広さ、そして強烈なミドルシュートを武器にした攻撃的な役割の選手たちです。OMFは基本的に中央の2列目付近に位置し、ボールを保持すればドリブル突破、FWへのパス、ミドルシュートとゲームメーカー的な適正能力が求められます。
まさに中盤を支配するといっても過言ではない役割のポジションといえます。

セントラルミッドフィルダー(CMF)

 (55518)

サッカーにおけるCMFとは、ピッチの中央に位置し、基本的にはチームで最もボールに触れる機会が多くなる役割のポジションとされています。世界的に有名なCMFの名前をあげるならば、モドリッチ、ポグバ、セスクです。
CMFはその攻撃と守備のバランスが重要で、リスクを背負っても攻撃に参加する時間帯などを的確に判断できる能力が求められます。ピッチ全体を見渡し、攻守にバランスよく参加し、全てのポジションのサポートに回れる献身的な動き方が求められるのです。
よって、CMFはチームのリズムに大きな影響を与える重要な役割のポジションです。

センターハーフ(CH)

 (55519)

センターハーフは、3-2-2-3の3列目の2人や、2-3-5の2列目の真ん中の位置にポジションをとり、DMFに近い役割を求められますが、DMFよりも攻撃的な役割を求められます。今最も有望なセンターハーフはアトレティコ・マドリードで活躍するニゲスです。
広い視野と状況判断能力が必要で、ボールを保持した際にはドリブルするのか、パスをするのか、どこから攻撃をしかけることが適切なのかを、瞬時に判断することが必要なポジションです。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9