2017年7月3日 更新

サッカーシュート徹底解析!種類や蹴り方のコツなど

サッカーのシュートとは得点するために行うプレーです。いくつも戦術が存在するサッカーですが、全てはこのゴールのために逆算して考えられており、シュートはそれを最後に完成させるための重要なピースとなります。サッカーのシュートについて一緒に考えていきましょう。

  
14,202 view お気に入り 0

サッカーのシュート:はじめに

.wikipedia (5088)

サッカーにおいて勝利するために得点しなければなりませんが、そのためにはシュートを打たなければ始まりません。攻撃の要となるFWの選手がやるものだと考えがちですが、シュートはピッチに立つ選手全てが意識しなければならないプレーです。

誰がいつどのような種類のシュートをするにしても、それがゴールに繋がれば1点なのは変わりません。特に初心者の方は、シュートが決定的なプレーであるだけに敬遠しがちであったり、逆に無闇やたらに打ってしまったりしてはいないでしょうか。

サッカーの勝負を分ける決定的なプレーであるからこそ、シュートに関する理解を深めておくことはサッカーを上達していく上で非常に重要になってきます。

サッカーのシュートのコツや種類、正しいフォームや行う上での考え方など、大切な要素を順を追ってご紹介していきますので、初心者の方はもちろん、すでに何年もプレーしてきた方も是非参考にして頂きたいと思います。

サッカーのシュート:目的はゴール、手段がシュート

theworldmagazine (5089)

サッカーのシュートを指導する方がよく言われる言葉で「ゴールが見えたら打て」というものがあります。

これはそれだけだと少々言葉足らずなので補足すると、サッカーでは「ゴールが見えるほどの位置ならば、プレーの選択肢の最優先はシュート」だということです。

ですので、シュートレンジに入ったからといって、必ずしもシュートしなくてはならないわけではないですし、また慌てて打つものでもありません。サッカーにおいてゴールという目的のための手段がシュートであって、シュートすることが目的にならないように注意しましょう。

サッカーのシュート:手段であるシュートについて熟知しておく

アグエロ:「バルサ戦に向けて準備はできている」  |  フットボールチャンネル | ワンランク上のサッカーサイト (5090)

ではサッカーにおいて、ゴールという目的を達成するために、シュートとはどのように行うべきなのでしょうか。やはり何種類ものシュートを使い分けられる方が、その瞬間に置かれた状況によって様々なアプローチを選択でき、より的確にゴールへのアプローチを行うことが出来るでしょう。

また、実際のサッカーの試合中に、ベストなポジションからベストなフォームでベストなタイミングのシュートを打てることはまずありません。サッカーのゴール前は一番失点する場所ですから、当然相手は必死に身体を寄せたりプレッシャーをかけたりしてきます。その中で思い通りのフォームを維持したままシュートを行うのは非常に困難です。

そのような状況で、相手の守備やブロックに応じてフォームを崩したり変化させながらシュートをするために、サッカーのシュートの基本的なフォームやコツをしっかり身に付けておかなければなりません。また、種類によるボールの速度や軌道の違い、クセや特徴を深く理解しておけば、咄嗟の判断でより最適なシュート方法を選択できるようになります。

サッカーのシュート:インステップキックによるシュート

それでは蹴り方で区分したサッカーのシュートをご紹介していきます。

まずはインステップキックによるサッカーのシュート4種類をそれぞれフォームやコツなどを交えて紹介します。

これらのシュートはインステップキックで行いますから、速度とシュート力に秀でており、ベストフォームで打つことができれば高い得点能力があると言えます。サッカーでは最もフィニッシュに用いられる蹴り方です。

1. ミドルシュート

【大砲のようなミドルシュート】 スティーブン・ジェラードの超絶ゴール集 海外サッカー

主にPA外の20m~30mほどの距離から打たれる種類のシュートをミドルシュートと呼びます。

サッカーの試合では、なかなかエリア内に侵入したりエリア内で受けることが難しいので、ほとんどのシュートがこのミドルレンジのシュートになります。

エリア外なのでマークを外しやすく、十分な時間を得られるため、しっかりとしたフォームから強力で高速度なシュートを打ちやすいでしょう。
反面、エリア内でのシュート以上にコントロールが難しくなりますが、そのためにシュート力を落とすと速度が遅くなりセーブされやすくなってしまいます。このため、サッカーにおいて最もプレイヤーのシュート技術が露呈しやすいシュートだと言えます。
初心者ですとなかなか狙ったコースに飛ばせないと思いますが、動画のようにまずは思いっきり振り抜いて距離感を掴むのがコツでしょう。ですが、あまり距離を意識しすぎて、速度を出そうとするとフォームが固くなりがちですから注意して行いましょう。

2. ロングシュート

【神業!豪快!】海外サッカー選手達のロングシュート特集!

