2019年6月30日 更新

淀川ゴルフクラブを徹底紹介!ショートコースや1人で回ることも可能?

大阪府大阪市にある河川敷ショートコース、淀川ゴルフクラブをご紹介します。1人でも気軽にラウンドでき、服装も自由な淀川ゴルフクラブは1949年の創立以来、多くのゴルファーから愛され続けています。この記事では、そんな淀川ゴルフクラブの魅力に迫ります。

  
198 view お気に入り 0

淀川ゴルフクラブの基本情報

住所・アクセス

淀川ゴルフクラブは大阪市の淀川に広がる河川敷コースです。梅田、新大阪からは車で約10分の距離にあり、150台を収容する駐車場も完備されています。アクセスは以下の地図をご参照ください。
住所 大阪府大阪市東淀川区柴島2−6−9
淀川ゴルフクラブ公式HP (80060)

また、クラブハウス周辺は道路の造りが少々入り組んでいます。以下の地図のとおりにお進みください。
淀川ゴルフクラブ公式HP (80062)

電車でお越しの方は阪急柴島駅から徒歩5分、バスでお越しの方は市バス長柄橋北詰バス停を降りてすぐのところにクラブハウスがあります。公共交通機関をご利用の方も快適にアクセスできます。

最寄りの阪急柴島駅からの経路は以下の地図の通りです。
淀川ゴルフクラブ公式HP (80065)

創立70年の歴史

淀川ゴルフクラブは1949年2月24日に大阪市に開場しており、70年以上もの歴史を誇るパブリックショートコースとなっています。大阪府のゴルフ場の中でも3番目に古い歴史を持つコースであり、長きに渡り気軽にプレーできる河川敷コースとして親しまれ続けています。

開場の1949年は太平洋戦争の終戦から4年後。大阪のゴルフの歴史は淀川河川敷を中心に発展したとも言われており、大阪のゴルフ史においても重要な意味を持ちます。

誰でも気軽に利用できるパブリックコース

淀川ゴルフクラブは年中無休で利用でき、お盆も正月も営業しています。普段忙しくてなかなかラウンドできないゴルフ愛好家にとって心強いコースです。

淀川ゴルフクラブは1人でも気軽にラウンドでき、服装の制限も特に設けられていません。日本のゴルフ場は(名門は特に)ドレスコードが厳しく、服装に関して不自由に感じているゴルファーも多いです。そういった意味でも街の近くにあり、服装が自由な河川敷ショートコースは貴重な存在といえます。

淀川ゴルフクラブのコースの特徴

淀川ゴルフクラブ公式HP (80066)

全12ホールの2グリーン制

淀川ゴルフクラブは、大阪市に流れる淀川の河川敷にのびのびと広がっています。全12ホールPAR35、コース全長は1,366ヤードのショートコースとなっています。

ホール数が少ないので、時間がないときでもササッとラウンドを楽しむことができます。前グリーン・奥グリーンの2グリーン制が採用されているため芝が傷みにくく、コースコンディションの維持に役立っています。

パー3中心のショートコース

淀川ゴルフクラブ公式HP (80067)

淀川ゴルフクラブは、PAR2の7番・9番ホール、PAR4の11番ホール以外はすべてPAR3のショートコースとなっています。アイアンやアプローチといった短いショットの精度を高める練習に最適です。ティーグラウンドはレギュラーティー、バックティーの2種類が用意されていますが、バックティーの使用は基本的にクラブコンペ限定となっています。通常のラウンドはレギュラーティーからとなります。

季節によって変わる2種のグリーン

淀川ゴルフクラブのグリーンではペレニアルライグラス、ティフトンという2種類芝が使い分けられています。

ペレニアルライグラスは洋芝の一種となっており、11月〜5月に使用されています。ベント芝と似た繊細なタッチを楽しむことができます。

6月〜10月はティフトン芝が使われています。暑さが厳しい真夏でも青々としており、快適にパッティングを楽しむことができます。

一部のクラブは使用不可なので要注意

淀川ゴルフクラブは距離の短いホールが多いショートコースとなっていますので、一部のクラブの使用が禁止されています。ラウンドを検討されている方は、予めご了承ください。

男性ゴルファーは4番ウッド以上の使用が禁止されています。女性はドライバーのみ使用禁止となっており、それ以外のクラブは使うことができます。

淀川ゴルフクラブの設備・コースメンテナンス

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nagg nagg
【RIZAP KIDS】 })();