ミドルレンジの更に外から打つ、長距離の種類のシュートがロングシュートです。サッカーのトップクラスの選手になると、40mを越えるようなロングシュートを決めたりします。

まず狙って決められるレベルまで技術を身につけるのが困難ですが、中盤の選手が強力なロングシュートを打てると、相手の守備に影響を与えることが出来ます。これは、自由に打たせることを相手のDFに危険と思わせることで、ゴール前を固める相手を引きずり出す効果としてサッカーでは有名で、決めることそのものより、このような心理的な目的で使用されることもあるシュートです。
この距離でゴールまでシュートを届かせるための速度や威力を出すためには相当な高い技術が求められ、加えて枠内に飛ばすためのコントロールも必要ですから、無駄のないシュートフォームやキック力を高める踏み込み、上半身の筋力、正確なインパクトが大切で、サッカーにおいて体格で劣る日本人にはなかなか難しいシュートだと言えます。

コツというコツはないですが、ミドルシュート同様思い切りが大事でしょう。相手に脅威を与えるほどの速度とシュート力を引き出すためには、あまり細かいところに気を配るよりは、気持ちよく伸び伸びとしたフォームで打つ方が結果的にいいシュートになりやすいと思います。

サッカーでは攻撃を完結するためにシュートで終わるのをよしとしますので、初心者の方も思い切り打っていきましょう。
サッカーでは攻撃を完結するためにシュートで終わるのをよしとしますので、初心者の方も思い切り打っていきましょう。

3. グラウンダーシュート

サッカーでは主に地面スレスレやゴロによる種類のシュートをグラウンダーシュートと呼びます。

キーパーの脇下や股下を狙うときによく使用されますが、バウンドを上手くコントロールするとそのほかのコースであっても決めやすくなります。

バウンドのコントロールとは、わざとキーパーの手前当たりでボールがバウンドするように狙うとことで、グラウンダーシュートのコツとも言えるテクニックです。芝のピッチではワンバウンド目にボールが滑るので、キーパーからするとバウンド時に速度が増しているように見えてセーブしにくいものになります。雨の日であれば効果は抜群です。

このようなコントロールをするためには弾道を低くして高速度のボールを蹴らなくてはなりませんが、コツとしては軸足を深く踏み込み、上体を被せるようなフォームが大切です。初心者の方は踏み込みが浅く、若干後傾気味のフォームになりやすく、速度とともの威力も上に逃げてしまいがちなので注意しましょう。

4. 無回転シュート

ブレ球無回転シュートをストライカーDXで解説します!

昨今のサッカーの試合では色々な場面で活用されるようになった種類のシュートですが、最も効果を発揮するのはロングレンジで打つ場合だと言えます。

詳しい蹴り方やコツ、フォームなどは動画を参考にして下さい。動画を見ていただくとわかりますが、非常に技術がいるため、初心者の方にはおすすめしにくいシュートです。

しかし、狙って打てるようになるとロングシュートの脅威が格段に上がりますから、相当な練習量に見合うだけの価値があるシュートです。
動画ではインステップによる無回転シュートですが、インサイド気味の蹴り方による無回転シュートの種類もあり、そちらは若干難易度が低いので、初心者の方はそちらから練習する手もあります。

サッカーのシュート:インサイドおよびインフロントによるシュート

88 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカー蹴り方特集!キックの種類や蹴り方のコツのポイント解説

サッカー蹴り方特集!キックの種類や蹴り方のコツのポイント解説

サッカーのキックにはどのような種類があるのかご存知ですか?インサイドキックやインステップキック、インフロントキックなど、蹴り方でボールの飛び方は大きく変わります。ここでは初心者でもわかるように、サッカーで使うキックの種類と蹴り方のコツを解説します。
YouSay2000 | 36,754 view
バドミントン打ち方11選!種類や打ち方のコツ【初心者上達ガイド】

バドミントン打ち方11選!種類や打ち方のコツ【初心者上達ガイド】

バドミントンは緩急をつけたシャトルの打ち方と読みあいが醍醐味のスポーツです。今回はバドミントン初心者向けの打ち方の名前・わかりやすい動画などそしてどういう時に各打ち方のショットを打つべきかの基本的なアドバイスを網羅します。
yuki | 150,656 view
フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
camarade20042000 | 10,078 view
卓球の下回転サーブの打ち方とは?徹底特集【初心者ガイド】

卓球の下回転サーブの打ち方とは?徹底特集【初心者ガイド】

卓球の下回転サーブは、卓球での回転系のサーブの中で最も基本的なサーブです。回転系のサーブを習得したいと思う卓球初心者の人も基本なので、まずは下回転サーブの習得を目指しましょう。卓球の基本的なサーブだからと言って、簡単にマスターできるわけではありません。基本だからと手を抜かずに、しっかりと練習していきましょう。
MOSK | 9,478 view
バドミントンサーブの打ち方!ロングサーブとショートサーブのコツ

バドミントンサーブの打ち方!ロングサーブとショートサーブのコツ

バドミントンのサーブには、ロングサーブとショートサーブという種類があります。それぞれをしっかりと打つことができればバドミントンの試合での大きな武器となります。バドミントンでのロングサーブとショートサーブの打ち方を覚えて、バドミントンのサーブの技術を上げていきましょう。
MOSK | 9,541 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS